人事部(人材育成・制度担当者) 開催終了

【10/7(木)オンライン(参加無料)開催】 人事担当者こそ学びたいリベラルアーツとは

 

ニューノーマル時代に必要な学びとは何でしょうか。

ニューノーマル時代は、「想定していた今後のキャリアや今まで積み上げてきたキャリアが短期間のうちに崩れ去ってしまう状況」といえ、キャリアショックの時代でもあります。

例えばAIでなくなる仕事や生まれる仕事があり、未知の感染症が働き方を変える時代です。

このような状況で進化した専門性がないと勝てないビジネスモデルが増えている一方、一つの専門性を長期に深掘りすると足元をすくわれることもあります。

 

いま求められるのはプロフェッショナルであり、キャリア自律だといえます。

その基盤となるのが理系と文系を統合した「リベラルアーツ」です。

リベラルアーツの学びを通して、物事の本質を理解し普遍性の高い発想の引き出しを増やし、自身の世界観形成につなげていくことがあらゆるビジネスパーソンに必要です。

 

まずは、人事ご担当者様からいまビジネスパーソンに必要とされるリベラルアーツの理解を深めてみませんか。

開催概要

開催日時 2021年10⽉7⽇(木) 12:00~13:00
会場

本セミナーはZOOMで開催いたします

受講料 無料
申込み期限 2021年10⽉7⽇(木) 10:00まで
主催

株式会社ビジネス・ブレークスルー

お問い合わせ リベラルアーツ六観講座 liberalarts@bbt757.com
備考

本ページからの参加お申込は、人事部の方、研修企画をご担当されている企業の方が対象です。

同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております。

 

【お申込の際にご注意ください】

メールアドレスの入力間違いが発生しています。

お申込フォームからセミナーへのお申し込みが完了すると【受付完了メール】が送信されます。

【受付完了メール】が届かない場合は、お申し込みが完了しておりません。

その場合は、お手数をおかけいたしますが、再度お申し込みをお願いいたします。

お申し込み完了後のお問い合わせは、上記【受付完了メール】へ返信にてお問い合わせ頂ければ幸いです。

登壇者紹介

  • 高橋 俊介
    慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授
    高橋 俊介
    東京大学工学部航空工学科卒、日本国有鉄道勤務後、プリンストン大学院工学部修士課程修了。
    マッキンゼーアンドカンパニーを経て、ワイアット社(現在 Willis Towers Watson)に入社、1993 年代表取締役社長に就任。その後独立し、ピープルファクターコンサルティング設立。
    2000 年 5 月より 2010 年 3月まで、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授、同大学 SFC 研究所キャリア・リソース・ラボラトリー(CRL)研究員。
    2011 年 11 月より現職。個人主導のキャリア開発や組織の人材育成の研究・コンサルティングに従事。
    著書に、「21 世紀のキャリア論」(東洋経済新報社、2012 年)、「人が育つ会社をつくる」(日本経済新聞出版社、2012 年)、「自分らしいキャリアのつくり方」(PHP 新書、2009 年)、「プロフェッショナルの働き方」(PHP ビジネス新書、2012 年)、「ホワイト企業」(PHP 新書、2013 年)などがある。
一覧へ戻る
bullet_right icon_tel icon_tel