ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1059

<国際情勢>中国の尖閣侵入、名指し批判へ 日米2プラス2の共同文書で
< 政 治 > 被災地、自律回復探る 東日本大震災10年
<ビジネス>グリーンシル破綻申請へ ファンド凍結で


概要:
*東日本大震災/政府が2021年度から5年間を第2期復興・創生期間と位置づけ。農漁業、観光など持続的成長の必要性
*津波防災地域/津波警戒区域は指定の3割どまり。津波の恐れある40都道府県中11府県で地元との合意形成が難航
*日米関係/バイデン政権の対中戦略踏まえ、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)、約7年半ぶりに都内開催へ
*日米豪印連携/日米豪印がクアッド首脳会合を初開催。共同声明で新型コロナ、気候変動などへの取り組み表明
*香港情勢/中国全人代で香港選挙制度の変更を採択。愛国者を主体とした香港人による香港統治の確保
*英匡金融サービス大手/「グリーンシル・キャピタル」が破綻へ向け債務保護申請。「東京海上」が買収した豪「BCC」が保険提供
*世界シリコンウエハー大手/台湾「グローバルウェーハズ」が独「シルトロニック」へのTOB成立。「信越化学工業」に続く世界2位のシリコンウエハーメーカーに
*シンガポール・シー/「ショッピー」の月間平均訪問者数が東南アジア主要6カ国で首位。多額の広告費でシェア拡大を優先
*ブラジル情勢/新規感染者数が8万人超で世界最多。累計感染者数約1100万人で世界2位のインドに迫る
*欧州情勢/英匡変異型ウイルスが、伊・仏で猛威。英医学誌では致死率が従来型より6割高
*イタリア情勢/新型コロナ規制強化策を閣議決定。3月15日から4月6日まで過半の地域をロックダウン
*米国ワクチン接種/バイデン大統領が5月1日までに全希望者にワクチン接種へ。新規感染者数が1月ピーク時の5分の1で7月4日までに生活正常化に道筋
*国内ワクチン接種/政府が6月までに計1億400回分確保へ。厚労省がアナフィラキシーと疑われる事例 が11日までに36件
*第一三共/3月から新型コロナワクチンの治験開始。メッセンジャーRNAを国内勢で初採用、2022年度以降に実用化見通し
*アストラゼネカ/デンマークでワクチン接種を一時停止。接種後に血栓できる事例が複数確認、1人が死亡
*東京五輪・パラリンピック/政府、大会組織委員会、東京都が海外一般客の受け入れを断念へ。海外選手の五輪前合宿自治体の誘致断念が相次ぐ
*メドテック企業/医療DXで「メドピア」が医師向けの悩み解決サイト。「メドレー」がオンライン診療システム
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「スズキ株式会社の経営者」だったら、どうするか?
*総務省接待問題/武田総務相が谷脇総務審議官を官房付に異動。「東北新社」「NTT」から高額接待で 国家公務員倫理規程に違反
*NTT/「ドコモ」立川元社長、「NTT」澤田社長らが総務相当時の野田氏、高市氏を接待と文春オンラインが報道
*東北新社/洋画専門チャンネル「ザ・シネマ4K」の認定取り消しへ。放送法が定める外資規制に違反
*不正署名問題/愛知県・大村知事のリコール問題で偽造署名するアルバイト発注書へのサインを田中事務局長が一切記載せず
*北海道夕張市/「夕張リゾート」の破産手続き開始。中国系「元大」に約2億円売却、香港系ファンドに約15億円で転売
*H I S/新型コロナ禍による業績低迷長期化で2022年度入社の新卒採用を見送り
*藤田観光/全社員の基本給を3月から最大16%削減。コロナ禍による業績悪化で年間約4億円の人件費削減へ
*米国経済対策/1人最大約15万円の現金給付、コロナ対策など約200兆円の経済対策法案が成立
*英国王室/ヘンリー王子夫妻の主張、王室内での子どもへの人種差別発言でエリザベス女王が”真剣に受け止め対処する”
*タイ情勢/プラユット首相が報道陣に消毒液を噴射。失職閣僚の後任問われイラ立ち
*ドイツ原子力政策/2011年5月に脱原発の方針決定、残り6基を22年までに停止
*ゼネラル・エレクトリック/航空機リース事業をアイルランド「エアキャップ」に約3兆2000億円で売却へ
*韓国ネット通販大手/「クーパン」の強みは自前配送、利用者は1500万人。NY市場上場で時価総額が約9兆円
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1059
00: 14: 05 東日本大震災
00: 20: 20 県内総生産の増加率
00: 20: 31 被災3県の産業3部門別の県内総生産増減率
00: 20: 47 被災3県の産業別県内総生産の増減率
00: 21: 26 津波防災地域
00: 26: 42 日米関係
00: 27: 57 尖閣諸島周辺海域での中国公船等の侵入状況
00: 32: 09 日米豪印連携
00: 36: 05 香港情勢
00: 39: 06 英金融サービス大手
00: 40: 18 サプライチェーンファイナンス
00: 41: 02 東京海上とグリーンシルの関係
00: 42: 15 東京海上ホールディングスの株価推移
00: 42: 41 東京海上ホールディングスの業績推移
00: 42: 54 東京海上グループの純利益
00: 43: 17 世界シリコンウエハー大手
00: 43: 47 半導体用シリコンウェハー業界の世界シェア
00: 45: 12 シンガポール・シー
00: 47: 01 ブラジル情勢
00: 48: 03 世界の新型コロナウイルスの感染者数
00: 48: 11 主な国別の新型コロナウイルスによる死亡状況
00: 48: 54 米国とブラジルの新型コロナウイルス感染者数
00: 50: 31 欧州情勢
00: 51: 29 英仏伊の新型コロナウイルス感染者数
00: 51: 56 イタリア情勢
00: 53: 23 国内ワクチン接種
00: 54: 35 米ワクチン接種
00: 56: 06 主要国の新型コロナウイルスワクチンの接種状況
00: 56: 38 第一三共
00: 58: 05 新型コロナウイルスワクチンの種類
00: 58: 06 新型コロナウイルスワクチンの開発状況
00: 58: 08 英アストラゼネカ
01: 02: 06 東京五輪・パラリンピック
01: 07: 35 メドテック企業
01: 08: 30 医療DX関連の主な新興企業
01: 09: 34 RTOCS
01: 10: 28 会社概要
01: 11: 08 スズキの事業別売上構成比
01: 11: 27 スズキの連結業績推移
01: 11: 48 スズキの地域別売上高
01: 12: 23 スズキ 四輪車生産・販売・売上高の地域別構成
01: 12: 54 国内ブランド別新車販売台数
01: 13: 15 スズキの地域別販売台数推移
01: 14: 02 インド新車販売台数シェア
01: 14: 31 スズキの四輪事業業績推移
01: 14: 46 世界自動車販売台数
01: 15: 00 世界自動車グループ販売台数TOP20
01: 15: 29 主要自動車メーカー相関図
01: 16: 22 次世代カーの潮流
01: 16: 42 主要国・都市の「ガソリン/ディーゼル車」禁止目標
01: 17: 22 EV化による産業構造の変化
01: 17: 48 EVにおける新規参入動向
01: 18: 33 世界国・地域別EV販売台数
01: 18: 44 世界EVブランド別販売台数
01: 19: 36 スズキの二輪事業業績
01: 20: 30 世界二輪車販売台数推移
01: 21: 05 日欧米の二輪車販売台数推移
01: 21: 15 世界二輪メーカー販売台数TOP10
01: 22: 53 スズキの現状と課題
01: 23: 09 スズキの方向性(案)
01: 24: 48 方向性1:次世代カーの製造受託メーカ―化
01: 25: 11 方向性2:中国・浙江吉利グループとの統合案
01: 26: 19 方向性2:中国・浙江吉利グループとの統合案
01: 26: 52 方向性3:二輪事業の分社化, 印バジャージオートとの統合案
01: 27: 07 【参考】世界二輪メーカー販売台数TOP10
01: 30: 41 国内テニス選手
01: 32: 14 ホオジロザメ
01: 37: 54 総務省接待問題
01: 39: 09 NTTの大株主
01: 39: 25 日本電信電話株式会社等に関する法律(NTT法)が規定する総務大臣の主な権限
01: 40: 49 NTT
01: 43: 22 東北新社
01: 44: 15 不正署名問題
01: 46: 05 北海道夕張市
01: 48: 59 HIS
01: 49: 27 HISのセグメント別業績
01: 49: 50 HISの旅行事業の分野別売上高の推移
01: 50: 08 藤田観光
01: 50: 42 藤田観光のセグメント別業績
01: 51: 21 米経済対策
01: 52: 30 英王室
01: 55: 07 タイ情勢
01: 56: 08 ドイツ原子力政策
01: 57: 19 ドイツの発電における電源別比率
01: 57: 47 米ゼネラル・エレクトリック
01: 58: 31 韓国ネット通販大手
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)