ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
社会変革型リーダーの構想力 > 社会変革型リーダーの構想力 57

社会変革型リーダーの構想力 対談
ゲスト:岡田陽介氏(株式会社ABEJA 代表取締役CEO)


概要:
日本で初めてディープラーニングを専門的に取り扱うベンチャー企業である株式会社ABEJAは、テクノプレナーシップと呼ぶ精神を基に、テクノロジーを社会に実装することによりインパクトのある社会貢献を図り、リベラルアーツでその行為を問い続け、来るべき世界へ向け多くの産業に価値を提供している。今回、代表取締役CEOの岡田陽介氏をお招きし、いかに大きな構想を持ち、その構想をどのように実現しているのか伺う。
岡田氏は、10歳からプログラミングを始め、高校でコンピュータグラフィックスを専攻し、愛知工業大学情報科学部に在学中に株式会社響を設立し取締役CTOに就任。ITベンチャー企業を経て、2012年に日本で初めてディープラーニングを専門的に取り扱うベンチャー企業である株式会社ABEJAを設立した。

ABEJAは、スペイン語でミツバチという意味で、受粉のプロセスで食物連鎖の根本を担い社会に欠かせない存在になる願いを込め、ゆたかな世界を実装することをコーポレートフィロソフィーとしている。世界で初めての小売業向けディープラーニングベースSaaSをリリースした。小売業向けのみならず、ダイキン工業やNVIDIA、SAPジャパンと業務提携、Googleより資金調達するなど多くの産業に価値を提供している。

ABEJAではテクノプレナーシップの精神を大事にしており、テクノロジーでイノベーションを実現してインパクトのある社会貢献をする姿勢と、リベラルアーツで自らの行為を問い続ける姿勢、その両者の円環を推進する原動力のアントレプレナーシップが重要だという。テクノロジーが産業や経済だけでなく、生活レベルでも大きな変化をもたらし、テクノロジーを正しく使うため、広く文化を学びイノベーションで世界を変える事を大事にしている。

岡田氏の人生の師は徳山詳直氏で、徳山氏は京都造形芸術大学と東北芸術工科大学を創設した人物で、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学後朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから数回にわたり逮捕・拘留された獄中で吉田松陰の留魂録を読み墓前で「昭和の松下村塾」を作ることを誓い大学を創設した。徳山氏の影響を受け、リベラルアーツで自らの行為を問い続ける姿勢やリーダーシップを学び、テクノプレナーシップの精神を大切にしているという。

岡田氏にとっての構想力は「違和感を感じること」で、違和感に慣れてしまい忘れてしまわず、違和感を突き詰めていくことが大きな構想力に繋がると語った。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 社会変革型リーダーの構想力#57 社会変革型リーダーの構想力 対談
00: 01: 04 社会変革型リーダーとは?
00: 02: 13 岡田 陽介
00: 22: 30 ゆたかな世界を実装する
00: 23: 22 資料(1)
00: 25: 11 “Technopreneurship” テクノプレナーシップ(1)
00: 25: 24 “Technopreneurship” テクノプレナーシップ(2)
00: 26: 02 “Technopreneurship” テクノプレナーシップ(3)
00: 27: 04 “Technopreneurship” テクノプレナーシップ(4)
00: 27: 06 “Technopreneurship” テクノプレナーシップ(5)
00: 29: 45 AI導入するポートフォリオを考える
00: 31: 02 通常の導入プロセス
00: 32: 18 ABEJAによる導入プロセス(1)
00: 32: 58 ABEJAによる導入プロセス(2)
00: 36: 56 資料(2)
00: 59: 07 ズバリ、あなたにとっての構想力とは?
講師紹介: 朝比奈 一郎(あさひな いちろう)


『朝比奈 一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)