BBT大学・院/BOND-BBT MBA 学習相談窓口の新規設置と学習希望者追加受入れに関して


2020年3月10日
オンラインのBBT大学・大学院、BOND-BBT MBA
学習相談窓口の新規設置と学習希望者の追加受入れに関して

 あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田巌、以下BBT)が運営する「ビジネス・ブレークスルー大学(学長:大前研一、以下BBT大学)」、「ビジネス・ブレークスルー大学大学院(学長:大前研一、以下BBT大学大学院)」、BBTとボンド大学ビジネススクール(所在地:オーストラリア クイーンズランド州)が共同運営する「BOND-BBTグローバルリーダーシップMBAプログラム(監修:大前研一、以下Bond-BBT MBA)」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で新学期から教室での学びに対して不安に思う学生を対象に、オンライン学習相談窓口を設置すること並びに本学での学習希望者を追加で受入れることを決定いたしました。
                                                                      
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、新学期にキャンパスに通って教室に集まる学び方の実施が懸念されています。このような状況を鑑み、キャンパスに通学することなく自宅からオンラインかつオンデマンドで学べる環境を整えているBBT大学・大学院とBond-BBT MBAは、新学期から早速学ぶことができるか否か不安視する学生に対し、社会情勢に関係なく継続学習ができるよう新規の学習相談窓口を設けることを決定いたしました。なお、相談はお電話やオンライン(TV会議)でも受け付けておりますので、自宅などからお気軽にお問い合わせいただけます。
 
 オンデマンド型のオンライン学習の強みは、時間的・地理的条件に制約を受けず、受講者のペースで学びを続けられる点です。なお、相談の結果、希望があれば、BBT大学・大学院かBond-BBT MBAへの受入れを、個別に調整して参ります。
 
【相談窓口の詳細】 
〇BBT大学 経営学部
◆受付日時:3月12日(木)、13日(金)、16日(月)
◆受付時間:9:30~17:30
◆相談窓口:0120-970-021またはbbtuinfo@ohmae.ac.jp
 
〇BBT大学大学院 経営学研究科 / BOND-BBT MBA
◆受付日時:3月12日(木)、13日(金)、16日(月)
◆受付時間:9:30~17:30
◆相談窓口:03-5860-5531またはbbtuniv@ohmae.ac.jp
 
◆ご相談例
 ・オンライン学習はどのようなものか
・オンライン学習と通学での学びは何が違うのか
・休校になり学びが続けられなくなった際、通学とオンラインのWスクールで学ぶことはできるのか
・休校になり学びが続けられなくなった際、オンライン大学(院)の単科で予習をすることができるか
 
上記の日程以外でも、平日の 9:30~17:30で随時受付を行っておりますので、
相談窓口までお気軽にお問合せ下さい。
 
 
【BBT大学について】
日本初の100%オンラインで経営学学士を取得できる大学として2010年に経営学部を新設。教授陣の6割が現役経営者、学生の約7割が社会人。大前研一が学長を務める本学では、“teach(教える)”ではなく学生が主体的に“learn(学ぶ)”するのを手助けすることに大学の役割があるという考えに基づき設計されたカリキュラムで、グローバル時代を生き抜く力の育成を目指している。2014年3月に1期生が卒業。2014年10月には、e-Learning大賞 厚生労働大臣賞を受賞。2015年12月に「ITソリューション学科」、「グローバル経営学科」、2017年1月に「履修証明プログラム」が、文部科学省「職業実践力育 成プログラム(BP)」認定。http://bbt.ac/
 
【BBT大学大学院について】
日本で初めて「オンライン学習」を取り入れた経営大学院として、2005年4月からオンラインMBAプログラムをスタートし、総計1,300名超の修了生を輩出。時間的・地理的条件に制約を受けない学習環境により、ダイバーシティによる学びを実現。さらに、世界的な経営コンサルタント大前研一をはじめ、高い実績をもつ実務家講師陣の知見を、実践的なカリキュラムとして反映。利便性に加え高い実践性を兼ね備えた"ビジネスパーソン・ファースト”な学習を提供。http://www.ohmae.ac.jp/
 
【BOND-BBTグローバルリーダーシップ MBA プログラム(BOND-BBT MBA)について】
オーストラリアの名門ボンド大学ビジネススクールと、幅広いマネジメント教育事業を展開するBBTが提携する事で実現した海外正式MBAプログラムとして、2001年に開講。国際認証AACSBとEQUISを取得。「世界で活躍できるビジネスリーダーの育成」を掲げ、総計1,100名超の修了生を輩出。アカデミア中心のBOND大学講師陣と実務家揃いのBBT講師陣の両者から学ぶことで、理論と実践がブリッジされ実務で使えるマネジメントスキルを身に着けることができる。受講スタイルはオンラインとオフライン(スタディツアー)を組み合わせることで効果的な学びを実現。リアル(スタディツアー)では、現地オーストラリアの学生と共に英語環境の中で実践的なディスカッションに取り組むことでビジネス英語力に加え、思考と議論の瞬発力を強化する。https://www.bbt757.com/bond/
 
 
【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作などあらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。https://www.bbt757.com/

PDF:学習相談窓口の新規設置と学習希望者追加受入れ.pdf

取材のお申し込み

BBTのすべての部署および、子会社のアオバジャパン・インターナショナルスクールへのご取材は、広報担当がご案内いたします。
取材を希望される方は、以下のお問い合せフォームよりご連絡ください。

パンフレットはこちら


大前研一ニュースの視点

答えのない現代社会。今、ビジネスパーソンに求められているのは『問題解決力』だ!
このメルマガ「大前研一《ニュースの視点》」は、日本国内のみならず世界の動きを理解する上で、ポイントとなる最新ニュースや注目企業の動向・施策を、大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジンです。

あなたは何点?診断テスト

MBA診断
驚嘆!今の「ビジネス能力」と「志向特性」をあぶりだす!? 未来には何が待ち受けているか
MBAマッチング診断
あなたの目指すMBA学習とBBT 大学院の相性をチェック! 5分でわかるマッチング診断
実践ビジネス英語検定
所要時間5分!すぐにあなたのビジネス英語力がわかる!あなたに足りないスキルはこれだ
資産形成スキル診断
あなたの資産形成スキルは何点?5分間の診断で結果がわかる!あなただけの診断結果
ビジネス脳力診断テスト
あなたのビジネス”脳力”をランキングで丸裸に!! 大前研一ニュースの視点監修

BBT・メルマガランキング

1
大前研一 ニュースの視点
2
MBAホルダーの視点
3
グローバルリーダーへの道
4
株式・資産形成実践講座メールマガジン
5
グローバルマネー・
ジャーナル
6
ビジネス書では学べない
「大前研一メソッド」
7
ビジネスでバリバリ突っ走り
たい人のBBT大学メルマガ
8
MBAがよくわかる!
無料メールセミナー
9
大前研一通信
マンスリーレポート
10
BBT757ch
『ビジネスの視点』
11
英会話学習を妥協したくないビジネスパーソン必読のビジネス英会話”新常識”メルマガ
12
大前研一が送る、限定3日間のメールセミナー