ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 Information Technology > ITライブ83:根来龍之

【ITを活用したサービスビジネス02】
ゲスト:佐藤治夫氏(株式会社スタッフサービス・ホールディングス取締役経営企画室IT担当)


概要:
 サービス産業は、提供するサービスそのものでの差別化が困難である。このため差別化戦略の一貫としてITを導入している企業が増えている。
 今回は人材派遣業で急成長している「スタッフサービス」のIT戦略担当である佐藤氏を招き、同社のIT活用のキーポイントになっている「2時間人選」によるスピード経営の、導入前、導入後の変化を中心に話してもらう。
 1981年に創業したスタッフサービスは、人材派遣業界では後発ながら、2004年3月現在の登録者数は約105万人、取引先数が約47万件、事務スタッフ派遣分野ではナンバーワン企業の位置にある。人材派遣業は、自社で製品(派遣人材)を生産するわけではないし、登録人材が流動的なため、品質管理が困難な業種である。スタッフサービスでは、2000年にサービスを開始した「2時間人選」と、2001年に開始した「Arrival25」サービスなどにより、顧客・登録人材双方への派遣対応の定量化されたスピードさを付加価値として、トップシェアを守り続けている。
 「Arrival25」とは、顧客から人材派遣の要請の電話やメール等を受けた時点から25分以内に、同社の営業マンが顧客先にArrival(到着)するシステムである。定量25分という到着時間を明確に示すことで、スタッフサービスは顧客に対して安心感を与え、素早い対応が高い評価を得ている。このシステムのプラットホームは営業マン各自が携帯しているPDAを基本としているが、時と場合に応じて、携帯電話、メールを使い分けている。かつ、顧客への電話が途中で切れる失礼を回避するため公衆電話も利用している。
 人材派遣の契約が成立した場合、今度は「2時間人選」のシステムが活躍する。営業マンがPDAに入力した人材の条件は、即時にスタッフセンターに伝えられ、センターでは人材のデータベースをもとに検索と絞り込みを実施、該当する登録人材に即時に連絡する。
 同社のITを使ったこうしたシステムの開発にあたっては、メモもマウスも使わず無駄な時間を徹底的に排除した操作性を最重要視した。また、日々の業務で気づいた操作性の弱さなどは常にチェックを加え、サーバ容量変更など、システムそのものも進化し続けている。スタッフサービスでは「過剰」とも思えるサービスを提供しているが、ITの活用により、それがコスト増に反映されていないことが大きな特徴だと言える。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 ITを活用したサービスビジネス
0.0: 1.0: 49 ITを活用したサービスビジネス
0.0: 3.0: 7 佐藤治夫 氏プロフィール
0.0: 3.0: 29 スタッフサービスグループ概要
0.0: 4.0: 0 スタッフサービスグループ沿革
0.0: 6.0: 23 人材派遣の基礎知識
0.0: 7.0: 43 人材派遣業の特色
0.0: 9.0: 31 「スタッフサービス」の強さの秘密
0.0: 9.0: 38 売上推移
0.0: 10.0: 22 稼働実績累計推移
0.0: 11.0: 51 累積登録者数推移
0.0: 12.0: 59 売上成長率推移
0.0: 14.0: 6 派遣業界シェア
0.0: 14.0: 30 スタッフサービス競争戦略のポイント
0.0: 20.0: 18 営業システム概要① Arrival25
0.0: 23.0: 50 システム構築の原理原則‐IT化前半
0.0: 24.0: 27 システム構築の原理原則‐IT化後半
0.0: 27.0: 31 NCPシステム
0.0: 28.0: 56 IT活用のポイント「2時間人選」
0.0: 34.0: 37 営業システム概要② 2時間人選
0.0: 42.0: 13 人選の原理原則‐IT化以前
0.0: 50.0: 14 システム構築の原理原則‐IT化前半
0.0: 51.0: 5 システム構築の原理原則‐IT化以後
0.0: 55.0: 4 @working
0.0: 56.0: 8 本日のまとめ1
0.0: 58.0: 36 本日のまとめ2
講師紹介: 根来 龍之(ねごろ たつゆき)
早稲田大学IT戦略研究所所長/商学部・大学院商学研究科教授
1952年三重県生まれ。京都大学卒業(社会学専攻)。慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。鉄鋼メーカー、英ハル大学客員研究員、産能大学、文教大学などを経て、現職。ビジネスモデル学会ネットビジネス研究分科会座長。CRM協議会研究委員会委員長。Systems Research誌Editorial Board。Systems Practice誌International adviser。
専門はシステム方法論、情報システム論、戦略経営論の統合分野。

『根来 龍之』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大橋 麻美子

Copyright(c)