人材育成担当者向け 開催終了

【9/24(木)オンライン開催】 ~オンラインで実施する~ 管理職になる前に身に着けておきたいフォロワーシップの重要性

経営層から新人まで企業における人材育成の現場を知り尽くしたBBTのマネジャー陣による「人事向けオンラインセミナー」です。これまで数多くの顧客へのコンサルティングからそれぞれの企業に合った研修を提案してきた経験を元に「現場の目線」で実践的な情報を提供いたします。

 

 

 新型コロナウイルス感染対策でテレワークが進む中、企業はいかに一人当たり生産性を高めコロナ危機を乗り越えていくのかが喫緊の課題です。

特にテレワークで生産性を高めるには、 きめ細やかなコミュニケーションや社員一人一人が業務を遂行するセルフマネジメントなど一段高いスキルが求められる一方、 指示待ちに陥る・質問しないなど主体的に仕事に取り組めない社員の問題が露呈しています。

また、感染対策をきっかけに、テレワークを通常とする働き方も検討されており、 企業で不足する「リーダー」を新しい環境でいかに育成するかも、重要な課題として認識されつつあります。

本セミナーでは、企業の「リーダー不足」や「指示待ち人材」の問題点の本質を捉えその解決法について探ります。 さらに明日から職場で実践できるチェックポイントやアクションについてもお伝えいたします。

開催概要

開催日時 2020年9⽉24⽇(木) 11:00~12:00 (開場10:45)
会場

本セミナーはZOOMで開催いたします

受講料 無料
申込み期限 2020年9⽉24⽇(木) 08:00まで
主催

株式会社ビジネス・ブレークスルー

お問い合わせ 営業企画部 solution@bbt757.com
備考

・定員50名様/少人数による開催を予定しています。

 定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます

・人事部の方、研修企画をご担当されている方が対象です。同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております
・ネットワーク環境によるアクセスの不具合についてのご質問には、お答えいたしかねます
・映像録画および録音行為は固くお断りしています

登壇者紹介

  • 乾 祐哉
    株式会社ビジネス・ブレークスルー社会人研修事業本部長
    乾 祐哉
    京都大学農学部卒業。
    アサヒビール株式会社にて”Super Dry”発売翌年にビール醸造技術者としてキャリアをスタートする。ビール工場の生産現場で、品質管理、安全管理、労務管理を学び、組織マネジメントを実践。28歳でドイツミュンヘン工科大学に1年間短期留学、ビール技術を本場で学ぶ。帰国後、技術開発、商品開発職に従事。30歳で管理職となり、部門ミッションの設計、商品開発戦略構築を実践。33歳で社内選抜育成プログラムを経て、技術職から事業開発・経営管理職に移り、40歳(当時最年少)でグループ会社社長就任。
    資本金15億円をもとに中国山東省で新規事業会社を設立、農業事業を開始。市販品の3倍の価格の高級牛乳市場を開拓し6年で農業、乳業事業を軌道に乗せる。
     48歳で外食事業会社の経営企画部長を経て、グループ会社のスーパーマーケット事業の社長就任。1社目は、毎月赤字2億円の事業を1年で立て直すも、2社目では立て直しを失敗し、人材育成の重要性を強く意識する。 2016年より株式会社ビジネス・ブレークスルーにて人材育成事業に参画。現在は、人材育成を天職と考え、日夜、人材育成プログラムの企画立案・遂行に励んでいる。

    主な経歴
    山東朝日緑源農業高新技術有限公司 総経理(社長)
    山東朝日緑源乳業有限公司 総経理(社長)
    株式会社マルヤ代表取締役社長
    株式会社マルエイ常務取締役
    株式会社ビジネス・ブレークスルー社会人研修事業本部長(現任)
一覧へ戻る
bullet_right icon_tel icon_tel