close

自分のキャリアを切り拓くための武器としてMBA取得を決意。実際に、キャリアチェンジ・アップも実現しました。(修了生/南田千華さん)

今回の記事は、2016年4月に開催された第2回「MBAと女性のキャリアを考える。」にご登壇いただいた受講生・修了生の方々にお話いただいた内容をまとめたものになります。立場や置かれているご状況が異なる4名の方々にご登壇いただきましたが、今回はその中から、外資系製薬会社の営業所で所長を務められている南田千華さんのお話をご紹介したいと思います。

マネジメントや出張などでご多忙な日を過ごされている南田さん。どのような理由でMBA受講をお考えになられたのでしょうか?実際に学んでいく中で苦労したことは?そして、学びが修了後にどのような成果につながっているのでしょうか?

Q&A形式でその内容をご紹介したいと思います。

Q.現在のお仕事の内容・MBA取得をお考えになられたきっかけについてお話をいただきたいと思います。

A.私は現在、外資系製薬会社で12人の営業所の所長をしています。それまでは出版社、ワイン会社で営業をしていて、それから今の製薬会社に転職をして現在に至ります。

ただ、もともと望んで営業をやりたかったわけではありませんでした。最初は何か資格を活かす仕事をしたかったのですけども、私が大学生の頃は就職氷河期だったこともあってなかなか思うように就職活動がうまくいきませんでした。

それで、「君は性格的に営業向きだよ。」なんて言われてしょうがなく営業やったというのが自分のキャリアの始まりでした(笑)。ただ、営業自体はすごく楽しくて、現在の製薬会社では何年かやっていく中で、営業成績が全国1位になったこともありました。

それでも、自分のキャリアについては悩みます。そうした中で、「営業やりたくてやっているわけじゃないよね」「じゃあ、私は何をすることができるのだろう」ということを考えたときに、「そもそも会社はどういう仕組みで成り立っていて、どのように動いているか?」「この社会はどういう風に成り立っているのか?」ということをそもそも自分は知らないということに気が付いて、まずそれを1から勉強してみたいと考えるようになりました。

それを知っていることで、自分が次に何かやりたいと思ったときの準備ができるのではないかと。そのための武器を身につけようと考え、MBA取得を目指すに至りました。

実際に学んでみて特に面白いなと感じたのがマーケティングです。社内でも勉強していることについて話をしているうちに、機会を頂きチャレンジしてみることに。マーケティング部は花形部署として非常に人気がありますが、無事に異動することができ、その後しばらく糖尿病の領域でマーケティングをやっていました。その時も、Bond-BBT MBAで学んでいて本当に良かったなとしみじみ思いました。

Bond-BBT MBAを選んだ理由としては、オンラインでできるということ、時間的制約が少ないということが挙げられます。また、当時は広島にいたのですが、広島でMBAを学ぶためには当時、会社を辞めてどこかに通うか、オンラインでやるか、どちらかしか選択肢がありませんでした。

オンラインで受講することができるプログラムはいくつかあったのですが、コストパフォーマンスとしてはBond-BBT MBAが非常に良いのではないかと考え、決断しました。

Q.毎日が忙しくて出張なども多いかとおもいます。そのようなご多忙の中、どのように工夫をして仕事・プライベート・勉強を両立されましたしょうか?

A.入学したときは営業をしていたのですが、最初はあまりにも仕事とBond-BBT MBAの宿題の多さのバランスを取ることが大変で、モチベーションを保つためにも自分にご褒美をあげながらやることにしていました。

朝はそれまでよりも1時間早く出勤して、出社する前にカフェで朝ごはんとスイーツを食べながら勉強することで、自分のテンションを上げていました。

あと、営業だったので隙間時間をうまく調整していました。他にも、車の中に付箋を貼ったりですとか、一人暮らしだったのでテーブルとかに付箋いっぱい貼って勉強している内容を覚えながらご飯を食べたりもしていました。電車で移動中もイヤホンで映像講義を視聴するなど、ありとあらゆる細切れの時間を全て勉強に充てていましたね。

ただ、遊ぶのも大好きだったので、受講中も朝までカラオケに行ったりもしていましたし、そのようなとき土曜日は昼まで寝るけれども、それ以降はすべて勉強時間に充てるなどメリハリをつけながらやっていました。

そうはいっても、マーケティング部に異動した最初の頃は、ほぼ毎日徹夜で会社にいるような状態。さすがにその頃は勉強することが難しかったので、履修はお休みをしていましたね。そして、また時間ができてきたら一気に履修が進むという状況でした。仕事に合わせて履修スケジュールを調整することができる点が、オンラインで学ぶことのメリットになるかと思います。

Q.修了してから今までを振り返ってみて学んだことが仕事に活きたと感じたことはございますか。具体的なエピソードがございましたら、お聞かせください。

A.世俗的かもしれませんが、まずMBA取得を目指すと伝えたことがきっかけでマーケティング部に移動することができたこと、そして修了したのち課長になったことですね。MBA取得が社内異動、昇進をする上でプラスになったと感じる出来事です。もともと、投資したものは取り返したいと感じていたので、良かったです(笑)。

また、一緒に勉強する人たちからも時間の効率的な使い方、物事の考え方や論理的な話し方なども非常に勉強になったのですが、今でも一番財産になったなと感じているのは、ネットワークが広がったことですね。

いろんな会社の方と社会人になってから深く知り合うことってなかなかないと思います。Bond-BBT MBAで学んでからはそのような人とのつながりもできて、半年に1回くらいは顔を合わせてお酒を飲んで、「最近どう?」「何をやっているんですか?」などと話をする機会がとても増えてきていて、そういった場で交流することも自分の刺激になります。その中で忘れていた知識を引っ張りだして、「あ、こんなことあったな。」「そういえばこのフレームワーク、使えるかも!」みたいなこともあります。

オンラインMBAで本当にネットワークができるのかと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、オンラインだからこそSkypeで飲み会やったりとかいろんな楽しみとかありますし、こうやってオンサイトでお話をしたり飲み会をやったりという楽しみもあります。

きっかけは様々、それをどう活かすか。(Bond-BBT MBA事務局より)今回の記事はいかがでしたでしょうか?

MBAを取得したから何かが変わるわけではありません。それはあくまでもひとつの武器であり、きっかけです。それをどのように活かすかは、取得された方次第なのではないでしょうか。

ご自身のキャリアに向き合ったときに疑問にぶつかり、それを乗り越えて新たなチャレンジをするときの武器を得たいという目的でMBA取得を決意した南田さん。決意を語り、実際に行動を起こし、成果を上げていらっしゃったことが評価され、キャリアチェンジ・キャリアアップを実現されていきました。それもご本人の努力の、そしてチャンスを逃がさない行動力の賜物なのではないでしょうか。

現在もお忙しい日々を過ごされている南田さん。よく学び、よく遊ばれ、ますますご活躍されていくことを心からお祈りしています!

BOND-BBT MBA TOPへ

bond02

イベントカテゴリー