ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】ITライブ > ITライブ 271

ソフトウェア・ファースト
~あらゆるビジネスを一変させる最強戦略~
ゲスト:及川卓也氏(Tably株式会社 代表取締役)


概要:
インターネットがあらゆるビジネスの基盤となった現在、欧米ではソフトウェアがビジネスの中心となりつつある。それにつれて企業のガバナンスや組織の在り方も変化している。IT業界で30年以上のキャリアを持ち、マイクロソフトやグーグルなど米国の最先端企業でプロダクトマネージャーなどを経験した及川卓也氏をゲストに招き、ソフトウェア・ファーストの時代に、日本企業が生き残るために、どのように変わっていくべきかを聞く。
参考図書:「ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略」(日経BP) 及川卓也著
ソフトウェア・ファーストとは、ソフトウェアを武器とするビジネスの戦略である。進化著しいソフトウェアの力を活用する上でも、はじめからソフトウェアありきでビジネスを設計することである。 いまやプロダクトとその他の施策に境目がない。営業、マーケティング、運用保守、顧客サポート等は、プロダクトに付随するものではなく、全体が一体である。事業全体を融合させるのがソフトウェアである。

日本のGDPは30年間横ばいを続け、まさに失われた30年という状況である。ただし1980年代まではコンピューター関連産業は勢いがあった。かつての日本企業はいまの欧米先端企業に負けないほどイノベーティブであった。IT力の低下と国力の低下は相関関係がある。

日本が得意とする製造業は、設計から開発、製造、販売までが不可逆的である。これに対してソフトウェア開発は、設計と開発、運用が一体である。その柔軟性は、製造業もとりいれるべきである。その際、ITを「手の内化」することが重要である。

いまの日本企業に足りないのは、プロダクトマネージャーの存在である。企画、開発、運用を統合し、ユーザー価値を最大化することに努め、プロダクトの成功に責任を持つ役割である。とはいえ、分業制を進めるのではなく、全員がプロダクト志向を高めなければならない。

これからはキャリア形成においても、多様化が求められる。専門という軸を持つことは必要だが、それだけではなく、異なる領域に専門を増やすことで、自分をレアカード化することができる。 ソフトウェアが進化しているのは、ユーザーの求めるものが進化しているからである。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ソフトウェア・ファースト~あらゆるビジネスを一変させる最強戦略~
00: 03: 32 自己紹介
00: 07: 10 「卓」が物を引き上げるように。
00: 08: 26 資料(1)
00: 09: 09 資料(2)
00: 09: 14 目次
00: 09: 31 突然ですが、クイズです
00: 13: 15 1章 ソフトウェア・ファースト
00: 13: 20 資料(3)
00: 14: 04 資料(4)
00: 15: 06 資料(5)
00: 16: 33 Why Software Is Eating the World
00: 18: 00 CPS = Cyber Physical System
00: 19: 36 すべての産業はサービス産業へと
00: 20: 22 資料(6)
00: 22: 16 ソフトウェア・ファーストとは
00: 26: 32 2章 ネット化の“20年戦争”に負けた日本企業の課題と光明
00: 26: 37 日本の現状
00: 26: 42 資料(7)
00: 26: 53 資料(8)
00: 27: 11 資料(9)
00: 27: 33 GDP推移
00: 27: 49 1970年代~80年代日本のコンピューター関連輸出入規模
00: 28: 01 IT力の低下と国力の低下との相関
00: 28: 41 ITの位置づけの変化
00: 28: 57 SIerの位置づけ
00: 29: 52 製造業
00: 31: 11 ソフトウェア開発
00: 36: 03 3章 ソフトウェア・ファーストの実践に必要な変革
00: 36: 17 DXの本質はITを「手の内化」すること
00: 39: 57 4章 これからの「強い開発組織」を考える
00: 40: 23 プロダクト(≒事業)全体を考える
00: 42: 19 プロダクトマネージャー
00: 44: 45 プロダクトマネージャーとエンジニアの役割分担
00: 46: 50 プロダクトマネージャーとエンジニア、エンジニアリングマネージャー
00: 47: 44 とは言え、分業制を進めるのではなく、全員が「プロダクト志向」を高める
00: 50: 10 5章 ソフトウェア・ファーストなキャリアを築くには
00: 50: 19 キャリア構築において必要な「偶然」と「必然」
00: 52: 27 偶然
00: 53: 04 必然
00: 53: 10 エンジニアとしてのスキル構築
00: 53: 20 T字型の進化(1)
00: 53: 32 T字型の進化(2)
00: 53: 37 n次元幾何学的空間における容積を最大化する
00: 54: 02 自分をレアカード化する(藤原和博氏)
講師紹介: 江崎 浩(えさき ひろし)


『江崎 浩』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)