ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1098

<国際情勢>米LNG輸出、世界一に
< 経 済 > 東証プライム、1841社上場 基準厳しく 新陳代謝狙う
<ビジネス>三菱地所、都心ビルで住宅賃貸


概要:
*トンガ諸島/海底火山が大規模噴火。首都ヌクアロファから北に60キロのフンガ・トンガフンガ・ハアパイ火山
*訃報/海部俊樹氏(91歳)が死去。1989年8月に首相就任。湾岸戦争の戦費負担130億ドル、小選挙区導入など取り組む
*世界10大リスク/1位:ゼロコロナ政策の失敗、2位:巨大ハイテク企業による支配、3位:米国中間選挙
*中国情報統制/情報サービス管理規定改訂案を発表。正しい政治的方向性、世論誘導などアプリ提供企業に要求
*南シナ海情勢/米国務省が中国の主張に関する報告書で南シナ海の大半で違法な海洋権益を訴えている
*北京冬季オリンピック/韓国・文大統領が中国・習近平国家主席との首脳会談を新型コロナで困難と判断
*韓国大統領選/「国民の力」尹・前検事総長が妻の経歴詐称などの混乱で選挙対策委員会を解散刷新
*米国液化天然ガス/米国がLNG輸出量で世界首位。採掘技術向上、欧州向け輸出が増加
*カザフスタン情勢/トカエフ大統領が新首相にスマイロフ氏を任命。CSTOが撤収を開始
*ローマ教皇フランシスコ/バチカン一般謁見で”子どもを持たずにペットを飼うのは身勝手”。SNSに多数の批判
*世界企業/2021年の世界のM&Aはコロナ後睨む再編で実行額が前年比64%増加で約680兆円に
*アップル/EVへの参入観測による成長期待などで、時価総額が一時3兆ドルに
*トヨタ自動車/2021年米国市場で新車販売台数が233万台で首位に。90年間首位の米「GM」抜く
*テスラ/「モデル3」など合計47万台超をリコール。「モデルS」は走行中に前方トランク開く恐れ
*メルセデス・ベンツ/1000キロ走行可能なEVコンセプト車を発表。2030年までのEV投資は約5兆2000億円
*みずほFG/次期社長に木原正裕執行役。システム障害再発防止、顧客の信頼回復目指す
*東証再編/「プライム」には1841社が上場。東証一部の8割強が移行、上場基準厳格化で新陳代謝狙い
*共通資格制度/地方公務員に共通資格。公務員の能力、実績、スキル証明で転居時の再就職を簡略化
*日立製作所/ジョブ型雇用を全社員に拡大。「日立建機」の保有株の約半分を売却へ
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「株式会社コークッキングの経営者」だったら、どうするか?
*J・フロントリテイリング/名古屋市の賃貸マンション建設など不動産開発に300億円投じ、賃貸住宅に参入
*三菱マテリアル/廃基板取引システム「MEX」で回収業者との取引が円滑化。金、銅、パラジウムなど再資源化が拡大
*キリンHD/中国「華潤集団」との合弁事業を解消。合弁会社の全持ち分を中国系ファンドに約1000億円で売却
*イスラエル情勢/日本からの投資額が過去最高。2021年は前年比2.9倍の約3400億円
*100円ショップ/「イオン」が子会社「キャンドゥ」の国内店舗数を2000店へ
*世界新型コロナ感染者数/1週間の感染者数が世界で1500万人超。中東、湾岸諸国も感染者が急増
*国内新型コロナ感染/東京都・小池知事が”感染症法上の分類5類への変更検討すべき”。現在は結核と同じ2類相当
*イギリス情勢/ジョンソン首相がロックダウン中にパーティー出席で謝罪。国民に不快感与える
*英国王室/エリザベス女王の次男アンドルー王子から役職剥奪。性的虐待疑惑で米国裁判所が審議入り
*臓器移植/米メリーランド大学で豚の心臓移植手術が成功。人体が拒絶反応起こさないよう遺伝子操作、 ドナー不足で研究進む
*アプリストア/「アップル」がApp Storeで外部決済サービスを容認へ。「グーグル」も当局と協議
*米国ゲーム大手/「テイクツー・インタラクティブ」が「ジンガ」を約1兆4600億円で買収
*フォルクスワーゲン/中国「ファーウェイ」と提携を検討。自動運転技術開発で中国販売のテコ入れへ
*世界造船大手/EU当局がLNG運搬船の寡占化懸念で「現代重工」の「大宇」買収を認めず
*英ユニリーバ/英「グラクソ・スミスクライン」の大衆薬事業買収へ、約7兆8000億円提示で交渉
*ブラックロック/2021年末の運用残高が約1140兆円を突破。株高でETFに資金が集まる
*ベインキャピタル/「大江戸温泉物語」の全株式を米「ローン・スターグループ」に売却
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1098
00: 20: 13 トンガ諸島
00: 22: 29 訃報
00: 25: 37 世界10大リスク
00: 26: 14 ユーラシアグループが指摘する世界の10大リスク
00: 28: 15 中国情報統制
00: 29: 49 南シナ海情勢
00: 31: 12 領有権争いが生じている南シナ海の島
00: 32: 24 中国の南シナ海における動向
00: 32: 26 仲裁裁判所の判決骨子
00: 32: 29 南シナ海と日本のシーレーンのイメージ
00: 33: 23 北京冬季オリンピック
00: 35: 00 韓国大統領選
00: 36: 11 韓国大統領選候補の安哲秀(アンチョルス)氏
00: 39: 46 米液化天然ガス
00: 40: 32 主要国の天然ガス輸出量
00: 48: 23 カザフスタン情勢
00: 50: 15 ローマ教皇フランシスコ
00: 52: 00 世界企業
00: 53: 42 米アップル
00: 54: 07 アップルの株価推移
00: 54: 14 東証一部とGAFAMの時価総額
00: 55: 11 トヨタ自動車
00: 56: 44 米テスラ
00: 59: 06 独メルセデス・ベンツ
01: 00: 50 みずほFG
01: 02: 43 東証再編
01: 03: 19 東証における新区分の主な基準
01: 03: 38 東証における市場区分ごとの上場企業数
01: 08: 49 共通資格制度
01: 13: 34 日立製作所
01: 17: 08 RTOCS
01: 17: 35 会社概要
01: 18: 05 食品ロス(フードロス)とは=食べられるのに捨てられてしまう食品
01: 18: 35 コークッキング社の事業概要
01: 19: 31 「TABETE」のサービス概要
01: 19: 45 「TABETE」の収益モデル
01: 19: 55 「TABETE」の実績
01: 20: 05 「TABETE」のマッチング件数およびマッチング率
01: 20: 25 「レスキューデリ」のしくみ
01: 20: 43 「レスキューデリ」の収益モデル
01: 21: 04 「レスキューデリ」の導入実績
01: 21: 38 コークッキング業績推移
01: 21: 56 食品ロス(フードロス)削減関連サービスの全体像
01: 22: 29 コークッキング(TABETE)の事業領域
01: 22: 41 食品ロス削減サービスの業界マップ
01: 23: 19 海外フードシェアリングとの比較
01: 24: 30 食品ロス市場概算額
01: 24: 57 コークッキング(TABETE)の課題
01: 25: 17 コークッキング(TABETE)の方向性
01: 26: 26 案1.資金調達(Zホールディングスへ出資依頼)
01: 26: 40 案2.資金調達(リクルートへ出資依頼)
01: 26: 48 案3.中食フードロス削減PF強化
01: 27: 02 案3.中食フードロス削減PF強化
01: 27: 29 案4.食品サプライチェーンの総合フードロス削減PF化
01: 35: 13 J・フロントリテイリング
01: 37: 09 三菱マテリアル
01: 38: 24 キリンHD
01: 39: 45 中国ビール市場におけるシェア
01: 40: 20 イスラエル情勢
01: 40: 52 国別のユニコーン企業数
01: 41: 47 イスラエルのユニコーン企業
01: 42: 11 100円ショップ
01: 42: 35 100円ショップ上位4社
01: 44: 02 世界新型コロナ感染者数
01: 44: 32 一日当たりの新型コロナ感染者数
01: 45: 05 国内新型コロナ感染
01: 45: 15 感染症法の対象となる感染症の分類
01: 47: 10 イギリス情勢
01: 48: 04 英王室
01: 50: 31 臓器移植
01: 52: 02 アプリストア
01: 53: 03 米ゲーム大手
01: 53: 33 テイクツー・インタラクティブ
01: 54: 22 独フォルクスワーゲン
01: 55: 00 世界造船大手
01: 55: 45 世界の造船企業別の竣工量
01: 56: 25 英ユニリーバ
01: 57: 41 米ブラックロック
01: 58: 25 米ベインキャピタル
01: 59: 22 ベインキャピタルの日本での投資事例
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント/ビジネス・ブレークスルー大学学長
マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。スタンフォード大学院ビジネススクール客員教授(1997-98)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)公共政策大学院総長教授(1997-)。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長。ビジネス・ブレークスルー大学学長。豪州BOND大学教授。

世界を代表する企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーを務めるなどの国際的な活躍、東日本大震災後の東京電力原子力改革監視委員会委員を務めるなど社会への貢献、世界各地で発刊された経営や経済に関する400冊以上の著書の執筆などが評価され、現在も精力的に活動を続けている。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)