ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
社会変革型リーダーの構想力 > 社会変革型リーダーの構想力 51

社会変革型リーダーの構想力 対談
ゲスト:佐藤浩也氏(DE-SIGNグループ 代表)


概要:
日本のオフィス業界では設計施工一括請負が標準とされ、設計内容やコスト・品質の妥当性が見えない状況が続いていた。その様な業界を変革し、クライアントのための本質的なワークプレイスを創り、プロジェクトマネジメントを主たる事業として、既存の枠にとらわれない「場」創りに挑戦し続けているDE-SIGNグループがある。今回、代表取締役社長の佐藤浩也氏をお招きし、いかに大きな構想力を持ち、それを実現しているのか伺
佐藤氏は、東京工業大学工学部建築学科卒業後、リクルート入社し、日本オラクル、明豊(現 明豊ファシリティワークス)を経て、1998年に独立起業し、ワーク・インフラ・サポートを設立、リンクアンドモチベーションにプロジェクトマネジメント事業を持ち込む形で参画し取締役に就任。株式会社リンクプレイスを設立し分社化、MBOにより独立、株式会社DE-SIGNグループ代表取締役社長ほか複数の役職を務めている。 1998年の起業を機に、日本のオフィス業界において初めてプロジェクトマネジメントサービスを手掛け、ワークプレイス・ワークスタイルをテーマとしたコンサルティングにて多くの実績を有している。

DE-SIGNは、プロジェクトマネジメントとクリエイティブを二本柱となる機能とし、グループの事業会社で構成されている。グループ会社は、「場」をデザインする株式会社ディー・サイン、オフィスのファシリティマネジメントをデザインする株式会社FaMil、100人超えの企業経営をデザインする株式会社and oneがある。

施設構築プロジェクトにおける役割分担は、設計、プロジェクトマネジメント、B工事・C工事がある。DE-SIGNの役割は、プロジェクトマネジメントのみ、設計のみ、プロジェクトマネジメントと設計の3種類あるという。プロジェクトマネジメントは、専門家を雇うか施主にて担うというのが一般的になっている。B工事は施主の権限で建物全体に関わる工事、C工事はテナント内部の工事など借り主側が行う工事であるが、建物の規模が大きくなってきており、B工事の負担の大きさからプロジェクトマネジメント業者活用が増えているという。

佐藤氏にとっての構想力とは、好奇心をエンジンにした駆動装置。こんなのが生まれたら面白い、こんなことができたら凄いということに対して感度が高い人が、その欲をエネルギーとして、実践するためにひとつひとつを繋げ、ゴールに対して近づけて行くことと語った。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 社会変革型リーダーの構想力#51 社会変革型リーダーの構想力 対談
00: 01: 18 社会変革型リーダーとは?
00: 02: 09 プロフィール
00: 17: 07 DE-SIGNグループの歩み
00: 18: 06 DE-SIGNグループ・ファミリー MAP(1)
00: 21: 11 DE-SIGNグループ・ファミリー MAP(2)
00: 23: 14 Portfolio(1)
00: 24: 55 Portfolio(2)
00: 25: 50 Portfolio(3)
00: 28: 19 プロジェクト(施設構築部分)における役割分担(1)
00: 28: 53 プロジェクト(施設構築部分)における役割分担(2)
00: 29: 16 プロジェクト(施設構築部分)における役割分担(3)
00: 30: 13 プロジェクト(施設構築部分)における役割分担(4)
00: 30: 46 プロジェクト(施設構築部分)における役割分担(5)
00: 32: 21 プロジェクト(施設構築部分)における役割分担(6)
00: 43: 31 【再掲】プロジェクト(施設構築部分)における役割分担(3)
00: 50: 28 【再掲】DE-SIGNグループの歩み
00: 51: 14 【再掲】DE-SIGNグループ・ファミリー MAP(2)
00: 58: 22 ズバリ、あなたにとっての構想力とは?
講師紹介: 朝比奈 一郎(あさひな いちろう)


『朝比奈 一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)