ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
社会変革型リーダーの構想力 > 社会変革型リーダーの構想力 46

社会変革型リーダーの構想力 対談
ゲスト:山本冬彦氏(アートソムリエ)


概要:
経営において常識を疑い新たなものを創り出すアートやデザインの人材が注目されるようになった。GoogleやAppleなどはアートやデザインを担当する役員がおり、経営重要な意思決定を担っていますが、日本ではその役割を担う人材が不足しているのが現状です。今回アートソムリエとしてビジネスマンやOLなどへのアート普及の活動や若手作家を支援している山本冬彦氏をお招きし、そのリーダーシップや構想力の原点に関して伺う。
山本氏は、東京大学法学部卒業後、三菱レイヨン、大東京火災(現・あいおい損保)を経て、放送大学理事を最後に隠居。その間30年にわたり毎週画廊を巡り続け、その時々の若手作家の作品を中心に蒐集してきた作品は1800点を超える。画廊ビルとして有名な昭和7年築の銀座奥野ビル内の隠居スペース「銀座の隠れ家」を拠点にアートソムリエとしてアートの普及と若手作家支援のための執筆・講演や企画展を行っており、蒐集作品による「山本冬彦コレクション展」を佐藤美術館(東京)、砂丘館(新潟)、天神山文化会館プラザ(岡山)や各地の画廊で開催している。 著書に「週末はギャラリーめぐり」や「ネットワーキングの方法―ヨコ縁づくりがビジネスマンの仕事と人生を大きくする」がある。

ビジネスにおいてイノベーションが大きな経営課題となるに伴いデザイン思考など、ビジネスパーソンのデザインに対する関心は急速に高まっていますが、日本のアート業界の現状は、高級なイメージが強いアートへの敬遠感や若い作家の発表機会の減少、アートの国際競争力が低下し、映画業界も音楽業界も日本の市場規模は世界2位であるのに対し、日本のアート取引は世界の取引額の1%以下しかないという。

なぜアート取引業界だけ、日本は世界から取り残されているのかという問題意識から、多くの人に芸術作品を身近に感じて欲しい、若手の作家のサポートをしたいという山本氏の想いから、アートに触れてもらえる場の提供し、若い作家の発表の機会を提供、美術雑文集 「隠れ家の暇つぶし」の発行やSNSの運営、文化的素養の必要性 を訴えテレビ・新聞・雑誌に登場するほか、六本木ヒルズなどで画廊巡りツアーを実施しているという。

山本氏は誰かのお役に立ちたいという思いから脇役というか触媒として一歩引くと見えてくるものがあり、構想力とは「一歩引いて誰かのお役に立ちたいという思い(脇役・触媒)からみえてくるもの」と語った。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 社会変革型リーダーの構想力#46 社会変革型リーダーの構想力 対談
00: 01: 07 社会変革型リーダーとは?
00: 01: 43 山本冬彦 経歴(本名:山本勝彦)
00: 26: 54 山本冬彦(Yamamoto Fuyuhiko)アートソムリエ/隠居コレクター
00: 40: 45 多くの人にアートに触れてもらえる場の提供
00: 40: 54 若い作家の発表機会の提供
00: 42: 06 山本冬彦の想い
00: 49: 24 日本のアート業界の現状
00: 50: 47 日本人コレクターは冒険した買い物をしない
00: 58: 54 ズバリ、あなたにとっての構想力とは?
講師紹介: 朝比奈 一郎(あさひな いちろう)


『朝比奈 一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)