ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1047

<国際情勢>日米同盟:米国、パートナーの役割全うに期待
< 政 治 > 75歳以上医療費、年収200万円から2割負担
<ビジネス>トヨタ「ミライ」航続850キロに 燃料電池車で新型


概要:
*世界感染者数/感染者数が累計で7000万人超に。2週間で約1000万人増加。死者数は約159万人
*米国感染者数/1日あたりの新規感染者数が約20万人、1カ月で5割増加。ICU利用者数は2万人超
*新型コロナワクチン/世界約1万8000人にオンライン調査で”ワクチンを接種する”が米国で64%。”副作用が心配”は24%
*イギリス情勢/米「ファイザー」のワクチン接種を開始。医療従事者2人にアレルギー反応、英国当局が注意呼びかけ
*スコットランド情勢/スタージョン首相が感染再拡大は旅行が原因。不要不急の旅行自粛を呼びかけ
*国内感染対策/コロナ対策分科会がGoToトラベルの一時停止など提言まとめ。感染拡大続く地域に飲食店の営業時間短縮など
*国内感染者数/1日の感染者数が初の3000人超。東京都(621人)、埼玉県(199人)など過去最高
*高齢者施設/自治体が支援を強化。埼玉県では県内施設1000カ所超を職員が緊急巡回。神奈川県では面会のガイドライン策定
*菅内閣/世論調査で菅内閣を”支持率する”は40%、”支持しない”は49%。GoToトラベルを”中止すべき”は67%
*日米関係/機密共有で中国包囲。米アーミテージ元国務副長官らがパートナーの役割を期待と日米同盟強化へ報告書
*次期戦闘機/「三菱重工業」が開発主体で米「ロッキード・マーチン」が技術支援。2035年配備目指す
*日本国債/新規国債が過去最大の112兆円。フィッチが日本国債格付け見通しを「安定的」から「弱含み」に引き下げ
*医療費改革/菅首相と公明党・山口代表が対象を年収200万円以上で合意。75歳以上の後期高齢者医療費を2割への引き上げ
*医療規制改革/オンライン診療の恒久化は骨抜き。初診はかかりつけ医が限定、診療報酬も対面より低いままの公算
*住宅支援/2021年春にグリーン住宅ポイント制度を開始へ。省エネ性高い新築住宅購入などに最大100万円分ポイント
*国際金融センター/自民党・甘利税制調査会長が税負担軽減に取り組む考え。相続税で海外資産は課税対象外など
*法人税制/移転価格税制による課税強化へ。日本の海外子会社赤字で各国当局が損失計上認めない可能性
*日本学術会議/自民党PTが政府への提言まとめ。2023年までに政府から独立した機関に、運営費は政府が一定支出
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「日本動物高度医療センターの経営者」だったら、どうするか?
*オリンパス/米「ベラン・メディカル」を約353億円で買収。呼吸器向け内視鏡の検査支援システムのベンチャー企業
*トヨタ自動車/新型FCV「ミライ」を発売。航続距離850キロメートルで価格は710万円から
*ソニー/米「イレーションHD」を約1200億円で買収。アニメ配信事業「クランチロール」を運営、世界会員数は約9000万人
*国内鉄道大手/中間決算で大手私鉄16社が赤字。「西武HD」「京成電鉄」はホテル・レジャーと運輸比率が高くコロナの影響が大
*南海電鉄/ホテル、レジャー事業の比率少なく営業黒字。「なんばスカイオ」、トラックターミナルなど 賃貸収入が寄与
*電通グループ/2020年12月期は連結赤字が237億円見通し。海外部門の12.5%、約5800人を削減へ
*藤田観光/「ホテル椿山荘東京」「ワシントンホテル」など運営。40歳以上の社員、契約社員など約700人削減へ
*HIS/2020年10月期連結決算は250億円の赤字。海外人員、拠点を3割削減へ。国内も100店舗削減
*国内寿司大手/「スシロー」は2020年9月期利益が64億5700万円。「くら寿司」は2億6200万円の赤字
*国内新興市場/IT企業の時価総額が3割超。「freee」の時価総額が前年比で2.8倍、「AIインサイド」は5.9倍に
*オフィス空室率/11月の都心5区空室率は4.33%。大企業の本社移転、拠点縮小などで9カ月連続増加
*ブルームバーグ/中国当局が同社勤務の中国人女性を拘束。数カ月前にも中国生まれの豪州人ジャーナリストを拘束
*2020年米大統領選/トランプ陣営が選挙後に約216億円の献金集め。法廷闘争以外の用途も
*中東情勢/イスラエルとモロッコが国交正常化で合意。トランプ大統領が中東和平を外交成果に残す狙い
*フェイスブック/米国連邦取引委員会が独禁法違反で提訴。「インスタグラム」「ワッツアップ」事業の売却求める
*ウーバーテクノロジーズ/自動運転開発子会社「ATG」を米「オーロラ」に売却。空飛ぶタクシー開発部門を「ジョビー」に売却
*テキサス州/イーロン・マスク氏が生活拠点をテキサス州に移転。米「HPE」、「オラクル」も本社を移転へ
*エアビーアンドビー/ナスダック市場に上場。終値時価総額が約10兆4000億円に。「マリオット」「ヒルトン」「ハイアット」の合計を上回る
*ドアダッシュ/米国料理宅配最大手がNY市場に上場。終値時価総額が約6兆2000億円に
*ボブ・ディラン氏/600超の全楽曲を「ユニバーサル」音楽出版に売却。コロナ禍でアーティストの著作財産売却が増加
*英EU離脱問題/英ジョンソン首相が”合意できない可能性高い”。英産業界が国民に交渉決裂の対策求める
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1047
00: 21: 11 世界感染者数
00: 22: 44 世界の新型コロナウイルスの感染者数
00: 23: 09 主な国別の新型コロナウイルスによる死亡状況
00: 23: 37 米感染者数
00: 24: 37 米国での新型コロナウイルス感染者の入院状況
00: 25: 11 新型コロナワクチン
00: 27: 51 新型コロナウイルスのワクチン接種希望の有無
00: 28: 25 新型コロナウイルスのワクチン接種の拒否理由
00: 29: 49 イギリス情勢
00: 30: 52 スコットランド情勢
00: 32: 02 国内感染対策
00: 34: 28 国内感染者数
00: 35: 18 日本国内の新型コロナウイルスによる重症者数
00: 35: 32 都道府県ごとの新型コロナウイルス感染者状況
00: 36: 21 高齢者施設
00: 36: 55 新型コロナウイルスの主なクラスター
00: 39: 39 菅内閣
00: 41: 51 日米関係
00: 43: 13 米国同盟国の防衛費
00: 43: 19 米国にとっての日米安保条約の利点
00: 45: 34 次期戦闘機
00: 52: 01 日本国債
00: 53: 03 医療費改革
00: 53: 51 国民医療費の推移と内訳
00: 53: 57 国民医療費の財源と使用状況
00: 54: 08 一般会計歳出の主要経費の推移
00: 57: 32 医療規制改革
01: 00: 03 住宅支援
01: 03: 18 国際金融センター
01: 05: 07 法人税制
01: 07: 02 日本学術会議
01: 09: 12 RTOCS
01: 09: 45 会社概要
01: 10: 14 飼い主と動物病院の相関図
01: 11: 16 日本動物高度医療センターの事業モデル
01: 12: 08 連携病院への提供サービス
01: 12: 48 二次診療におけるJARMeCの強み
01: 13: 51 JARMeCの沿革
01: 14: 16 JARMeC 業績推移
01: 14: 42 JARMeC 主要KPI:初診件数(紹介数)、総診療件数、手術件数
01: 15: 16 JARMeCの連携病院数推移
01: 15: 37 JARMeCの展開状況
01: 16: 07 ペット関連市場規模
01: 16: 27 ペット飼育頭数推計
01: 16: 50 生活に喜びを与えるもの
01: 17: 25 犬・猫の平均寿命および年齢別年平均診療費
01: 18: 12 ペット保険市場規模推移
01: 18: 20 ペット医療市場規模推移
01: 18: 25 国内の犬登録頭数と将来人口推計
01: 18: 37 JARMeCの現状と課題
01: 19: 08 JARMeCの方向性(案)
01: 20: 30 方向性1:連携病院数拡大案(遠隔システムの構築)
01: 21: 22 方向性2:拠点拡大案(検証)
01: 22: 03 方向性2:拠点拡大案(検証)
01: 22: 39 方向性2:拠点拡大案(札幌・北海道大学連携案)
01: 23: 09 方向性2:拠点拡大案(福岡・イオン連携案)
01: 23: 54 方向性3:多角化(ペット業界の総合サービスプラットフォーム化案)
01: 24: 18 方向性3:多角化(ペット業界の総合サービスプラットフォーム化案)
01: 31: 13 オリンパス
01: 31: 41 ベラン・メディカル・テクノロジーズ
01: 31: 56 オリンパスのセグメント別業績
01: 32: 23 トヨタ自動車
01: 33: 20 主な次世代自動車の特徴
01: 34: 40 ソニー
01: 35: 20 国内鉄道大手
01: 36: 04 鉄道各社の業績
01: 36: 59 南海電鉄
01: 37: 20 電通グループ
01: 38: 20 藤田観光
01: 38: 51 藤田観光のセグメント別業績
01: 39: 49 HIS
01: 40: 17 HISのセグメント別業績
01: 40: 26 HISの旅行事業の分野別売上高の推移
01: 40: 49 国内寿司大手
01: 41: 45 スシローとくら寿司の連結業績推移
01: 42: 36 国内新興市場
01: 43: 11 新興市場の時価総額上位企業
01: 44: 25 オフィス空室率
01: 45: 12 都心5区のオフィスビル平均空室率の推移
01: 46: 05 米ブルームバーグ
01: 48: 06 2020年米大統領選
01: 49: 32 中東情勢
01: 50: 35 イスラエルの主要周辺国との関係
01: 51: 28 西サハラ(旧スペイン領)問題
01: 52: 08 米フェイスブック
01: 53: 00 米ウーバーテクノロジーズ
01: 54: 18 ウーバーテクノロジーズの売上高の内訳
01: 54: 38 ウーバーテクノロジーズのEBITDAの内訳
01: 54: 56 米テキサス州
01: 55: 48 米国の州別の州個人所得税税率
01: 56: 12 参考:米国主要都市のアパート家賃の中央値
01: 56: 34 北米主要都市のIT技術者の給料
01: 56: 45 米主要都市のIT技術者の物価を加味した給料
01: 57: 35 米エアビーアンドビー
01: 57: 49 米国でのIPOによる調達金額ランキング
01: 57: 53 米国のIPOの状況
01: 58: 11 米ドアダッシュ
01: 58: 38 ボブ・ディラン氏
01: 59: 10 英EU離脱問題
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)