ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1068

< 政 治 > 日本維新の会 「ベーシックインカム」導入を重点政策の1つに
<国際情勢>米、ユニクロ衣料輸入停止 税関当局、ウイグル問題巡り
<ビジネス>米AT&Tとディスカバリー メディア統合計画


概要:
*香港情勢/改正入境条例など登記情報の開示範囲を見直し。中国がウェルス・マネジメント・コネクトを年内にも解禁
*世界企業/「アップル」の時価総額が1年間で約121兆円増加。半導体、EV、コロナ後がキーワードで進む寡占、技術革新に影
*セブン&アイHD/米コンビニ大手「スピードウェイ」買収を完了。買収額は約2兆3000億円
*水ビジネス大手/仏「ヴェオリア」が仏「スエズ」買収で最終合意。買収額は約3兆4000億円
*ブルームエナジー/NY州など電気料金が高い地域で大企業が導入。燃料電池が電力安定の要
*温暖化対策/脱炭素で「JMC」がEVモーター部品の試作。「エンバイオ」がニワトリのフンで発電
*ミリタリー・バランス/軍事の重心がヨーロッパからアジアへシフト。中国が安全保障上の脅威に
*防衛費/岸防衛相がGDP比1%枠にこだわらず。尖閣諸島周辺、宇宙、サイバー攻撃などで防衛力を拡充
*ウイグル問題/米国税関・国境取締局が「ユニクロ」シャツ輸入を差し止め。FRは強制労働ない綿使用を主張
*アップル/中国政府系企業とデータ共有。暗号化技術、デジタルキーを中国政府に明け渡し
*台湾情勢/香港政府が台湾にある窓口機関業務を一時停止。一方的な決定は遺憾
*米韓関係/バイデン大統領が韓国・文在寅大統領と会談。北朝鮮の非核化めざす方針で一致
*米韓経済/韓国・文大統領がアメリカで計約4兆円投資へ。「サムスン電子」が半導体の新工場建設、「SK」「LG」が車載電池工場建設
*韓国・現代自動車/燃料電池システムを発電、産業機械向けに外販。水素市場で開発、生産コスト低減へ
*コロニアル・パイプライン/ハッカー側に約4億8000万円支払い。ブラントCEOは”この国のため、支払いは正しいことだった”
*中国原子力政策/中国がロシア製原発を増設。江蘇、遼寧省に計4基、米仏からロシア製に切り替え
*パレスチナ情勢/イスラエルとハマスがエジプト仲介の停戦を受け入れ。停戦順守へエジプトが代表団を派遣
*スコットランド情勢/スコットランド議会がSNP・スタージョン党首を行政府首相に再任。英ジョンソン首相は承認拒否
*ミャンマー情勢/茂木外相が”ODA全面停止も選択肢”。テイン・ソー選挙管理委員長がNLD解党の可能性を示唆
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「DIC株式会社の経営者」だったら、どうするか?
*法人税率/米国財務省が最低税率は下限15%で提案。これまでのOECD議論はアイルランドの12.5%が目安
*世界経済/K字経済で富が所得上位に集中、雇用回復も正規・非正規で差。リスキリング(学び直し)が鍵
*米国救済計画/毎月定額の子ども手当で税額控除活用し7月から1人最大300ドル給付。共和党は批判
*日本維新の会/次期衆院選公約の柱・日本大改革プランを発表。ベーシックインカム導入、減税による需要喚起策など明記
*米国投資ファンド/「ソロス・ファンド・マネジメント」がアルケゴス問題後に急落の米メディア株を購入
*米国メディア大手/「AT&T」と「ディスカバリー」がメディア事業を統合へ。CNN、HBO、旅番組など新会社の企業価値は約16兆円
*アマゾン・ドット・コム/米「MGM」買収へ交渉。買収額は約9800億円、007やロッキーなどのヒット作
*タイCPフーズ/植物由来の代替肉「ミート・ゼロ」を発売。2022年にアジア首位ブランド目指す
*東南アジアIT大手/「ゴジェック」と「トコペディア」が経営統合。新会社は「GoToグループ」で企業評価額が180億ドル見通し
*車載システム/「ステランティス」と「鴻海精密工業」が車載情報システム開発する合弁会社を設立へ
*米国企業ランキング/大企業の評判をランキング。最高の1位は「パタゴニア」。最悪の100位は「トランプ・オーガニゼーション」
*国内経済/2021年1-3月期はGDP年率換算5.1%減少。マイナス成長は3四半期ぶり、減少幅も戦後最大
*世界新型コロナ感染/世界の死者数が1000万人超に。公式統計では約340万人も多くの把握漏れの可能性
*国内ワクチン接種/東京と大阪で大規模接種の予約開始。架空番号でも予約可能などトラブル多発
*東証/取引時間の延長を検討。現物株取引の夕方、夜間など軸に証券会社と調整
*東京五輪・パラリンピック/IOC・コーツ副会長が緊急事態宣言下でも開催へ
*愛知県/愛知県警が田中容疑者ら4人を逮捕。大村知事のリコール運動で署名偽造の疑いが強まる
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1068
00: 15: 53 香港情勢
00: 17: 23 世界企業
00: 17: 49 時価総額逆転事例:インテルとエヌビディア
00: 20: 12 セブン&アイHD
00: 21: 04 米国におけるコンビニの店舗数
00: 22: 35 セブン&アイHDの主なセグメント別業績
00: 23: 51 水ビジネス大手
00: 25: 16 ヴェオリアとスエズのセグメント別売上高
00: 25: 52 米ブルームエナジー
00: 29: 06 温暖化対策
00: 29: 55 脱炭素にかかわる主な新興企業
00: 30: 28 ミリタリー・バランス
00: 31: 56 国別の駐留米軍兵士の数
00: 32: 53 防衛費
00: 33: 10 参考:後の安全保障政策にも影響を及ぼす三木武夫政権の取り決め
00: 33: 24 日米中の防衛費の推移
00: 34: 02 防衛関係費の推移
00: 34: 17 防衛関係費のうち歳出化経費の主な内訳
00: 38: 11 新疆ウイグル問題
00: 40: 07 中国政府によるウイグル人への人権侵害の事例
00: 40: 28 参考:SDGs(持続可能な開発目標)
00: 40: 40 ファーストリテイリングのセグメント別業績
00: 40: 55 ユニクロの国別海外店舗数
00: 42: 31 米アップル
00: 45: 21 台湾情勢
00: 49: 00 米韓関係
00: 52: 27 米韓経済
00: 53: 25 韓国・現代自動車
00: 54: 19 米コロニアル・パイプライン
00: 54: 51 インフラに対するサイバー攻撃の事例
00: 55: 07 ランサムウェアによる攻撃事例
00: 56: 58 中国原子力政策
00: 58: 19 各国の建設中・計画中の原発基数
00: 59: 11 国別の新規に営業運転を開始した原子炉数
01: 02: 27 パレスチナ情勢
01: 02: 50 パレスチナ自治区周辺図
01: 06: 19 スコットランド情勢
01: 10: 33 ミャンマー情勢
01: 11: 18 主な国別のミャンマーへのODA金額
01: 12: 15 RTOCS
01: 12: 43 会社概要
01: 13: 01 DIC112年のあゆみ
01: 14: 52 DICの主なM&A
01: 15: 07 DICの海外展開状況
01: 15: 36 DICの事業別売上構成比
01: 15: 56 【参考】インキ・包装材関連製品
01: 16: 33 【参考】顔料・液晶部材関連製品
01: 17: 26 【参考】合成樹脂関連製品
01: 17: 41 DICの世界トップシェア製品
01: 18: 07 DICの事業別売上高推移
01: 18: 21 DICの事業別営業利益推移
01: 18: 39 世界インキメーカーTOP15
01: 19: 09 国内主要インキメーカー業界マップ
01: 19: 54 世界大手顔料メーカーの製品ポートフォリオ
01: 20: 17 【参考】BASF Colors & Effects事業買収における用途別補完性
01: 20: 42 PPSコンパウンド
01: 21: 05 国内インキ出荷額推移
01: 21: 12 用途別国内インキ出荷額
01: 21: 46 世界インキ市場のトレンド
01: 21: 55 DIC各事業の現状の取り組み
01: 22: 30 DICの現状と問題点
01: 23: 10 DICの事業別売上高推移
01: 23: 23 DICの課題
01: 24: 12 方向性1:ビジネスプロセスの改善(案)
01: 24: 25 方向性2:アカウントマネジメント導入・強化(案)
01: 28: 49 アミメニシキヘビ
01: 36: 23 法人税率
01: 36: 50 主要国の法人税率
01: 38: 30 世界経済
01: 39: 01 米国の階層別の純資産保有額
01: 39: 14 日本の雇用形態別就業者の対前年同月増減数
01: 44: 16 米国救済計画
01: 44: 52 日本維新の会
01: 47: 47 米投資ファンド
01: 48: 18 米メディア大手
01: 49: 02 米国の主な動画配信サービス
01: 49: 56 米アマゾン・ドット・コム
01: 50: 16 タイCPフーズ
01: 51: 00 東南アジアIT大手
01: 51: 28 ゴジェックとトコペディアと主な競合
01: 52: 26 車載システム
01: 54: 06 米企業ランキング
01: 54: 37 国内経済
01: 54: 50 実質GDP成長率の推移
01: 54: 57 実質GDPの主な内訳別の増減率
01: 55: 14 世界新型コロナ感染
01: 56: 24 国内ワクチン接種
01: 56: 53 東証
01: 57: 55 東京五輪・パラリンピック
01: 58: 54 愛知県
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)