大前研一通信特別保存版 最新作 『21世紀を生き抜く「考える力」』発売

2020年3月18日
   
大前研一通信特別保存版 最新作
   AIに代替えされないビジネスパーソンや子供達を育成するバイブル

 『21世紀を生き抜く「考える力」』発売
 
 あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:柴田巌、以下BBT)は、世界的経営コンサルタント大前研一(編著)による書籍シリーズ「大前研一通信特別保存版」の最新作、『21世紀を生き抜く「考える力」』を本日より発売します。
 
 すでにデジタル化による破壊的変革を意味する「デジタル・ディスラプション」が様々な業界で進行しています。例えば、Uberなどのライドシェアが広がることで、車は「所有するもの」から「利用するもの」へと価値観が変わり、車は買わずにシェアする時代になると言われています。企業は、AIや新しいデジタル技術を活用することによって、新たな価値を生み出し続けることが求められており、過去の知識や成功モデルに固執することは命とりになります。必要なことは、自ら答えを見つけ現状を突破する「考える力」です。

 そして、子供達が働き盛りを迎える25年先の2045年に、人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点のシンギュラリティが起きると予測される中、子供達にAIやロボットに代替されない「考える力」を身に付けるための教育がなされてこなかった日本の教育制度に大前研一は警鐘を鳴らしています。加えて、日本の教育の最大の問題点は、世界に比べて圧倒的に学び直す社会人が少ないことで、親や教師も含めた社会人の学び直し(リカレント教育)が必要であると語っています。

 本書では、大前研一による日本の教育システムの問題点の指摘と人材の再教育・リカレント教育などに関する提言に加え、論文『雇用の未来』で「10年後には今ある職種の約半分がなくなる」と予言し、世界中から注目されたオックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授との対談記事など、「考える力」の重要性を訴求したメッセージをご紹介。また、世界で導入されているSTEAM教育(※)や、世界各国や国内でも政府が導入を推進する国際バカロレア(IB)教育の実例紹介(小・中・高等学校)等を収録しています。AI時代の到来に備え新たな価値を生み出し続けることを期待されるビジネスパーソンやお子様の「考える力」を身に付ける教育について関心のある方などに参考にしていただける内容です。

【書籍概要】
Part13表紙(ネット用).jpg◆タイトル:大前研一通信特別保存版Part.13
     「21世紀を生き抜く「考える力」
      ※期間限定。購入者全員にストリーミング映像プレゼント
◆発行所:ビジネス・ブレークスルー出版
◆発行日:2020318
◆定価:1,540円(税込)
◆編著者:大前研一/ビジネス・ブレークスルー出版事務局
◆URL: 
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4991028159/ ※電子書籍版もあります。
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16238124/
※電子書籍版もあります。
◆ISBN978-4-9910281-5-1
◆本書の構成:
第1章:21世紀を生き抜く学びの必要性 
第2章:21世紀を生き抜く学び(リカレント、STEAM)
第3章:21世紀を生き抜く国際バカロレア(IB)教育の拡がり

(※)Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(ものづくり)、Art( 芸術)、Mathematics(数学)などの5つの領域を重視する

 
【第15回BBT関連書籍ブックフェア開催】 http://www.bbt757.com/book/20/
紀伊国屋書店、三省堂書店、丸善、ジュンク堂、ブックファースト、文教堂など全国の主な書店にて「ビジネスブックフェア」を3月中旬より開催予定です。『日本の論点2020~21』『大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」』(プレジデント社)、『「国家の衰退」からいかに脱するか』『経済を読む力』(小学館)等の大前研一書籍も順次展開予定。(対象関連書籍は店舗によって異なります)

【大前研一通信について】
大前研一、BBTの発信をダイジェストに読むことができる、会員制月刊情報誌。最新のビジネスに直結するテーマから、政治・経済、家庭・教育の諸問題からレジャーまで様々な記事を網羅している。混沌とする社会問題に鋭いメスを入れ、独自の情報源と切り口をもとに世間に報じられていない事象も含め解説。雑誌本体の送付のみならず、PDF版、プリント・オン・デマンド(PDD)版、スマートフォンなどで読めるデジタルLite動画版など購読携帯は様々。激変する時代において、企業経営の考え方や自己啓発としてビジネスパーソンに読まれている。http://www.ohmae-report.com/

【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作など様々な顔を持つ。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。http://www.bbt757.com/

PDF版:『21世紀を生き抜く「考える力」』発売.pdf

ご購入はこちらから

取材のお申し込み

BBTのすべての部署および、子会社のアオバジャパン・インターナショナルスクールへのご取材は、広報担当がご案内いたします。
取材を希望される方は、以下のお問い合せフォームよりご連絡ください。

パンフレットはこちら


大前研一ニュースの視点

答えのない現代社会。今、ビジネスパーソンに求められているのは『問題解決力』だ!
このメルマガ「大前研一《ニュースの視点》」は、日本国内のみならず世界の動きを理解する上で、ポイントとなる最新ニュースや注目企業の動向・施策を、大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジンです。

あなたは何点?診断テスト

MBA診断
驚嘆!今の「ビジネス能力」と「志向特性」をあぶりだす!? 未来には何が待ち受けているか
MBAマッチング診断
あなたの目指すMBA学習とBBT 大学院の相性をチェック! 5分でわかるマッチング診断
実践ビジネス英語検定
所要時間5分!すぐにあなたのビジネス英語力がわかる!あなたに足りないスキルはこれだ
資産形成スキル診断
あなたの資産形成スキルは何点?5分間の診断で結果がわかる!あなただけの診断結果
ビジネス脳力診断テスト
あなたのビジネス”脳力”をランキングで丸裸に!! 大前研一ニュースの視点監修

BBT・メルマガランキング

1
大前研一 ニュースの視点
2
MBAホルダーの視点
3
グローバルリーダーへの道
4
株式・資産形成実践講座メールマガジン
5
グローバルマネー・
ジャーナル
6
ビジネス書では学べない
「大前研一メソッド」
7
ビジネスでバリバリ突っ走り
たい人のBBT大学メルマガ
8
MBAがよくわかる!
無料メールセミナー
9
大前研一通信
マンスリーレポート
10
BBT757ch
『ビジネスの視点』
11
英会話学習を妥協したくないビジネスパーソン必読のビジネス英会話”新常識”メルマガ
12
大前研一が送る、限定3日間のメールセミナー