各キーワードの間に" and "か" "(空白文字)を入れるとAND検索となり、検索文字すべてが含まれる動画がヒットします。
各キーワードの間に" or "を入れるとOR検索となり、検索文字のいずれかが含まれる動画がヒットします。
表示順  | 配信日の新しい順  | 配信日の古い順  | 関連度の高い順
9件中 1 - 9件目
会社分割制度
これからの時代、自由市場においては、事業毎に自己責任の原則に基づいた経営が求められています。そのなかで企業の組織再編を促進する分社・分割制度とはどのようなものでしょうか。分社・分割制度によって何が可能になったのでしょうか。今回は、鉄鋼業界、コンビニエンスストア業界にスポットをあてて、分社・分割制度を解説していきます。

村藤 功 九州大学経済学研究院 副研究院長、産業マネジメント専攻(九州大学ビジネススクール)専攻長 教授
2000/11/24 配信  収録時間: 60.0分
関連検索: 村藤 功

村藤 功

"会社分割制度"に関連するスライドが4枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
会社分割制度の概要と問題点
平成13年4月に施行された会社分割法は、多機能で応用のきく法律であり、日本のM&Aを進める上で大きな影響を持っている。
基本的には株式で対価を支払う新型の営業譲渡であるが、株主総会の特別決議を経ることで、権利義務の承継が自動になるというメリットがある。また同時に施行された企業再編税制や労働継承法も、会社分割制度をバックアップしている。
ただし同制 ...続きを読む

服部 暢達 服部暢達事務所 代表取締役/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授
2003/07/25 配信  収録時間: 60.0分
関連検索:マネジメント講座M&A 服部 暢達
マネジメント講座M&A
服部 暢達

"会社分割制度"に関連するスライドが2枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
株式交換制度
バブル崩壊後の不況の長期化により、企業が持つ資産の価値が減少しています。資産を売却しようと思っても、これまではなかなか簡単にはできませんでした。株式交換制度は会社分割制度と並ぶ、日本企業で組織構成の自由度を高める手段の一つです。日本企業の組織構成の自由度を高めて、最適なものにすることにより、金融ビックバン・会計ビックバンの進展に対する対応や日本企業の国際的競 ...続きを読む

村藤 功 九州大学経済学研究院 副研究院長、産業マネジメント専攻(九州大学ビジネススクール)専攻長 教授
2000/10/27 配信  収録時間: 60.0分
関連検索: 村藤 功

村藤 功

"会社分割制度"に関連するスライドが1枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
株式交換制度の概要と問題点
株式交換制度は、少数株主の強制排除を初めて認めた制度であり、その後に続くM&Aに関する法律改正のエポックメーキングとなるものであった。1999年10月の施行前後より多くの日本企業がこの制度を利用してM&Aを行っている。しかし、同制度には様々な問題点も存在する。
株式交換制度の概要を説明するとともに、アメリカの制度との比較を交えながら、同制度を用いたM& ...続きを読む

服部 暢達 服部暢達事務所 代表取締役/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授
2003/06/27 配信  収録時間: 60.0分
関連検索:マネジメント講座M&A 服部 暢達
マネジメント講座M&A
服部 暢達

"会社分割制度"に関連するスライドが1枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
世界と日本のM&A市場動向/主なM&A手法の比較
日本企業も、M&Aを経営の基本選択肢として考えなければならない時代がきた。今や、日本のM&A市場は、グローバル化を中心とする経営環境の変化により、日本企業同士や外資の参入も含め、全方位で活況を呈している。
今講座ではゴールドマン・サックスで豊富な実務経験を持つ講師が、日本市場の近年の変化やM&Aの考え方、進め方などを平易に説明する。さらに、日本で行うこ ...続きを読む

服部 暢達 服部暢達事務所 代表取締役/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授
2003/04/25 配信  収録時間: 60.0分
関連検索:マネジメント講座M&A 服部 暢達
マネジメント講座M&A
服部 暢達

"会社分割制度"に関連するスライドが1枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
企業価値評価の基本コンセプト/株式公開買付制度の概要と問題点
M&Aは支配権の移転と株主価値の向上を目的に行われるものである。したがって、M&Aを実際に行うためには、企業価値を評価する基軸を持つ必要がある。
今講座では、M&Aにおける企業価値評価の基本コンセプト、およびバリュエーション(事業価値評価)の基本コンセプトについて概要を説明する。さらに各論として、公開買付(TOB)制度の概要を紹介し、その具体的プロセス ...続きを読む

服部 暢達 服部暢達事務所 代表取締役/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授
2003/05/23 配信  収録時間: 60.0分
関連検索:マネジメント講座M&A 服部 暢達
マネジメント講座M&A
服部 暢達

"会社分割制度"に関連するスライドが1枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
日本のM&A雑感
日本のM&Aニーズはますます高まりを見せており、今後、M&A案件が飛躍的に増加することは間違いないと思われる。ここ数年間に行われた商法改正などにより、法制上は環境整備が進んできたといえるが、先行する欧米などと比べるとまだ多くの問題点が見受けられる。
これまでの6回の講義で、様々な制度上の問題点を指摘していたが、最終回の今回は、M&A期間の問題や、連結経 ...続きを読む

服部 暢達 服部暢達事務所 代表取締役/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授
2003/10/24 配信  収録時間: 60.0分
関連検索:マネジメント講座M&A 服部 暢達
マネジメント講座M&A
服部 暢達

"会社分割制度"に関連するスライドが1枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
M&A意思決定メカニズム
M&Aは企業の支配権の移転により株主価値の増大を目指す取引であるから、買収後のEPS(1株あたり利益)の変動が、買収の意思決定要素となる。そのEPSの値は、買手と売手のPER(株価収益率)に大きく影響される。
今講座では、株式による買収資金調達と借入金による買収資金調達のケースをとりあげ、それぞれの場合のPERとEPSの関連を詳しく検証する。また、LB ...続きを読む

服部 暢達 服部暢達事務所 代表取締役/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授
2003/08/22 配信  収録時間: 60.0分
関連検索:マネジメント講座M&A 服部 暢達
マネジメント講座M&A
服部 暢達

"会社分割制度"に関連するスライドが1枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
敵対買収とその防衛策
敵対的買収とは、買収会社が自分で資金を持ち、株主価値を向上させる確かな根拠をもって対象会社を買収する方法である。世界的にも、経済危機などにより株価が下落し、外国人株主が増加した環境下では、敵対買収が増加する。日本でも、本格的な敵対買収の時代がやってくることは間違いない。
今講座では、敵対買収に対する防衛策と対抗手段を紹介し、その中でもポイズン・ピルと呼 ...続きを読む

服部 暢達 服部暢達事務所 代表取締役/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授
2003/09/26 配信  収録時間: 60.0分
関連検索:マネジメント講座M&A 服部 暢達
マネジメント講座M&A
服部 暢達

"会社分割制度"に関連するスライドが1枚見つかりました。
他のスライドも表示
サムネイル(クリックすると画像を拡大表示します)
<< 前の10件 1 次の10件 >>
キーワード