close

THE BOND-BBT
DIFFERENCE

働きながら学ぶ人に最適な、パーソナライズできるMBA

働きながら学ぶ人に最適な、パーソナライズできるMBA

BOND-BBT MBAは、働きながら学ぶ人、それぞれにとって、最も学習効果が高まるようにカリキュラム・受講方法・受講ペースを柔軟にパーソナライズできるプログラムです。いま仕事に必要な1科目からオンラインで始めることができ、次に興味がある分野から1科目というように、自分のニーズとペースで学びの幅を広げ、MBAへと積み上げていくことが可能です。また、テーマによってはスタディツアーのリアルな体験を選ぶこともできます。時間や場所にとらわれないオンラインとリアルを融合した学び方は、現在とこれからの多様な働き方に通じるスタイルであり、生き方の選択肢と可能性を広げます。

日本語と英語、右脳と左脳を駆使する総合力

日本語と英語、右脳と左脳を駆使する総合力


ビジネスをする人にとって必要なのは、英語「を」学ぶことではなく、英語「で」必要な知識とスキルを学び、使えるようになること。本プログラムは、そのニーズにもマッチしています。財務、会計、交渉術など国際ビジネスのセオリーについては英語で学び、組織、戦略とイノベーションなどローカルな文脈や価値観が重要な領域は日本語で深く学びます。また、情報処理的な左脳と創造的な右脳のどちらも駆使し、ビジネスを構想する総合力を身につけることを重視しています。

国際認証をダブル取得しているクオリティ

国際認証をダブル取得しているクオリティ

BOND-BBT MBAは、米国のビジネススクール国際認証機関AACSBによる認証と、欧州のマネジメント教育品質評価機関よりEQUIS認証を取得しています。ダブル取得しているのは、世界に約13,000あるビジネス教育プログラムのうちの1%。グローバルに通用するクオリティの証です。

1000人以上の“BONDIES”ネットワーク

1000人以上の“BONDIES”ネットワーク

創設以来、1000人以上の修了生を送り出しているBOND-BBT MBA。ともに学んだ仲間を“BONDIES”と呼び、つながりを大切にし続ける学風があります。同期生、先輩、後輩のネットワークやコミュニティは修了後も続きます。そのつながりは世界30カ国以上に及びます。世界各地に多様なバックグラウンドを持つ仲間ができることは、人生のとても大きな財産です。

オーストラリアと日本、両サイドからサポート

オーストラリアと日本、両サイドからサポート

BOND大学には学習アドバイザーが常駐しており、在学中はいつでも相談することが可能です。テキストのリーディングやレポートの書き方等についてアドバイスを得ながら、英語でのインプット・アウトプットのスキルを磨いていきます。また多くの学生や修了生が「安心だった」と語るのが、東京事務局によるサポート体制です。出願手続きから事務局がサポートしますのでご安心ください。

全ての科目を英語で学ぶことも可能

全ての科目を英語で学ぶことも可能

BOND-BBT MBAは、2018年1月から、すべての科目を英語で学ぶことができる英語カリキュラム「English Pathway」を拡充。グローバルステージで目指すキャリアの方向性やニーズに応じて、「Japanese Pathway(日本語と英語のハイブリッド)」または「English Pathway(100%英語)」のどちらかを選んで学ぶことができます。

BOND大学への編入制度もあります

1000人以上のBONDIESネットワーク

BOND-BBT MBAのオンライン学習(1年)と、オーストラリアBOND大学の現地キャンパスへの留学(8ヶ月)を組み合わせた独自の編入制度もあります。現地のMBAプログラムでは、ビッグデータ、デジタルビジネスやヘルスケア等の専門コースで学ぶことや、MBAに加え、ファイナンス、会計、プロジェクトマネジメントの修士号を同時に取得すること(ダブルディグリー)も可能です。さらに、多民族・多文化国家のオーストラリアで生活し、そこで出会うさまざまな人たちとの交流は、今後のキャリアや人生を考える上で大きな刺激になるでしょう。

お金を無駄にしない学費支払い制度

お金を無駄にしない学費支払い制度

入学検定料、入学金は一切いただきません。入学時以降、1科目ごとに分割払いが可能です。分割払いはローンではなく、BOND大学の学費支払い制度ですので、利息が発生することもありません。万が一、退学や履修キャンセルをする場合、未消化分の費用は返金されます。学費は円建てなので、為替の影響もありません。

INFO

願書受付

BOND-BBT MBA54期生 願書受付
(2019年1月14日開講)

  • 願書受付開始

    10月1日(月)

  • 一次締切

    11月26日(月)

  • 二次締切

    12月17日(月)

  • 三次締切

    2019年 1月7日(月)