ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
社会変革型リーダーの構想力 > 社会変革型リーダーの構想力 59

社会変革型リーダーの構想力 対談
ゲスト:髙原幸一郎氏(株式会社NearMe 代表取締役社長)


概要:
社会のあらゆる「もったいない」を解決し、サステナブルで活き活きとした未来を実現することをミッションに、地域の資産や人々の瞬間的ニーズをマッチングし、地域活性化プラットフォームを目指している株式会社NearMe。ニアミーは、タクシーをシェアすることで、既存の公共交通手段を補完する新たな移動サービス展開している。今回、代表取締役社長の髙原幸一郎氏をゲストにお招きし、その構想力と構想をどのように実現しているのか伺う。
髙原氏は、2001年にSAPジャパンへ新卒入社し、国内外の様々な業界の業務改革プロジェクトに従事。2012年楽天に入社し、2015年からは米グループ会社の副社長/取締役としてPMI(Post Merger Integration)や事業開発、仏グループ会社CEOなどを歴任。2017年にドアツードアの移動問題に取り組み社会問題の解決に貢献したいという思いから日本に帰国し、株式会社NearMe(ニアミー)を創業。2018年からシェアリングエコノミーのMaaS(Mobility as a Service)サービスを複数展開している。

ニアミーの事業内容は、リアルタイム位置情報のインターネットサービスで、AIを活用したマッチング&相乗りサービスを展開し、ドアツードアの移動に関する課題解決を図っている。ドアツードアの移動の課題は、高齢化が進んだエリアの移動、観光地や空港での混雑、事故や災害時の代替輸送手段不足、終電や終バス後の移動などがある。マッチングとAIのテクノロジーで課題を解決し、既存の公共交通手段を補完する新たな移動サービスとして、タクシーをシェアする移動で第4の公共交通機関を目指している。

ニアミーのビジネスモデルは、コロナ対策・密回避で安全性を確保し、1人でタクシー乗るよりお得な価格設定で、乗り継ぎなし・荷物の負担なしで利便性が高い。また事前決済ができ多言語対応したWeb・アプリを活用し、簡便に利用ができることが特長で、バスとタクシーのいいとこ取りの新たな移動サービスとなっている。 観光シャトルでは観光需要の喚起し、通勤シャトルでは安心・安全やSDGs・エコに取り組み、ゴルフシャトルでは新たなスポーツのスタイルを提案し、地域シャトルで移動手段の維持を図っている。

髙原氏にとっての構想力とは「ビジュアル化と実現までのストーリーの構築力」で、ビジョンや思いを共有し易く見える化し、そこに行くまでの道であるストーリーとの組み合わせが構想力ではないかと語った。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 社会変革型リーダーの構想力#59 社会変革型リーダーの構想力 対談
00: 01: 05 社会変革型リーダーとは?
00: 02: 38 自己紹介
00: 13: 44 会社概要
00: 14: 11 多様で経験豊富なメンバー
00: 14: 26 地域の資産や人々の"瞬間的ニーズ"をマッチングし、地域活性化プラットフォームを目指す
00: 14: 42 "ドアツードア"の移動に関する課題は多い
00: 16: 56 【再掲】地域の資産や人々の"瞬間的ニーズ"をマッチングし、地域活性化プラットフォームを目指す
00: 17: 14 供給側のタクシーは、ポテンシャルがあるのに「もったいない」
00: 17: 47 タクシーをシェアする移動で第4の公共交通機関を目指す!
00: 18: 04 ポジショニング(1)
00: 18: 20 ポジショニング(2)
00: 18: 38 マッチングやAIを活用して最適なルーティングで効率送迎できるサービスを展開
00: 21: 12 スマートシャトルのポジショニング:現存の公共交通手段を補完する新たな移動サービス
00: 22: 28 ビジネスモデル
00: 23: 49 nearMe.のスマートシャトル
00: 24: 20 5つの利用ステップ(1)
00: 25: 12 5つの利用ステップ(2)
00: 27: 30 リリース後の実績
00: 27: 51 ゆとりのあるミニバン以上の車両を使用、密を回避し安心・安全な移動体験を実現
00: 28: 23 成長を支える業務DX:スケールしやすい「1-Click相乗り配車」を実現
00: 29: 48 どこでも(ドアツー)ドア化計画
00: 30: 54 メディア掲載実績(抜粋)
00: 31: 13 最近の事例(1/3)JAL・ANAとマイレージ連携
00: 31: 20 最近の事例(2/3)JAL・南紀白浜エアポートとの協業
00: 32: 47 最近の事例(3/3)
00: 50: 05 実現したい未来:習慣としてシェアが当たり前なドアツードア移動
00: 59: 02 ズバリ、あなたにとっての構想力とは?
講師紹介: 朝比奈 一郎(あさひな いちろう)
青山社中筆頭代表(CEO)

1973 年4 月23 日東京都生まれ
東京大学法学部卒業、ハーバード大行政大学院修了(修士)
経済産業省でエネルギー政策、 インフラ輸出政策などを担当。
アジア等の新興国へのインフラ・システム輸出では省内で中心的役割を果たす。
小泉内閣では内閣官房に出向。特殊法人・独立行政法人改革に携わる。
外務省「世界の中の日本:30 人委員会」委員。(2006 年)
「プロジェクトK(新しい霞ヶ関を創る若手の会)」初代代表。

『朝比奈 一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)