グローバルビジネスで戦える人材になるためのヒント"The Essence of BBT"
フィリピンで起業、ベトナムで新規事業立ち上げ。BBT大学卒業生紹介~「稼ぐ力」イベント③~

ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)が、BBT大学公式書籍『プロフェッショナルシンキング未来を見通す思考力』の発売を記念して開催したイベント、『稼ぐ人の武器となる「プロフェッショナルシンキング」』、3回目の記事となる今回は、BBT大学の卒業生2名を紹介します!

 

世界に飛び込んで活躍している第一期卒業生プレゼン紹介

 

  • ビリギャルではなく。。。俺はビリ親父だ!!

中西佑樹氏(株式会社EN Link代表取締役、Brighture.Inc創業者)

8

現在はセブ島でBrighture English Academyを設立して2ヶ月で、元Appleシニアマネージャーの松井博氏と共同事業を行っている。高校卒業後しばらくはフリーター等をした後、不動産会社に就職した。当時は「学歴0」、「海外渡航歴0」、「英語力0」という、「海外での起業」には程遠い状態であったが、その後経営に興味を持ってBBT大学に入学。その経験が不動産会社での昇格にも繋がった。この頃から英語学習やセブ島への海外留学などを行い、セブ島の語学学校の運営上の問題に気づき、自分でも出来ると意識するようになった事が英語学校の設立につながった。

12

 

BBT大学への入学がきっかけで海外に興味を持つようになった。そして、共同創業者の松井氏ともBBT大学の仲間の紹介で出会った。2014年は、自分が行動することで変わるということを実感した1年だった。今までどうだったかは全く関係なく、何かをやろうと決めて、それに向かって継続して努力することがいかに大切かを痛感した。夢は「HEROになること」。自分がロールモデルとなって、周りの人に勇気をあげたいと言う気持ちが強い。

 

  • 「広島」、「演劇」、「旅」。未来のために、今楽しそうと思えることを実行する

佐々木あや氏(JIN-G (Vietnam) Inc.

10

現在は組織人事戦略コンサルティング等を行う株式会社JIN-Gに入社し、同社ベトナム法人立ち上げの為に単身で渡航した。中高一貫校で演劇部に所属し、大学時代に劇団を起ち上げ、今も演劇を続ける。広島で「舞台芸術制作室無色透明」で制作も行っている。旅が好きで、BBT大学の通信制で講義を受けながら世界各国・日本各地を回っていた。スロベニアに住むBBT大学の同級生も会いに行くなど、在学中に25か国、6大陸を訪れた。

初めは一人で始めたベトナムに駐在だったが、現在はベトナム人スタッフを雇用したりしながら仕事を回している。現在は新たなプロジェクトLearn-Gを立ち上げ、「学びのあるラウンジ」を作るために奮闘している。

 

11

 

 

将来的には、結婚もしたいと思っている。どんな人を好きになってもいいように、自分自身が稼げる力を身に付けたい。また、いつか広島に劇場を作って、「芸術」、「ビジネス」、「コミュニティ」の3つを融合したビジネスをしていきたいと思っている。

演劇にせよベトナム赴任にせよ「楽しそうと思える事を実行する」のを意識しつつ、シンプルに考えること、わくわくするかどうかを基準に判断すること、が自分のモットー。そして、全部全力でやる、ということを大切にしている。

先に述べたLearn-Gの取り組みをはじめ、今行っている活動は全て未来のためだと思っている。将来、アーティストと地域の人を巻き込むような劇場運営に携わるのが夢なので、その前段階として、どこでも稼いでいける人間になれるよう努力していきたい。

――ここまで――

 

次回は、藤原氏による「稼ぐ力」のコツ2、コツ3である「時間を買う」、「仕事を買う」や、コンサルティング会社を生き抜いてきたBBT大学経営学部長宇田先生による稼ぐために必要なこと、実際に生き生きと活躍しているBBT大学卒業生が普段考えていることなどをパネル形式で紹介します。

 

 

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook