ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
アントレプレナーライブ 社長伝 > アントレプレナーライブ 社長伝 02

上場企業の社長が上場企業の社長に聞く 社長伝対談
ゲスト:岡本祥治氏(株式会社みらいワークス 代表取締役)


概要:
<この講義には資料はございません> 日本は労働者を保護する考え方や法律があるのに対し、起業家やフリーランスの方を保護するようなものが全くなく、セカンドチャンスを与える考え方もない。起業家やフリーランスのような挑戦しようとしている人にとって厳しい国とも言える。日本を元気にするために挑戦する人を増やす社会インフラを創っている株式会社未来ワークスがある。今回は、未来ワークス代表取締役の岡本祥治氏をゲストに迎え、岡本氏の起業家という人間の真実に迫る。
岡本氏は慶應義塾大学理工学部を卒業後、アンダーセン・コンサルティング株式会社(現アクセンチュア株式会社)に入社、ベンチャー企業を経て、2012年みらいワークスを設立し、2017年東証マザーズ市場へ上場させた。
みらいワークスは、プロフェッショナル人材のフリーランスのマッチング事業や転職支援を展開している。2012年よりプロフェッショナル人材サイト「FreeConsultant.jp」を開始し、2019年に大阪事業所を開設、2020年日本人材機構より「Glocal Mission Jobs」を譲受、株式会社スキルシフトを吸収合併している。
2005年にホリエモンに影響を受け、株式会社アイ・シー・エフへ転職し、経営企画やグループ会社の管理等を行っていた。30歳を前にして自分探しをするようになり47都道府県を全て回る旅に出て田舎へ行けば行く程、素晴らしい食や文化ある一方地方の経済的な衰退に違和感を感じ、「日本を元気にするために会社をやるべきだ」と思いから2007年に株式会社オンサイドパートナーズを設立した。
オンサイドパートナーズでは、営業の成果もあり仕事はもらえるようになったが、一人会社なので全てを捌くことができず、周囲のフリーランスやスタートアップの社長に仕事を紹介したところ、感謝されることが嬉しく、業務を受託し独立プロフェッショナルに再発注するというビジネスモデルができた。 独立プロフェッショナルの方がやりたい3大テーマが、ベンチャー企業と中小企業の支援、地方創生、海外との繋がりであり、独立・起業した個人がそれぞれのやり方で日本を元気にしていてくれる社会が訪れると思い「場」を作る方に特化していったという。
最後に、自分の道を見つけて進んで行く力は、自分の人生を自分で責任を取って物事を進めていくもので、経験は必要なく自分で覚悟を決めることが重要、覚悟を決めると可能性が広がっていくと熱く語った。
講師紹介: 星 知也(ほし ともや)


『星 知也』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:名和田 知加

Copyright(c)