ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1048

<新型コロナ関連>コロナ新薬、日本勢も着々 抗体や幹細胞を活用
< 経 済 > EU、巨大ITに包括規制20年ぶり抜本策 自社優遇禁じる
<ビジネス>日立、海外家電売却、トルコ社と合弁設立


概要:
*世界企業/各国中銀による延命策で債務不履行が世界で倍増。2020年に223社で前年比2倍
*欧州情勢/EU首脳会議は復興基金と中期予算で合意。景気回復へひとまず結束、環境対策、デジタル投資など加速
*ポーランド情勢/EU予算配分に”法の支配”順守条件でポーランドが同意を拒否。EU離脱論に火
*英EU離脱問題/FTA交渉決裂なら仏産チーズに最大40%関税と推計。通貨ポンド売りで輸入インフレに拍車も
*欧州デジタル規制/EUが巨大IT企業に包括規制。デジタルサービス法案でIT大手の規制を厳格化。デジタル市場法案は自社優遇禁止
*グーグル/米10州司法長官が反トラスト法違反容疑で「グーグル」を提訴。広告市場での寡占、「FB」との取引などを問題視
*アップル/全180万のアプリ対象に個人情報の扱いを開示。アプリが扱う個人情報、用途など開発者に 対応求める
*中国ネット企業/「アリババ」「テンセント」系企業に罰金。当局にM&Aの申請なく独禁法違反
*個人情報問題/ネット通販など主要100社中22社でデバイスフィンガープリントを利用。企業のデータ管理に甘さ目立つ
*ベトナム情勢/ベトナムの対米黒字が日本超える。米国財務省が為替操作国に認定
*日立製作所/「日立GLS」の海外事業をトルコ「アルチェリク」に持ち分の6割を約310億円で売却
*韓国・現代自動車グループ/米「ボストン・ダイナミクス」を「SBG」から約910億円で株式取得
*新型コロナ治療薬/「武田薬品工業」が抗体活用で治験が最終段階に。「ロート製薬」が脂肪由来の細胞活用
*国内感染者数/12月17日の全国の新規感染者数は3211人。東京都の医療提供体制最も深刻な" 逼迫している"へ
*観光支援策/政府が「GoToトラベル」を全国で停止へ。12月28日~2021年1月11日の期間で個人の自由な移動は制限せず
*スウェーデン情勢/カール16世グスタフ国王がコロナ対策で”私たちは失敗した”。累計死者数7800人に
*イギリス情勢/ジョンソン首相が新型コロナの変異種の感染力が70%と強い可能性。12月中旬に症例の6割超に拡大
*イタリア情勢/コンテ首相が再び全土で外出制限。12月24日~1月6日の期間で小売店や飲食店など営業禁止
*タイ情勢/10月のホテル客室稼働率が24%で前年同月比65pt減少。コロナで高級ホテルの価格競争が激化
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「Thermo Fisher Scientific Inc.の経営者」だったら、どうするか?
*2020年米大統領選/バイデン氏が全米50州とワシントンで選挙人306人獲得。1月6日の米国議会の集計でバイデン氏勝利が最終確定
*米国議会選挙/上院多数派へ民主・共和が激突。バイデン政権の運営左右。ジョージア州2議席めぐる期日前投票開始
*バイデン次期政権/運輸長官にブティジェッジ氏を指名。前インディアナ州サウスベンド市長
*米中関係/米国商務省が中国「DJI」に事実上の禁輸措置。ハイテク監視技術使った人権侵害
*トルコ情勢/ロシア製地対空ミサイル導入でアメリカ企業の輸出など制限。同盟強化目指す米バイデン次期大統領に試練
*韓国情勢/文在寅大統領が尹検察総長の停職2カ月を承認。秋法相が監察妨害など理由に懲戒請求
*台湾経済/2021年GDP成長率見通しを上方修正。半導体輸出が過去最高水準に
*タタ・グループ/「エア・インディア」買収へ関心表明書提出。落札すれば傘下航空会社で3社目
*中国リチウム大手/リチウムの国際価格下落で「ティエンチー」が債務危機に
*中国・蘇寧グループ/消費のネット移行で環境激変。祖業の家電量販事業は大量閉店、デフォルトの噂も
*関越自動車道/積雪で大規模立ち往生発生。 立ち往生区間16.5キロメートル、最大約2100台巻き込まれる
*ユーグレナ/健康食品会社「キューサイ」を買収へ。「アドバンテッジパートナーズ」などと買収額400億円見通し
*バルミューダ/東証マザーズに上場、時価総額297億8000万円。高級トースターなどで業績伸ばし、ファブレス経営が強み
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1048
00: 20: 56 世界企業
00: 22: 09 欧州情勢
00: 25: 26 ポーランド情勢
00: 26: 38 ポーランドの相手別の貿易量の割合
00: 27: 39 英EU離脱問題
00: 29: 51 欧州デジタル規制
00: 31: 17 EUによるIT大手への規制策
00: 32: 44 米グーグル
00: 35: 05 米アップル
00: 36: 25 アップルのセグメント別売上高
00: 37: 21 中国ネット企業
00: 38: 22 個人情報問題
00: 40: 36 ベトナム情勢
00: 41: 30 米国の主な貿易相手国別の貿易赤字額
00: 41: 42 対米ドルでのベトナムドンの為替レート
00: 42: 01 ベトナムと主な周辺国の直接投資受入額
00: 44: 09 日立製作所
00: 45: 18 日立製作所が注力する事業領域
00: 45: 37 日立の主な事業・グループ会社再編
00: 46: 45 韓国・現代自動車グループ
00: 48: 06 新型コロナ治療薬
00: 52: 26 国内感染者数
00: 53: 29 国内の日毎の新型コロナウイルス感染者数
00: 55: 00 東京都の新型コロナウイルス感染者の治療状況
00: 57: 47 観光支援策
01: 00: 30 スウェーデン情勢
01: 01: 40 スウェーデンの新型コロナウイルス感染者数
01: 01: 56 欧州主要国の新型コロナウイルス感染状況
01: 02: 15 新型コロナ拡大を受けた欧州諸国の主な措置
01: 04: 04 イギリス情勢
01: 04: 46 イタリア情勢
01: 06: 05 タイ情勢
01: 09: 22 RTOCS
01: 09: 55 会社概要
01: 11: 36 Thermo Fisherの事業別売上構成
01: 13: 01 主力事業分野の世界TOP10
01: 14: 05 売上高の各種構成比率
01: 14: 26 Thermo Fisherの売上高と主なM&A
01: 16: 27 Thermo FisherのM&A実績と展望
01: 17: 06 Thermo Fisherの戦略における成功哲学
01: 17: 44 Thermo Fisherの事業別売上高
01: 18: 05 Thermo Fisherの事業別営業利益
01: 18: 31 Thermo Fisherの事業別営業利益率
01: 18: 42 世界分析機器市場見通し:製品分野別
01: 18: 58 世界分析機器市場見通し:地域別
01: 19: 14 世界分析機器市場見通し:国・地域別
01: 19: 25 世界体外診断薬・機器市場見通し
01: 19: 35 Thermo Fisherの新興国展開
01: 19: 52 Thermo Fisherの地域別売上高
01: 20: 00 Thermo Fisherの現状と課題
01: 20: 34 Thermo Fisherの方向性(案)
01: 22: 17 方向性1:MLS(Managed Laboratory Service)案
01: 22: 35 方向性2:機器設備のシェアリング&マッチングサービス(案)
01: 22: 53 方向性3:受託研究・開発サービス
01: 23: 24 方向性4:STEM教育および研究人材紹介・派遣(案)
01: 43: 02 2020年米大統領選
01: 43: 38 選挙人投票の結果
01: 46: 56 米議会選
01: 48: 14 米バイデン次期政権
01: 48: 47 ピート・ブティジェッジ氏
01: 49: 33 米中関係
01: 50: 42 トルコ情勢
01: 51: 12 トルコの武器輸入相手国
01: 51: 21 ロシアの武器輸出相手国
01: 52: 00 韓国情勢
01: 53: 43 台湾経済
01: 54: 33 タタ・グループ
01: 54: 44 タタ・グループの主な事業
01: 55: 13 中国リチウム大手
01: 55: 37 中国・蘇寧グループ
01: 56: 27 関越自動車道
01: 57: 29 ユーグレナ
01: 59: 09 バルミューダ
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)