ラグビー元日本代表キャプテン、BBT大学大学院修了生の廣瀬俊朗氏、 保育園児に「学びの大切さを伝える」ラグビーボールを贈呈

2021年4月28日
 
 
ラグビー元日本代表キャプテン、BBT大学大学院修了生の廣瀬俊朗氏、
保育園児に「学びの大切さを伝える」ラグビーボールを贈呈
“教えない大学”BBT大学の「自ら学ぶ姿勢」を、園児にラグビーパスを通じて伝える


あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田巌、以下BBT)が運営するビジネス・ブレークスルー大学(学長:大前研一、以下BBT大学)は、4月22日(木)にラグビー元日本代表キャプテンでビジネス・ブレークスルー大学大学院修了生、BBTアスリートアンバサダーの廣瀬俊朗(ひろせ としあき)氏から、「府中緑町学びの保育園」の幼児たちへ子供用ラグビーボールを贈呈するイベントを開催しました。

写真(メイン).png
(保育園の園児たちに囲まれて写真撮影をする廣瀬氏<中央>)


ラグビータウン府中に4月1日に新たに開園した「学びの保育園」は、写真サブ1.jpg「体験を通じて自分で学ぶ」ことを教育方針として重要視しています。一方、BBT大学の教育方針も同様に、「教える=Teach」ではなく、「学ぶ=Learn」を重要視しており、「自ら学ぶ姿勢」を大切にしているところが共通点として挙げられます。以上の背景から、本イベントは、BBT大学の事務局長でジャパンラグビートップリーグアンバサダー 白崎 雄吾(しらさき ゆうご)の発案により、BBT大学と同じ教育方針を持つ「府中緑町学びの保育園」の開園を記念して行われました。なお、プレゼンターの廣瀬氏は、トップリーグチーム東芝で長年プレイするなど、府中市にゆかりのある人物でもあります。
 

左写真(子供用ラグビーボールを渡す廣瀬氏)


イベントでは、廣瀬氏が保育園の屋上庭園に登場し、子供たちにラグビーボールを手渡しでプレゼントしました。また、ストレートパス、スクリューパス、オフロードパスなども披露し、子どもたちとラグビーを通じて触れ合いました。子供たちは、廣瀬氏と一緒にボールを投げたり追いかけたりし、終始楽しい様子で遊んでいました。
 

イベントが終わりに近づくと、子ども達はサプライズで廣瀬氏へお礼のプレゼントを手渡し、全員で「廣瀬さん、ありがとうございました。」と元気にお礼を言いました。



写真サブ2.jpg
イベントを終えた廣瀬氏は「ラグビーボールに触れた子供たちが、どんな形であれ『ボールで遊ぶことって楽しい』ということを体に刻んでもらえたらとても嬉しいです。また、ラグビーボールを家に持って帰ったらそれをきっかけにコミュニケーションが生まれ、ご両親がラグビーに興味を持つ機会になるかもしれません。このような活動は様々な形で今後も続けていきたいと思っています。」とコメントしました。



右写真(子供たちと触れ合う廣瀬氏)


「府中緑町学びの保育園」園長の向井陽(むかい よう)氏は「私たちの保育園では、体験学習を大切にしており、子ども達には失敗してもいいから体験から様々なことを学んでほしいと思っています。今回、ラグビー元日本代表キャプテンの廣瀬さんという“本物”のアスリートとの触れ合いの体験を通じて、子供達がラグビーやボール遊びが好きになる一つのきっかけになれば嬉しいです。」と話しました。


ラグビーボール.jpg
なお、約1年前にBBTは、BBTが人材育成研修を提供したリコーブラックラムズとNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの両チーム、株式会社日本経済新聞社、株式会社東洋館出版社、NPO法人Dooooooooの協賛と、神奈川県ラグビーフットボール協会、横浜市の協力のもとに横浜市の三ッ沢球場において2019個のボールを子供たちにプレゼントする「Thanks 2019 Project」を開催しています。この活動は、ラグビーワールドカップ2019の感動を一過性のものにせず、次世代の子供達にラグビー文化を浸透させることを目的として行われました。今回「府中緑町学びの保育園」で行われたイベントは、「Thanks 2019 Project」のメッセージも受け継いで開催されました。
参照:https://www.bbt757.com/news_release/2020/02/2019.html

(子供が扱えるサイズのオリジナル2号球ラグビーボール)

 
プレゼンター:廣瀬俊朗(ひろせ としあき)氏
廣瀬氏.jpg1981年生まれ。大阪府立北野高校、慶応義塾大学理工学部を経て東芝ブルーブレイパスに入部。日本代表を含めて各世代でキャプテンを経験。2015年ラグビーワールドカップでは、南アフリカ戦の勝利に貢献した。2016年に現役引退後、アスリート引退後のキャリアを切り拓き、自分らしく生きることを広めるために(株)HiRAKUを設立。2019年にはTBS系ドラマ『ノーサイド・ゲーム』に出演したことでも注目を集める。同年、自身がMBAを取得したビジネス・ブレークスルー大学大学院を運営する株式会社ビジネス・ブレークスルーの「BBTアスリートアンバサダー」に就任。2020年には、アスリートの価値を最大限に高め、その価値を社会へ還元するプラットフォームを作ることを目指し一般社団法人APOLLO PROJECTを立ち上げ、専務理事として就任した。現在、日本テレビ系報道番組『news zero』の木曜パートナーを務める。

 
PDF:廣瀬俊朗氏、府中の保育園にラグビーボール贈呈.pdf

取材のお申し込み

BBTのすべての部署および、子会社のアオバジャパン・インターナショナルスクールへのご取材は、広報担当がご案内いたします。
取材を希望される方は、以下のお問い合せフォームよりご連絡ください。

パンフレットはこちら


大前研一ニュースの視点

答えのない現代社会。今、ビジネスパーソンに求められているのは『問題解決力』だ!
このメルマガ「大前研一《ニュースの視点》」は、日本国内のみならず世界の動きを理解する上で、ポイントとなる最新ニュースや注目企業の動向・施策を、大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジンです。

あなたは何点?診断テスト

MBA診断
驚嘆!今の「ビジネス能力」と「志向特性」をあぶりだす!? 未来には何が待ち受けているか
MBAマッチング診断
あなたの目指すMBA学習とBBT 大学院の相性をチェック! 5分でわかるマッチング診断
実践ビジネス英語検定
所要時間5分!すぐにあなたのビジネス英語力がわかる!あなたに足りないスキルはこれだ
資産形成スキル診断
あなたの資産形成スキルは何点?5分間の診断で結果がわかる!あなただけの診断結果
ビジネス脳力診断テスト
あなたのビジネス”脳力”をランキングで丸裸に!! 大前研一ニュースの視点監修

BBT・メルマガランキング

1
大前研一 ニュースの視点
2
MBAホルダーの視点
3
グローバルリーダーへの道
4
株式・資産形成実践講座メールマガジン
5
グローバルマネー・
ジャーナル
6
ビジネス書では学べない
「大前研一メソッド」
7
ビジネスでバリバリ突っ走り
たい人のBBT大学メルマガ
8
MBAがよくわかる!
無料メールセミナー
9
大前研一通信
マンスリーレポート
10
BBT757ch
『ビジネスの視点』
11
英会話学習を妥協したくないビジネスパーソン必読のビジネス英会話”新常識”メルマガ
12
大前研一が送る、限定3日間のメールセミナー