ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1062

<新型コロナ関連>コロナ禍、超過死亡なし 11年ぶり減/感染を抑制 肺炎激減
< 経 済 > 野村、米で2200億円損失か
<国際情勢>パラオ大統領、台湾総統と会談へ


概要:
*小選挙区制度/河村・元官房長官や赤松・衆院副議長らが政治家の質の劣化を指摘。二大政党の交代で政治に緊張感もたらす目標は道半ば
*公職選挙法違反/元法相・河井克行被告が地元議員らへの買収行為認める。議員辞職も表明
*小学校教員/2020年度採用の小学校教員試験は倍率2.7倍で過去最低。ブラック職場のイメージ、高齢教員の大量退職など背景
*選択的夫婦別姓/”賛成”が67%、”反対”が26%。賛成の割合は18~39歳が84%、60歳以上が55%
*ジェンダー・ギャップ指数/日本は156カ国中120位。国会議員(衆院議員)、閣僚、管理職の女性比率が低く
*マイナンバー制度/関連法が成立後の9年間で国費支出の累計は約8800億円。マイナンバーカードの普及、利便性向上など改善に全力
*暗号技術/ICカードに量子暗号。「凸版印刷」と「情報通信研究機構」が2025年の実用化目指し開発。「東芝」「NEC」などが多くの特許を保有
*国内死亡数/コロナ禍で超過死亡なし。2020年死亡数が前年比で9373人(0.7%)減少
*国内ワクチン接種/河野行政改革相がワクチン選択発言は勇み足。小林内閣府大臣補佐官の発言を撤回、陳謝
*英国ワクチン接種/血栓ができた30人中7人死亡。英「アストラゼネカ」のワクチンはこれまで約1810万回接種
*英国新型コロナ治療/退院患者の29.4%が140日以内に再入院。約12%が退院後に死亡、多臓器不全のリスク高い
*仏新型コロナ対策/膜論大統領が3度目の全国ロックダウンを実施。4月3日から最低1カ月間継続
*米国感染者数/CDCワレンスキー所長が感染再拡大を警告。変異ウイルスが拡大、多くの州の行動制限緩和に懸念
*米国ワクチン接種/疾病対策センターが接種完了で旅行認める新指針。ワクチンパスポートが世界で拡大、 米欧では経済再開の切り札
*日米関係/日米首脳会談を4月16日に実施。バイデン大統領の対面会談で菅首相が初の外国首脳に
*台湾・パラオ関係/台湾・蔡英文総統がパラオ・ウィップス大統領と会談。観光往来再開のトラベルバブルで合意
*台湾列車事故/東部花蓮県で特急列車脱線、48人死亡。過去8年間で脱線事故が90回、台湾鉄道のずさん管理に要因
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「東宝株式会社の経営者」だったら、どうするか?
*香港情勢/全人代常務委員会で香港選挙制度の見直し案を可決。候補者が愛国者か審査する資格審査委員会の新設も
*北朝鮮情勢/物資不足で各国外交官らが大量脱出。2020年1月に中朝国境を封鎖、21年2月には金総書記が電力不足明かす
*ミャンマー情勢/ミャンマー国軍が少数民族武装勢力に1カ月間の停戦呼びかけ。国軍が武装勢力の支配地域に空爆
*原発再稼働問題/島根原発2号機が5月にも安全審査に合格見通し。「東北電力」女川原発など他に7基が合格済も再稼働には至らず
*東西電力融通/「中部電力」と「東京電力」が飛騨変換所の運用開始。東日本大震災時の教訓踏まえ、融通能力を210万キロワットに拡大
*野村HD/米国子会社が多額損失の可能性。米国投資ファンド「アルケゴス」がレバレッジ取引で失敗
*近鉄グループHD/大阪、京都など8ホテルを米「ブラックストーン」に600億円規模で売却
*星野リゾートグループ/グランドハイアット福岡を取得。「福岡地所グループ」所有のANAクラウンプラザホテル福岡と等価交換
*国内観光業界/2月の日本人宿泊者数は前年同月比46%減少の延べ1761万人。2020年の国内線利用者数は前年比56.2%減少の4673万人
*KDDI/国内契約者の情報を香港のサーバーで管理。海外ローミングサービス利用者の携帯番号、通信利用量など
*中国テンセント/2020年12月期は連結純利益が前期比71%増加の約2兆6000億円。新型コロナ禍でゲーム、クラウドなど堅調
*ソフトバンクグループ/米「ウィーワーク」が2021年後半にも米国株式市場に上場へ
*三菱重工業/香焼工場を「大島造船所」に譲渡。1972年竣工の大型工場で長さ約1キロメートルの巨大ドック
*日立製作所/米「グローバルロジック」を約1兆円で買収。IoT基盤ルマーダの海外展開を加速
*アプライドマテリアルズ/旧日立系で米KKR傘下「KOKUSAI」の買収を断念。中国独禁法当局の承認得られず
*富士フイルムHD/古森会長兼CEOが退任。2000年に社長就任、「富山化学」など買収で医療事業を拡大
*スシローGHD/2020年12月以降、全店売上高が前年同月上回る。都心攻勢、自動化、非接触など 安心演出で集客
*子育て政策/菅首相が子ども庁の創設を指示。二階幹事長をトップに本部を設置
*スエズ運河/大型コンテナ船の離礁に成功。運河内、両端で足止めの422隻が全て通過
*ジョージア州/MLBマンフレッド・コミッショナーが今季オールスターゲームの開催地を変更。先週制定した投票制限法への反対
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1062
00: 15: 52 小選挙区制度
00: 24: 47 公職選挙法違反
00: 26: 37 小学校教員
00: 29: 46 選択的夫婦別姓
00: 33: 16 ジェンダー・ギャップ指数
00: 33: 59 マイナンバー制度
00: 36: 06 日本における番号制度導入の経緯
00: 38: 55 暗号技術
00: 40: 19 国内死亡数
00: 41: 27 主な感染症による死亡数
00: 42: 15 主な呼吸器疾患での死亡数
00: 42: 51 新型コロナウイルス感染症での年代別死亡者数
00: 45: 00 国内ワクチン接種
00: 47: 33 英ワクチン接種
00: 49: 34 英新型コロナ治療
00: 51: 05 仏新型コロナ対策
00: 51: 47 フランスの新型コロナウイルス感染者数
00: 52: 17 米感染者数
00: 52: 50 米国の新型コロナウイルス感染者数
00: 53: 18 米ワクチン接種
00: 54: 00 主要国の新型コロナウイルスワクチンの接種状況
00: 56: 07 日米関係
00: 57: 09 台湾・パラオ関係
00: 57: 47 パラオ共和国概要
01: 01: 56 台湾と外交関係のある国
01: 03: 04 台湾列車事故
01: 08: 28 RTOCS
01: 08: 54 会社概要
01: 09: 23 東宝 事業別売上高構成
01: 10: 50 国内主要各社 映画興行収入
01: 11: 23 歴代日本公開映画 興行収入 トップ20
01: 11: 58 東宝 売上高・営業利益 推移
01: 12: 14 映画業界の概観
01: 12: 34 国内映画事業大手3社 セグメント別 売上高 推移
01: 13: 20 国内映画事業大手3社 セグメント別 営業利益 推移
01: 13: 47 国内公開映画 興行収集推移
01: 14: 07 国内映画大手3社 売上高・営業利益 推移
01: 14: 17 定額サービス利用率, 国内動画配信市場規模の推移
01: 14: 46 国内 定額制動画配信サービス 市場シェア
01: 15: 30 ハリウッド映画業界で生じている構造的な変化
01: 16: 11 映画事業の競争概況
01: 17: 48 コンテンツビジネスの連関構造
01: 18: 20 日本のアニメ産業市場規模と世界キャラクターのメディアミックス総収益
01: 18: 52 東宝の現状のまとめ
01: 20: 53 方向性(案)
01: 22: 11 具体案
01: 23: 05 具体案:株式会社ゴジラ
01: 33: 24 香港情勢
01: 36: 07 北朝鮮情勢
01: 37: 18 ミャンマー情勢
01: 38: 08 ミャンマーの民族構成と民族分布図
01: 39: 00 原発再稼働問題
01: 39: 30 東西電力融通
01: 41: 35 野村HD
01: 42: 59 近鉄グループHD
01: 43: 40 私鉄の繁栄の連鎖の方程式
01: 44: 12 星野リゾートグループ
01: 46: 04 国内観光業界
01: 46: 27 航空旅客数の推移
01: 46: 38 延べ宿泊者の推移
01: 47: 27 KDDI
01: 48: 28 中国テンセント
01: 49: 07 ソフトバンクグループ
01: 49: 49 三菱重工業
01: 51: 21 日立製作所
01: 52: 09 日立製作所が注力する事業領域
01: 52: 19 グローバルロジック
01: 54: 00 米アプライドマテリアルズ
01: 54: 53 富士フイルムHD
01: 56: 10 スシローGHD
01: 56: 36 スシローとくら寿司の月次売上高の対前年比
01: 56: 40 スシローとくら寿司の連結業績推移
01: 56: 55 スシローとくら寿司の利益(営業利益)構造
01: 57: 53 子育て政策
01: 58: 49 スエズ運河
01: 59: 16 スエズ運河が通行できない場合の問題
01: 59: 29 米ジョージア州
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)