ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】ITライブ > ITライブ 266

ドローンによるインフラ保全の改革
~Digital Transformation~
ゲスト:船吉秀人氏(ソフトバンク株式会社 先端技術開発本部 先端事業企画部 部長)


概要:
スマホで動画を視聴するのが当たり前になった現在、通信環境を支えているのが、携帯キャリアの無線データ通信網である。5Gに代表される低遅延大容量の通信インフラを進化させ保全することは現代社会においては非常に重要である。今回は、ドローンを使ってインフラ保全に取り組むソフトバンク株式会社の担当者を招き、デジタルトランスフォーメーションを実現させるために実際にどのような方法でビジネス展開しているのかを聞く。
ソフトバンク株式会社は、ネットワーク、IoT、AIを活用した高度サービスの提供に取り組む企業である。その中でも、ドローンを用いた社会インフラ点検への取り組みに注目したい。 今後日本は高齢化による労働力不足が確実視され2035年には15歳~64歳人口が現在より1千万人減ると予測されている。また社会インフラの老朽化も進んでおり、2033年には老朽化した未点検の道路橋は現在の2.5倍になると考えられている。この問題に対するには、点検工数の削減、危険作業の削減、データ解析による点検の高度化が必要不可欠になってくる。
ソフトバンクのインフラ点検は、ドローンで該当のインフラを撮影し、3Dモデリングした上で、保守点検、修繕判断、劣化予測等を行うものである。すでに高精度な3Dモデリング技術を持っており、正確な測定と構造物の形状理解が可能である。3Dモデルから2D設計図への応用もできている。こうして蓄積されたデータをAIが解析し、異常予測・修繕予測を行う。このため予防診断の軽微化が可能となり、保守費用の削減や安全性が向上している。またデータをさらに活用することにより、設備の環境に応じた劣化予測も実現可能である。インフラ建造物の形状により、AIが撮影方法を自動設定する仕様も可能であり、セルラードローンの運行も視野に入れている。こうした技術の前提になっているのが、5Gによるネットワークの進化である。
2024年におけるドローン点検の市場規模は約1473億円と予測される。保守保全活動は一過性のものではなく、継続して必要なものであるため、いわばサブスクリプションモデルのように継続的なビジネスが可能である。 現在、国内でドローン飛行するための法制度をクリアすることに尽力しており、それが実現できると、大きなビジネスを展開できるだろう。
この事例は、最新技術がどのようにしてビジネスを生み出し、デジタルトランスフォーメーションを実現していくのかという課題への大きなヒントになるはずである。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ドローンによるインフラ保全の改革
00: 03: 33 Profile
00: 04: 41 ネットワーク・IoT・AIにより高度サービス提供へ
00: 10: 23 ソフトバンクの取り組み
00: 11: 07 インフラ点検業務の改革
00: 12: 53 開発パートナー
00: 15: 32 サービス概要
00: 17: 39 座標情報と2D画像で3Dモデリング
00: 17: 56 高精度な3Dモデリング技術
00: 21: 39 正確な測定結果
00: 23: 36 構造物の形状理解が容易
00: 25: 25 建築物管理の質が向上
00: 26: 55 3Dモデルから2D設計図へ応用
00: 29: 54 システム構成
00: 32: 43 異常予測・修繕予測(1)
00: 36: 44 予防診断の軽微化が可能
00: 37: 04 異常予測・修繕予測(2)
00: 37: 54 高精細3Dデータの活用
00: 41: 27 設備の環境に応じた劣化予測
00: 42: 37 3Dモデリングのキーポイント
00: 42: 45 飛行方法
00: 43: 17 撮影方法(1)
00: 43: 48 撮影方法(2)
00: 44: 47 セルラードローンによる効率化
00: 46: 24 5Gにおけるネットワークの進化
00: 47: 09 高齢化・労働力不足
00: 47: 38 社会インフラの老朽化
00: 48: 14 国内のさまざまなインフラ
00: 48: 49 ドローン点検の市場規模
00: 51: 21 空の産業革命に向けたロードマップ
00: 52: 28 関連制度
00: 53: 05 航空法による主な規制一部抜粋
00: 53: 33 多くの法令・ガイドライン×安心・安全性の確保
講師紹介: 江崎 浩(えさき ひろし)


『江崎 浩』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:谷口 菜月

Copyright(c)