• 一覧
  • 定例勉強会
  • 緑陰セミナー
  • 海外視察旅行
  • サンプル映像

活動内容

定例勉強会

向研会の定例勉強会は、著名人を招いた講演会兼名刺交換会ではなく各社にとっての経営課題を研究するための、メンバー参加型の勉強会となっております。テーマによっては各分野の専門家や海外の経営者もゲストに招き、質疑応答やディスカッションを通じて議論を深めていくというスタイルをとっております。

▼2021年度

4月

『教育問題 ~日本の三大問題②~』

講師:大前 研一

日本の教育水準が低下している。
PISA2018の結果では、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの全てで前回の結果を下回り、世界大学ランキング2021では国内首位の東京大学でさえ36位と低迷している。
世界中で尖った人材を巡る競争が激化するなかで、日本が21世紀型の人材を輩出するための教育とはどうあるべきか、国内外の事例を交えて検討いたします。

5月

『21世紀のセールス・マーケティング戦略』

上記テーマにて、4名の講師に御講演いただきます。


◆名古屋

『0次流通を活かした新商品創出方法』

講師:中山 亮太郎 氏(株式会社マクアケ 代表取締役社長)
https://www.makuake.co.jp/

従来、新商品を生み出すことはリスクが高く成功させるには大きなコストが必要となります。
売れるか定かではない中で在庫を用意しなければならず、知ってもらうためには大きな広告コストが必要でした。
また、実績のない新商品の販路拡大は中小企業やスタートアップどころか大企業にとっても至難の技です。
一方で、作る前の商流である0次流通のオンライン化が進み、これらの新商品創出のリスクとコストを大幅に下げることが可能となりました。
今回はその活用方法や成功例を紹介していきます。


◆大阪

『ライブコマースとソーシャルバイヤーを活用した中国越境ECの最前線』

講師:三重野 将大 氏(株式会社ロクトーナ 代表取締役)
https://www.roctona.com/

中国のECサービス市場は200兆円超と世界でも圧倒的1位の規模となっており、特に近年は日本企業でも本格的な貿易による参入だけではなく、越境ECという形で中国進出を進める企業も出てきております。
ロクトーナではその越境ECでの中国進出をサポートするサービスを提供しており、「ライブコマース」や「ソーシャルバイヤー」などのキーワードとともに、中国越境EC事情について当社のサービスを交えて紹介させていただきます。


◆福岡

『中国越境ECで戦うために知っておくべきこと』

講師:小滝 浩哉 氏(アリババ株式会社  社長室 新規事業開発担当部長/アリペイジャパン株式会社 執行役員 事業企画)
https://www.alibaba.co.jp/

独自の発展を遂げ、いまや世界最大のEC市場となった中国は、世界で最も競争の激しい市場でもあります。
世界中の企業がしのぎを削る厳しい環境の中で戦い、巨大市場の購買力を自社の成長に取り込むために必要となる、徹底したモバイルファースト、ライブコマース、OMOなど、中国ならではのECトレンドを、コンパクトにまとめて紹介いたします。


◆東京

『DXで世界をカイゼンするために必要な事』

講師:須藤 憲司 氏(株式会社Kaizen Platform 代表取締役)
https://kaizenplatform.com/

これからの経営の重要なキーワードとなっている、DX(デジタルトランスフォーメーション)。
8年前、シリコンバレーで起業して当時は言葉も存在しなかったDXの市場をどのように捉えて、どんな事業を行なってきたのか?
800社を超える大企業のDXのプロジェクトを様々な形でサポートしてきた中で見えてきた具体的な事例とその効果インパクトについてわかりやすく解説します。
そこから見えてきた日本のDXの現実とその解についてお伝えいたします。

6月

『国民国家問題(新・地域国家論)~日本の三大問題③~』

講師:大前 研一

長期化するコロナ禍が低迷する日本経済に追撃を与えている。
日本政府による大型の経済対策は何も効果が出ていないが、21世紀はメガリジョンの時代であり、国土の均衡ある発展は不可能である。
地方問題のあるべき姿について、国内外の事例を交えて検討致します。

7月

『脱炭素社会におけるエネルギー新潮流』

講師:大前 研一

いま、世界はエネルギーの一大変革期に突入しています。
石油をはじめとした石化エネルギー中心の需給構造から、低炭素、分散、デジタル化へと"パラダイムシフト"が加速しています。
日本は、こうしたエネルギーの新潮流に対していかに取り組むべきか、企業にはどのようなビジネスチャンスがあるのか、国内外の事例を交えて検証致します。

8月

講師:

9月

講師:

10月

講師:

11月

講師:

12月

講師:

1月

講師:

2月

講師:

3月

講師:

▼過去の定例勉強会

2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度