ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1104

<国際情勢>プーチン氏、ウクライナ東部に軍派遣指示 停戦合意崩壊
<新型コロナ関連>英、感染隔離の義務撤廃へ コロナ共生策
<ビジネス>オムロン、JMDC出資 1100億円で33%


概要:
*ウクライナ東部/ロシア・プーチン大統領が東部ドネツク及びルガンスクの親ロ派独立を承認。平和維持へ軍部隊派遣も認める
*ウクライナ軍事侵攻/ロシア軍がウクライナ侵攻開始。チェルノブイリ原発制圧、首都キエフに地上部隊を展開
*ゼレンスキー大統領/ロシア軍による拉致作戦を未然に阻止。2時間に1回ペースでビデオメッセージ
*停戦交渉/ロシア大統領報道官が”ウクライナが交渉を拒否”と報道。ウクライナの中立化、非武装化、政権の責任追及など迫る
*ロシア情勢/プーチン大統領が大国復活を狙う。モルドバ、ジョージアなどロシア系住民保護で紛争介入の歴史
*ロシア・プーチン政権/プーチン氏の偏った歴史観。”ウクライナはレーニンとその同志がロシアの歴史的領土を切り離してつくった”
*NATO/ストルテンベルグ事務総長が”ウクライナに兵士送る計画ない”。アメリカがドイツに7000人規模を派遣へ
*米国世論調査/”トランプ大統領ならロシア軍の侵攻なかった”62%。”バイデン氏を見透かしたため”59%
*トランプ前大統領/”ウクライナ東部の独立承認は天才的な一手”。”私が大統領だったら、こんなことには ならなかった”
*米国情報戦/プーチンを混乱させるバイデンの心理戦。偽装旗作戦、通信途絶、ハッキングなど機密情報を放出
*仏ロ関係/面目つぶされた仏が一転、プーチン氏を激しく批判。マクロン氏が”プーチン氏は二枚舌も停戦仲介を用意”
*ロシア経済制裁/米国、英国、EUがロシア銀行をSWIFTから排除。ロシア中銀の外貨準備利用阻止も
*独ロ関係/独ショルツ首相がガスパイプライン「ノルドストリーム2」の認可手続きを停止
*原油価格/2月24日にWTI先物が一時1ドル=100.54ドルに。ロシアからの原油供給不安で約7年7カ月ぶり高値
*欧州企業/仏「ルノー」がモスクワ工場の生産を停止。独「VW」も主力2工場を停止。「住友電気工業」「JT」なども停止
*ウィーン・フィルハーモニー交響楽団/米カーネギーホールツアーで指揮者・ゲリギエフ氏が急遽交代。ロシア出身でプーチン大統領とも親しい関係
*アフリカ水資源/ナイル川上流の大エチオピア・ルネサンスダムで最初のタービンが発電開始
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「FRONTEOの経営者」だったら、どうするか?
*医療制度改革/日経新聞、日本経済研究センターが緊急提言まとめ。医療提供体制の再構築、医薬イノベーションの促進などが柱
*英国新型コロナ対策/感染隔離の義務を撤廃。ワクチン接種が進み、重症者、死者は増えず
*豪新型コロナ対策/海外から渡航者の全面的受け入れを再開。2回目のワクチン接種が条件
*セブン&アイHD/「そごう・西武」売却に複数ファンドが応札。全国10店舗の一括売却で2000億円以上を希望
*オムロン/医療データ分析の「JMDC」(日本医療データセンター)に出資。発行済み株式の33%を1118億円で取得
*アンモニア合成/広島大・宮岡准教授ら触媒不要の合成手法を開発。水素の貯蔵、輸送手段としてアンモニアに注目
*大学教育/大学横断で理数系育成へ。文系、理工系大学3~5校で協調体制、相互の科目受講、単位認定可能に
*国内出生数/2021年の出生数は84万2897人。前年比3.4%減少で6年連続で過去最少
*韓国出生率/2021年の合計特殊出生率は0.81。30代女性の婚姻数減少などが要因
*インサイダー取引/米国SECがイーロン・マスク兄弟を調査。弟キンバル氏が前日に約120億円の「テスラ」株を売却
*世界ユニコーン数/ユニコーン企業が世界に1000社。フィンテックなど躍進で2020年末比7割増加
*フォルクスワーゲン/子会社「ポルシェ」のIPOを検討。時価総額は「フェラーリ」(約5兆円)を超える見通し
*ステランティス/2021年12月期は純利益が約1兆7000億円。仏「PSA」と欧米「FCA」が統合で2021年1月発足
*中国BYD/2021年新車販売台数で米「テスラ」上回る。「王朝シリーズ」の価格帯は約270万円
*車載電池大手/「エンビジョンAESCグループ」が航続距離1000キロのEV電池を量産
*石油化学大手/タイ「インドラマ・ベンチャーズ」がチェコ「UCYポリマーズ」を約8億8400万円で買収
*インド株式市場/インド国営生命保険会社(LIC)が3月上場。スマホ決済「ペイティーエム」など大型上場の株価は低迷
*中国アリババ集団/2021年10-12期の売上高は前年同期比10%増加で上場以来で最低に
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1104
00: 07: 21 ウクライナ東部
00: 09: 03 ミンスク合意
00: 09: 40 親ロ派が分離したウクライナの現状
00: 11: 38 ウクライナ軍事侵攻
00: 14: 38 ウクライナにおけるロシア軍が占拠した地域
00: 15: 04 ロシア軍が攻撃した主な民間施設(2月24日)
00: 15: 24 ブダペスト覚書
00: 18: 00 ウクライナ・ゼレンスキー大統領
00: 19: 40 停戦交渉
00: 20: 51 ロシア情勢
00: 21: 37 ウクライナの民族構成
00: 21: 46 ウクライナ主要地域の民族構成比
00: 23: 25 ソ連併合後のエストニア・ラトビアの人口変化とその影響
00: 24: 15 バルト三国の人口に占めるロシア人の比率
00: 26: 36 ロシア・プーチン政権
00: 27: 07 ロシア・ソ連支配下になるまでのウクライナの歴史
00: 39: 39 NATO
00: 42: 31 米世論調査
00: 43: 24 米トランプ前大統領
00: 45: 07 米情報戦
00: 45: 52 仏ロ関係
00: 47: 14 ロシア経済制裁
00: 49: 27 ロシアルーブルの米対ドル・対円での騰落率
00: 51: 11 独ロ関係
00: 51: 37 ドイツとロシア間のガス・パイプライン
00: 52: 35 原油価格
00: 53: 28 原油価格・WTI先物の推移
00: 54: 36 欧州企業
00: 56: 46 ウィーン・フィルハーモニー交響楽団
00: 59: 01 アフリカ水資源
00: 59: 35 エチオピアのダム周辺図
01: 01: 07 RTOCS
01: 01: 32 会社概要
01: 02: 10 FRONTEOのコアテクノロジー:自然言語解析AI「KIBIT」
01: 02: 51 FRONTEOの事業展開およびAI開発のあゆみ
01: 03: 26 リーガルテックAI事業の概要
01: 04: 11 AIソリューション事業の概要①:ビジネスインテリジェンス
01: 05: 18 AIソリューション事業の概要②:ライフサイエンス
01: 05: 54 新規事業の概要:経済安全保障ソリューション
01: 07: 08 FRONTEOの売上高構成
01: 07: 30 FRONTEOの事業別売上高
01: 07: 55 FRONTEOの地域別売上高
01: 08: 05 FRONTEOの事業別営業利益
01: 08: 28 FRONTEOの現状と課題
01: 09: 09 方向性1.共同開発パートナー・販売パートナーの強化
01: 09: 58 方向性2.経済安全保障ソリューションの強化
01: 10: 34 方向性3.GAFAMと提携
01: 21: 02 サンヨー食品
01: 22: 47 フィンランド情勢
01: 22: 56 かつてのフィンランド領カレリア地方周辺図
01: 30: 45 医療制度改革
01: 32: 51 英新型コロナ対策
01: 33: 21 日本と英国の新型コロナウイルス感染者数
01: 34: 13 豪新型コロナ対策
01: 34: 42 豪州の輸出品・サービス
01: 36: 36 セブン&アイHD
01: 37: 01 西武・そごうの主要店舗の売上高
01: 37: 43 セブン&アイHDの主なセグメント別業績
01: 38: 42 オムロン
01: 40: 50 JDMC
01: 41: 56 アンモニア合成
01: 42: 32 アンモニアの製造方法
01: 43: 43 大学教育
01: 44: 26 国内出生数
01: 44: 54 日本の婚姻件数の推移
01: 45: 05 日本の出生数と死亡数の推移
01: 45: 16 母の年齢別出生数の推移
01: 46: 16 韓国出生率
01: 46: 53 各国の合計特殊出生率の推移
01: 48: 04 インサイダー取引
01: 48: 51 テスラの株価推移
01: 49: 03 世界ユニコーン数
01: 49: 17 国別のユニコーン企業数
01: 50: 01 日本のユニコーン企業
01: 50: 22 独フォルクスワーゲン
01: 50: 56 フォルクスワーゲンの主なブランド別販売台数
01: 51: 28 フォルクスワーゲンの主なブランド別業績
01: 52: 52 ステランティス
01: 54: 22 中国BYD
01: 55: 07 車載電池大手
01: 55: 49 石油化学大手
01: 57: 09 インド株式市場
01: 57: 44 国別の生命保険料収入額
01: 58: 08 中国アリババ集団
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント/ビジネス・ブレークスルー大学学長
マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。スタンフォード大学院ビジネススクール客員教授(1997-98)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)公共政策大学院総長教授(1997-)。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長。ビジネス・ブレークスルー大学学長。豪州BOND大学教授。

世界を代表する企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーを務めるなどの国際的な活躍、東日本大震災後の東京電力原子力改革監視委員会委員を務めるなど社会への貢献、世界各地で発刊された経営や経済に関する400冊以上の著書の執筆などが評価され、現在も精力的に活動を続けている。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)