人材育成担当者向け

【5/21(金)オンライン(参加無料)開催】 「ライトつけます!デジタル人材のリベラルアーツ」シリーズ 第2回
実践事例「変われる組織」と「変われない組織」の違い(ITプレナーズ主催)

 

本セミナーは、株式会社ビジネス・ブレークスルー(BBT)のグループ会社であるITプレナーズジャパン・アジアパシフィック(ITPJ)主催「ライトつけます!デジタル人材のリベラルアーツ」シリーズ(全6回)の第2回です。

新型コロナウィルスのパンデミックを受けて、この一年間で多くの組織が業務の見直しや組織変革を余儀なくされました。

キーワードは「リモートワーク」です。

このセミナーでは、スピーカーが昨年関わった2つの小規模非営利組織で、一方は組織変革に失敗し他方は成功した事例を紹介し、成功と失敗の差を分けた要因はどこにあったのかを「サービスマネジメントの4つの側面」を中心としたITIL®4のコンセプトを使って分析します。
 
【対象者】

DXの進め方に関心のある方、ITIL®/ITSMに関心のある方
※企業の人材育成や研修企画ご担当者様を対象とします。同業の方、個人の学習目的の方はご遠慮ください。

 

【ITIL®について】

ITIL®とは、ITを「技術」ではなく「経営資源」として捉え、どのようにマネージすべきかについて、世界中の成功事例をリサーチした結果を体系化したフレームワークです。

したがって、ITIL®はITをテーマとして取り上げているけれども、技術論は一切含まれていません。このような考え方を「ITサービスマネジメント(ITSM)」といいます。

このITSMという考え方は、実は、さまざまな企業・団体が体系化して発表していますが、その中で全世界に広く普及しデファクト・スタンダードになっているのがITIL®です。

 

基本的に、ITIL®は業種・業態、規模、国籍、業務がグローバル展開しているか否かに関係なく適用できるフレームワークと言われています。

特に導入が進んでいるのは、組織内の情報システム部門、ITベンダー、SIerです。

日本では、情報システム部門のリソースが不足していることが多いことから、これまではITベンダー、SIer中心に導入が進んでいると言われています。ただし、DXがIT以外の企業の業績においても重要なファクターとして位置付けられるにつれて、注目されることが増えてきています。

 

【スピーカー紹介】

渡辺義明

株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

テクニカルエキスパート & 認定インストラクター

ITIL®を中心とするITマネジメント分野のインストラクター。妻ひとり、わんこ一匹(シー・ズー)とともに千葉県に在住。
ITIL® v2マネージャ、ITIL® v3エキスパート、ITIL® 4 MP

セミナーに参加する

開催概要

開催日時 2021年5⽉21⽇(金) 13:30~14:30
会場

ウェブ会議システムZoomを使用します

受講料 無料
申込み期限 2021年5⽉20⽇(木) 09:00まで
主催

本セミナーは、株式会社ビジネス・ブレークスルー(BBT)のグループ会社であるITプレナーズジャパン・アジアパシフィック(ITPJ)が主催します

セミナーに参加する
一覧へ戻る
bullet_right icon_tel icon_tel