顧客をつかむ物流DX

視聴:0分0秒 / トータル:3時間10分34秒 「2024年問題」で注目をあつめる物流業界。本講座では、物流業界における現状の課題や今後の展望を解説するとともに、先進的なDX事例を通じて、今後の物流業界を考察します。
2024年問題とは、ドライバーの時間外労働時間が年間960時間に制限されることで、一人当たりの走行距離が短くなり、長距離でモノが運べなくなる、物流・運送業界の売上減少、トラックドライバーの収入の減少などがあげられます。ただ、このような限られた時間の中でも業務効率を高めるとともに、業務構造全体を見直し、運送のみならず、倉庫内でも、DXを進めていことが、物流業界において今後さらに求められています。
本講座は、流通・小売・卸業界にいらっしゃる方向けに、物流業界における現状の課題や今後の展望について解説するとともに、先進的なDX事例についても多彩なゲストをお迎えしながら解説します。
Product
68:24

物流DX概論

<この講義に資料はございません>

Product
63:45

<この講義に資料はございません>

社会課題解決型ラストワンマイル

ゲスト:河合 秀治氏(セイノーホールディングス株式会社 執行役員 ラストワンマイル推進チーム担当 オープンイノベーション推進室室長)

Product
58:25

物流DXの進め方

小さな一歩から始めよう

ゲスト:北山 剛氏(合同会社Best of Zoo 代表社員)

Top