ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
大前研一アワー > 大前研一アワー28

【小笠原敏晶氏対談】


概要:
ゲスト:株式会社ニフコ代表取締役社長 小笠原敏晶氏

数多くの役職・肩書きを持つ国際派ビジネスマンであり、世界 的な工業用ファスナーメーカー株式会社ニフコの代表取締役社 長である小笠原敏晶氏をゲストに迎え、大前研一との対談を お届けします。ニフコ設立の経緯から、製品の紹介、業界ナ ンバーワンまで成長した要因、その強さの秘密と21世紀の 戦略などを語ります。ここでは起業家・実業家としての小笠原氏 のパイオニア精神、経営哲学にせまります。また、‘日本人の 国際性について’をテーマに、小笠原氏によるジャパンタイムズ の再建、英語を中心とした多国籍語放送・FM放送設立の経緯と その意図を明かすとともに、日本人の国際性についての議論を 展開します。さらに、教育者の立場から、‘日本の教育制度’に ついて、国際化の重要性と21世紀における日本の大学の在り 方、さらにBBTのMBAプラグラムを支援する所以を語ります。

ニフコの強さの秘密、パイオニア精神など、小笠原氏の経験をもとに紹介していきます。

ニフコ設立

53年  日英物産設立
60年代 プラスチック製ファスナーを輸入
67年  日本工業ファスナースタート
77年  新生ニフコスタート
83年  台湾進出
95年  レック子会社化       
96年  シモンズ買収 ジャパンタイムズ子会社化

 

●ニフコの強さの秘密

ニフコは一般大衆にはあまり知られていない、隠れた巨人です。バックル、ソフトタッチのダンパーなど非常に身近な製品を作っていてニフコの製品からは1mも離れられないほどです。ニフコの核となるものは、常に顧客の満足を原点として次々に新製品を作っていく事です。今では、自動車・家電製品などにおいて、それがなくては組立てられないぐらいになっています。小笠原氏の人的コネクションで世界中から新製品を見つけてきて、それについて金を出すと言う、ベンチャキャピタルのような意味合いも持ちます。

 

●パイオニア精神とは

ニフコの成功の秘訣は、いい技術屋を持っている事と、顧客のどの望みを解決するのが使命なのかということを常に考え、徹底的に消費者のニーズを満たしてきた事です。発明が常に企業発展の鍵になっています。オーストラリアの自動車産業への進出、ITWとの合弁、街形成のデイベロッパー等常にビジネスチャンスを生かし、新しい分野に進出していく嗅覚を持つことが重要。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 小笠原敏晶氏対談
00: 03: 17 小笠原氏の略歴・主な役職
00: 05: 26 主な役職(続き)
00: 08: 12 ニフコの概要
00: 35: 09 ニフコの事業の歩み
00: 47: 53 ニフコの売上高、売上構成比
01: 14: 15 TOEFLの平均点と受験者数(97-98年)
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント/ビジネス・ブレークスルー大学学長
マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。スタンフォード大学院ビジネススクール客員教授(1997-98)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)公共政策大学院総長教授(1997-)。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長。ビジネス・ブレークスルー大学学長。豪州BOND大学教授。

世界を代表する企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーを務めるなどの国際的な活躍、東日本大震災後の東京電力原子力改革監視委員会委員を務めるなど社会への貢献、世界各地で発刊された経営や経済に関する400冊以上の著書の執筆などが評価され、現在も精力的に活動を続けている。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)