大前研一が豪州BOND大学から名誉博士号を授与されました

2019年2月21日 

大前研一が豪州BOND大学から名誉博士号を授与されました

 
 あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(東京都千代田区、代表取締役:柴田巌、以下BBT)が運営するビジネス・ブレークスルー大学(学長:大前研一、以下BBT大学)の大前研一学長が、オーストラリアのBOND大学から名誉博士号(Honorary Doctorate)を授与されました。

 大前学長の長年にわたるBBTとBond大学とのパートナーシップに対する貢献や、BBT大学での教育活動に加え、東日本大震災後の東京電力原子力改革監視委員会委員を務めるなど社会への貢献、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーを務めるなどの国際的な活躍、世界各地で発刊された経営や経済に関する400冊以上の著書を持つなどの優れた功績が称えられ、この度名誉博士号を授与されるに至りました。
  

記念写真&記念スピーチ.jpg
 大前学長とBOND大学Tim Brailsford学長と大前学長       名誉博士号授与式で記念スピーチをする大前学長


 かつてスタンフォード大学のMBAプログラムで教鞭をとっていた大前学長は、世界一流のリーダーが受けている世界標準の教育を日本のビジネスパーソンにも届けたいという想いを強く抱き、海外大学とのオンラインMBAプログラムを構想しました。2001年に、オーストラリア初の私立大学としてトップレベルの教育を提供するBOND大学と遠隔型マネジメント教育事業BBTの提携が実現し、「Bond-BBTグローバルリーダーシップ MBA プログラム(以下Bond-BBT MBA)」が誕生しました。Bond-BBT MBAは、イノベーション、アントレプレナーシップ、リーダーシップを育成するトレーニングの場として、1,100名以上の修了生を輩出し、在学生を含む1,300名を超えるネットワークは世界30カ国以上に広がっています。なお、大前学長は2012年よりBond大学の名誉客員教授も務めています。
 
 この度、2019年2月16日に開催されたオーストラリアのゴールドコーストにあるBond大学の卒業式において、大学の卒業生やその家族、ゴールドコースト市長で実業家のトーマス・リチャード・タテ氏などの来賓者を合わせて約1,000名が参列するなか、大前学長への名誉博士号の授与式も行われました。
 
 名誉博士号を授与されたことに対し大前学長は、「BOND大学から名誉博士号を授けられたことは、私にとって嬉しい驚きとなりました。Bond大学の皆様にはBond BBT-MBAプログラムの開講と発展に際して大変な恩を感じています。今後も未来のグローバルリーダーを一人でも多く輩出するために、Bond大学とBBTとの間の強固な結びつきが末永く続くことを願っています。」とコメントしています。
大前学長は、授与式の当日に地元のABCゴールドコーストラジオのインタビューにも答え、また日刊新聞であるオーストラリアン紙にも大前学長に関する記事が掲載されました。

 
【Bond-BBTグローバルリーダーシップ MBA プログラム(BOND-BBT MBA)について】
オーストラリアの名門ボンド大学ビジネススクールと、幅広いマネジメント教育事業を展開するBBTが提携する事で実現した海外正式MBAプログラムとして、2001年に開講。国際認証AACSBとEQUISを取得。「世界で活躍できるビジネスリーダーの育成」を掲げ、総計1,100名超の修了生を輩出。アカデミア中心のBOND大学講師陣と実務家揃いのBBT講師陣の両者から学ぶことで、理論と実践がブリッジされ実務で使えるマネジメントスキルを身に着けることができる。受講スタイルはオンラインとリアル(スタディツアー)を組み合わせることで効果的な学びを実現。リアル(スタディツアー)では、現地オーストラリアの学生と共に英語環境の中で実践的なディスカッションに取り組むことでビジネス英語力に加え、思考と議論の瞬発力を強化する。https://www.bbt757.com/bond/

 
【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作など様々な顔を持つ。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。http://www.bbt757.com/
 
本文PDF 大前研一が豪州BOND大学から名誉博士号を授与されました.pdf

Bond大学のニュースリリースはこちら(English)

取材のお申し込み

BBTのすべての部署および、子会社のアオバジャパン・インターナショナルスクールへのご取材は、広報担当がご案内いたします。
取材を希望される方は、以下のお問い合せフォームよりご連絡ください。

パンフレットはこちら


大前研一ニュースの視点

答えのない現代社会。今、ビジネスパーソンに求められているのは『問題解決力』だ!
このメルマガ「大前研一《ニュースの視点》」は、日本国内のみならず世界の動きを理解する上で、ポイントとなる最新ニュースや注目企業の動向・施策を、大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジンです。

あなたは何点?診断テスト

MBA診断
驚嘆!今の「ビジネス能力」と「志向特性」をあぶりだす!? 未来には何が待ち受けているか
MBAマッチング診断
あなたの目指すMBA学習とBBT 大学院の相性をチェック! 5分でわかるマッチング診断
実践ビジネス英語検定
所要時間5分!すぐにあなたのビジネス英語力がわかる!あなたに足りないスキルはこれだ
資産形成スキル診断
あなたの資産形成スキルは何点?5分間の診断で結果がわかる!あなただけの診断結果
ビジネス脳力診断テスト
あなたのビジネス”脳力”をランキングで丸裸に!! 大前研一ニュースの視点監修

BBT・メルマガランキング

1
大前研一 ニュースの視点
2
MBAホルダーの視点
3
グローバルリーダーへの道
4
株式・資産形成実践講座メールマガジン
5
グローバルマネー・
ジャーナル
6
ビジネス書では学べない
「大前研一メソッド」
7
ビジネスでバリバリ突っ走り
たい人のBBT大学メルマガ
8
MBAがよくわかる!
無料メールセミナー
9
大前研一通信
マンスリーレポート
10
BBT757ch
『ビジネスの視点』
11
英会話学習を妥協したくないビジネスパーソン必読のビジネス英会話”新常識”メルマガ
12
大前研一が送る、限定3日間のメールセミナー