• 一覧
  • 定例勉強会
  • 緑陰セミナー
  • 海外視察旅行
  • サンプル映像

活動内容

定例勉強会

向研会の定例勉強会は、著名人を招いた講演会兼名刺交換会ではなく各社にとっての経営課題を研究するための、メンバー参加型の勉強会となっております。テーマによっては各分野の専門家や海外の経営者もゲストに招き、質疑応答やディスカッションを通じて議論を深めていくというスタイルをとっております。

▼2020年度

4月

『経済活性策としての規制改革 ~ 日本「再起動」マニュアル ~』

講師:大前 研一

中国経済が世界経済に及ぼす影響が大きくなるなかで、コロナウイルス禍により世界経済が大きく減速することは避けられず、昨年秋以降の景気腰折れが鮮明になった日本にとって状況はシリアスです。
しかし、逆に考えれば旧態依然の日本をオールクリアして再生するチャンスともいえます。未曽有の大不況を前に、繁栄している他の国を見習い日本経済を衰退させる岩盤規制を緩和・撤廃し経済を活性化する施策について検証いたします。

5月


下記講師陣に、「勃興する空き家ビジネス」をテーマに御講演いただきます。


◆名古屋

『空き家活用による全国4万円で住み放題の新しいライフスタイル』

講師:佐別当 隆志 氏(株式会社アドレス 代表取締役社長)

定額を払うことで全国住み放題という多拠点居住のCo-living サービス「ADDress」を2019年4 月より開始。どこでも住める、どこでも働ける、移動することを前提としたライフスタイルを加速させるサブスクリプション型サービスが、世の中に浸透することで空き家や都市一極集中問題に挑んでいる。地方の関係人口増加、日本の豊かな自然、古民家や地域の良さを守り、現代の多くの社会課題を解決するビジネスモデルについて解説いただきます。


◆大阪

『売る人と買う人が直接出会う「家いちば」』

講師:藤木 哲也 氏(家いちば株式会社 代表取締役)

活用されていない空き家や空き地、いわゆる遊休不動産を売買するサイトを運営している「家いちば」。不要になったものを個人が張り出す掲示板型のサイトで、不動産売買の交渉を売り主と買い手に直接行ってもらい、成立した案件について家いちばが契約を手伝うという方式。
最後はプロが介在することの安心感・確実性を担保する構図をつくっている。不動産売買プロセスを低価格物件でも利益が出るようにモデル構築して売買を活性化 という、発想を変えた空き家問題解決への道について解説いただきます。


◆福岡・東京

『日本の空き家を再生。「価値を足す」で第4の選択肢を。』

講師:新井 健資 氏(株式会社カチタス 代表取締役社長)

中古住宅を買い取り、リフォームして販売する「中古住宅再販」で圧倒的なシェアを誇るカチタス。地方都市で一戸建てを中心にビジネスを展開する同社の取り組みから、空き家問題解決と地方活性化のヒントを解説いただきます。

6月

講師:

7月

講師:

8月

講師:

9月

講師:

10月

講師:

11月

講師:

12月

講師:

1月

講師:

2月

講師:

3月

講師:

▼過去の定例勉強会

2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度