グローバルビジネスで戦える人材になるためのヒント"The Essence of BBT"
人生90年時代のライフデザイン ~もはや1回の人生では生ききれないし、死に切れない!

10年後、君に仕事はあるのか?04

ゲスト:長谷川敦弥氏(株式会社LITALICO 代表取締役社長)

 

■働き方がどう変わっていくか
平均寿命が男性も80歳を超え、女性は90歳に及ばんとする現代、人工知能(AI)の進化で働き方がどう変わっていくかを考えるうえでも、長くなってきた一生を新たな視点で捉え直すことが重要になってくる。前半は連峰型の人生観と時給の本質を取り上げる。 後半は、障害のない社会を目指した事業をNPO等のボランティアではなく、東京証券取引所一部上場を果たしたビジネスとして提供するLITALICOの若き経営者、長谷川氏を迎える。型破りな行動力の源を知れば、生きづらさを抱える人にも希望の光が見えてくる。

 

■長谷川氏
岐阜県出身の長谷川氏は、2008年名古屋大学理学部を卒業後、同年5月に就労支援を展開する株式会社ウイングルに新卒として入社。翌年8月、同社の代表取締役社長に就任した。

 

■長谷川氏の転機
小さなころから注意欠陥多動性障害(ADHD)傾向だったが、おおらかな両親の下で、さほど気にせず過ごすも、中学・高校時代は周りの空気が読めず孤立していた。大学時代にアルバイト先のオーナーが、「敦弥君はみんなと違う。だから世の中を変える才能があるかもしれない」と常に褒めてくれたことが転機となり、自分の特性をポジティブに捉え社会に役立てたいと考え就職。入社3カ月目で、全役員にメールで理路整然と減俸を提言し納得を引き出した。事業内容の改善を旺盛に進言し続けた結果、創業者が仙台市長選に出馬を決めたことを契機として、2年目にして社長交代となった。

 

■生きにくさを取り除いた障害のない社会づくり
LITALICOとは、関わる人の幸せを実現することが自分たちの喜びにつながるという、利他と利己の造語で、2014年に社名変更した。眼鏡やコンタクトレンズのように困難を解決する製品やサービスを社会の側に整備することで、生きにくさを取り除いた障害のない社会づくりを社是に掲げている。主力事業は、補助機器の開発投資のほか、発達障害の子ども向けに基礎学力と社会性の体得を図る「LITALICOジュニア」、ものづくり教室の「LITALICOワンダー」がある。障害認定者は1割負担制度を活用、ほかは100%自己負担で通う。年間ユーザーが250万人に上る「LITALICO発達ナビ」でインターネット分野にも進出している。

 

■個性に合った学び方で意欲を高める
学校で自己肯定感の下がる子どもも、自分が興味のあることには目を輝かせ飽きずに取り組む。一人一人の個性に合った学び方で学習意欲を高める同社の取り組みは、今後の公教育の在り方に一石を投じることになるまいか。長谷川氏の『発達障害の子どもたち、「みんな同じ」にならなくていい』も合わせて一読されたい。

 


★ Business Breakthrough Chは、スカパーとインターネットにて番組を配信しています。ダイジェスト版を特典映像として公開しました。
→ http://bb.bbt757.com/
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook