• 一覧
  • 定例勉強会
  • 緑陰セミナー
  • 海外視察旅行
  • サンプル映像

活動内容

定例勉強会

向研会の定例勉強会は、著名人を招いた講演会兼名刺交換会ではなく各社にとっての経営課題を研究するための、メンバー参加型の勉強会となっております。テーマによっては各分野の専門家や海外の経営者もゲストに招き、質疑応答やディスカッションを通じて議論を深めていくというスタイルをとっております。

▼2024年度

4月

『二極化時代の不動産動向から見る事業機会
 - 日本経済を反転浮上させる不動産戦略 -』

講師:大前 研一

いま日本の不動産市場で二極化が進行している。
東京など世界から投資を呼び込んでいる都市では不動産価格が高騰しているが、世界標準から見ればまだまだ割安のため更に上昇の余地がある。
一方、少子高齢化の進行により日本全体では土地が余っており不動産価格は下落している。
二極化時代を迎えた日本の不動産は日本経済にどのような影響をもたらすのか、どのようなリスクとチャンスがあるのか、検証致します。

5月

『最新テクノロジーを活用したホワイトカラー業務の革新』

上記テーマにて、8名の講師に御講演いただきます。


◆名古屋

『ノーコードのガイド・ナビゲーション『テックタッチ』について
~誰もがITを使いこなせる世界を実現し、DXを支える~』

講師:井無田 仲 氏(テックタッチ株式会社 代表取締役CEO)

当社は「システム化を進めているのに使いづらくて現場に浸透しない」「自社の顧客に提供するツールのオンボーディングコストが高すぎる」等の課題を、ノーコードのガイド・ナビゲーション「テックタッチ」を通じて解決します。ユーザー数は400万人を突破しており(2024年3月時点)、生成AIを組み込んだ新サービスも発表しました。本講演では、日本企業のDXに欠かせないデジタルアダプション(DAP)という概念のご紹介と、当社の取り組みについてご説明します。

『XICAソリューションのご紹介
-データドリブンマーケティングの最前線-』

講師:平尾 喜昭 氏(株式会社サイカ 代表取締役社長CEO)

「環境変化が加速し勝ちパターンが通じなくなってきた中、優先的に手を付けるべきマーケティングの課題が分からない」「課題解決に向けた各マーケ施策の事業成果に対する貢献が科学的に評価できず、強化 or 改善するべき施策が分からない」「改善するべき施策が選抜できても、各施策の良い/悪い原因が特定できず、施策改善の方向性が分からない」これらの課題を解決する“データドリブンマーケティング”を実現し、マーケティングで狙って勝てるようにするための具体論をお話しします。


◆大阪

『スポットワークとBPRの活用による人材不足解消と生産性向上について』

講師:小川 嶺 氏(株式会社タイミー 代表取締役)

現代の日本では人材不足は、ビジネスの成長を阻む大きな障壁となっています。この重要な問題に対処するため、本セッションでは、スポットワークとビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)の二つの戦略に注目します。これらのアプローチが人材不足の解消にどのように役立ち、同時に生産性の向上にどう繋がるのかを深く掘り下げていきます。具体的な事例を交えながら、タイミーがこれまでに築き上げてきた実績と、将来に向けたビジョンについても詳しくお話しします。

『これからの企業に求められるファシリティエクスペリエンス』

講師:長沼 斉寿 氏(Acall株式会社 代表取締役)

近年、経営課題として注目されるワークプレイスの在り方。多様な働き方に伴い、オフィスで働くことにどんな意味を持たせるか、また生産性と働く環境に関する議論が国内外で盛んになされています。本講義では、7,000社以上の働き方DXに携わったAcallが「今後求められるハイパフォーマンスなファシリティ体験の在り方」を、AI・環境センサー・認証テクノロジーなど、最先端テクノロジーを踏まえてご提示します。


◆福岡

『採用活動におけるAI化と生産性向上
~対話型AI面接サービスSHaiNの効果とこれからの可能性~』

講師:山﨑 俊明 氏(株式会社タレントアンドアセスメント 代表取締役)

近年、コロナ禍の影響もあり、採用の分野においても急激にデジタル化が進んでいます。そのような中、面接は「人」にしかできない特殊なものとして捉えられていましたが、面接工程を構造化することでAI化を実現した対話型AI面接サービスをご紹介いたします。日本は少子化の影響により、採用市場は過去に類を見ないほどの売り手市場となっており、今までとは全く違うアプローチで採用活動に取り組む必要があります。将来を見据えた採用活動のあり方をお伝えいたします。

『資金調達、支出管理におけるテクノロジー活用と経営インパクトについて』

講師:宮城 徹 氏(株式会社UPSIDER 代表取締役」

昨今、企業に求められる内部統制の水準や、インボイス制度等の法令の変化等により、求められる基準やオペレーションの要件が大きく変わってきています。また、金利上昇や円安の影響を受け、資金調達の環境も大きく変わろうとしています。一方で、人手不足の市況では、この波を乗りこなせる財務・経理の人材を採用することは難しく、資金調達や支出管理における最新のテクノロジーを理解・自社に活用することが重要です。このような課題に対し、弊社が提供する法人カード「UPSIDER」をはじめとし、どんなトレンドがあるのか、経営インパクトはどのようなものなのかをご紹介します。


◆東京

『経理・バックオフィスのDX・アウトソーシングで切り開く未来とは』

講師:山室 佑太郎 氏(メリービズ株式会社 代表取締役社長)

メリービズは、2011年の創業以来「ビジネスを楽しく」をビジョンに掲げ、多才な個人がイキイキと活躍し、企業経営や業務課題を解決できるよう、新しい働き方・新しい組織をつくるサービスを企画・運営しています。累計1,000社以上の支援実績を誇り、現在は2つの事業を展開しています。累計登録1,700名以上のスタッフを有するオンライン経理アウトソーシングである『バーチャル経理アシスタント』、DXを軸とした総合的な経理コンサルティング『メリービズ経理DX』。今回は経理・バックオフィス領域におけるDX・アウトソーシングで切り開く展望についてご紹介し、経営の羅針盤となるための経理のあり方について、将来像から実践的な具体事例までご紹介します。

『DX推進の陰に潜む企業ITガバナンス崩壊のリスク
今こそ再検討すべき「ITガバナンス視点でのSaaS & ITデバイスの管理方法」』

講師:城戸 大輝 氏(ジョーシス株式会社 チャネル営業本部 営業部長)

コロナ以降、DXの推進によりSaaSやITデバイスの利用が爆発的に増えて利便性が高まってきた一方で、その管理方法に課題を持つ企業が増えてきています。部署毎のSaaS導入やシャドーIT等による情報漏えい等のリスクも日々高まり、ITコストも肥大化しています。本講演では、従来とは環境が大きく変化するなかで今こそ求められるITガバナンス視点でのSaaS・ITデバイスの管理方法や、そこから見えてくる新たなITマネジメント戦略について、独自調査や最新トレンド・事例を踏まえてお話いたします。

6月

『新興経済大国インドの研究
 - ポスト・チャイナ時代の新大国の可能性 -』

講師:大前 研一

中国経済が減速する中、2期目となるモディ政権のもとで高い経済成長率を維持するインドの存在感が高まっている。
今後2025年には日本を、2027年にはドイツを抜いて世界第3位の経済大国に躍り出ることが予想されている。
「目覚めた巨象」となったインドでいま何が起きているのかどのようなビジネスチャンスとリスクがあるのか、検証致します。

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

▼過去の定例勉強会

2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度