• 一覧
  • 定例勉強会
  • 緑陰セミナー
  • 海外視察旅行
  • サンプル映像

活動内容

定例勉強会

向研会の定例勉強会は、著名人を招いた講演会兼名刺交換会ではなく各社にとっての経営課題を研究するための、メンバー参加型の勉強会となっております。テーマによっては各分野の専門家や海外の経営者もゲストに招き、質疑応答やディスカッションを通じて議論を深めていくというスタイルをとっております。

▼2022年度

4月

『デジタルで変容するヘルスケアと日本の課題』

講師:大前 研一

コロナ禍や人生100年時代など社会構造の変化を契機として、医療やヘルスケアの分野においても、デジタル技術を活用した新しい企業やサービスが数多く登場しています。
日本の医療体制の遅れが指摘されるいま、医療・ヘルスケア分野をどのようにデジタル化していくべきか、企業にはどのようなビジネスチャンスがあるのか、国内外の事例を交えながら検証致します。

5月

『21世紀のリーダーシップ ~偏差値教育外で磨かれる変革者~』

上記テーマにて、4名の講師に御講演いただきます。


◆名古屋

『水産流通イノベーション』

講師:野本 良平 氏(羽田市場株式会社 代表取締役社長 CEO)
https://hanedaichiba.com/

市場を通さない全く新しい独自の流通システムを開発し業界を独走してきた羽田市場。
ところが2020年4月、新型コロナウイルスの影響による価格下落や出荷ストップで、売上は1/10にまで下落し会社は存続の危機に。
抱えてしまった滞留在庫約300トンを売りさばくために、2020年5月1日ECショップ【漁師さん応援プロジェクト】を開始し、「プロが使うグレードの高い商品を、一般のお客様に業者間価格で」というコンセプトが大ヒットし、人気通販サイト「BASE」にて登録店舗110万店舗中、売上ランキング一位を獲得。
その後も、自社ECサイト立ち上げ・直営店舗を次々とオープンしている成長についてお話いただきます。


◆大阪

『会社メンバー全員退職、負債数億円。
元DJ経営者がIT×販売員の力で「カリスマ店員新時代」を築く。
スタッフEXを支援する「STAFF START」とは』

講師:小野里 寧晃 氏(株式会社バニッシュ・スタンダード 代表取締役社長 CEO)
https://www.v-standard.com/

コロナ禍による縮小営業や来店客数減少の影響を受けたリアル店舗とスタッフたち。
一方小売業でのDXはますます加速しました。
目まぐるしく変化する環境の中、ECで接客し月間1億3千万円の売上を記録するなどデジタル上で活躍する販売スタッフが誕生しています。
あらゆる現場のスタッフをITの力で支える「STAFF START(スタッフスタート)」がいかにして生まれたのか。
そして大きな失敗を経験した小野里はどのようにしてここまでの事業を作り上げたのか。具体的な将来展望を交えてお話いたします。


◆福岡

『地球規模のサステナビリティ革命への挑戦
-脱炭素社会に資する新素材の普及と資源循環モデルの実現に向けて-』

講師:山﨑 敦義 氏(株式会社TBM 最高経営責任者 CEO)
https://tb-m.com/limex/

脱炭素社会の実現やSDGsへの貢献へのニーズが高まる中、石灰石を主原料とする新素材「LIMEX」は、資源保全や CO2 排出抑制による気候変動問題への貢献などが評価され、国内で8,000社以上に導入されています。
創業から10年を迎え、今日に至るまでの企業の歩みや、新素材ビジネスのグローバル展開、資源循環モデルの構築など、今後の事業戦略を通じた日本発のサステナビリティ革命への挑戦についてご紹介させていただきます。


◆東京

『N高が目指しているもの ~設立の背景から未来まで~』

講師:川上 量生 氏(学校法人角川ドワンゴ学園 理事)
https://nnn.ed.jp/

N高等学校(N高)はインターネットと通信制高校の制度を活用した、新しい「ネットの高校」として2016年4月に設立されました。
なぜ、教育業界とは縁のないドワンゴが、KADOKAWAと共に学校を創るに至ったのか。
その設立背景や教育方針、N高での学びについてご紹介するとともに、N高が目指すものについてもお話しいたします。

6月

『エイジテック 最前線
~高齢化大国・日本の課題とシニアビジネスの要諦~』

講師:大前 研一

日本のみならず先進国の共通課題である高齢化社会が加速するにつれ、シニア層が抱える問題をテクノロジー(AgeTech)で解決するサービスに注目が集まっている。3人に1人が高齢者という"超高齢社会"を迎える日本の社会問題と、拡大するシニア市場のビジネスチャンスについて、国内外の事例を交えて検証いたします。

7月

講師:

8月

講師:

9月

講師:

10月

講師:

11月

講師:

12月

講師:

1月

講師:

2月

講師:

3月

講師:

▼過去の定例勉強会

2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度