ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1034

<国際情勢>チェコ上院議長、台湾議会で異例の演説 関係強化アピール
< 経 済 >「原子力白書」技術者高齢化で人材枯渇 技術継承に不安
<ビジネス>バークシャー、5%を超える商社株を取得-伊藤忠や三菱商など5社


概要:
*新型コロナワクチン/WHOがワクチン投与で慎重な対応を促す。中国とロシアで臨床試験終了前の緊急投与、承認
*自民党総裁選/菅氏、石破氏、岸田氏が出馬表明。菅氏はデジタル庁の創設を検討。石破氏は東京一極集中の是正。岸田氏は分断から協調へ
*国内雇用情勢/7月の有効求人倍率は1.08倍で6年3カ月ぶり低水準。7月の完全失業率は2.9%
*安倍政権/アベノミクスは後半失速。雇用回復、訪日客数増加も物価上昇率、地方創生など成果乏しい
*原子力政策/原子力委員会が2019年度版原子力白書まとめ。原子力分野を希望する学生減少、技術者の高齢化など懸念
*中国原子力政策/原発稼働が世界一へ。稼動中、建設・計画中の原発の総発電容量が1億870万キロワット
*世界中銀/日米欧中銀の資産増加がリーマン後の4倍に。日銀、FRB、ECBで合計約618兆円増加
*世界株式市場/世界株価、時価総額が最高に。8月末時点で約9400兆円、世界の投資マネーがアメリカ株に
*REIT/ホテル、商業施設、オフィス市況の先行き不透明感強く。物流系に資金で進む二極化
*国内商社大手/米「バークシャー・ハサウェイ」が5大商社株を5%超取得。バフェット氏が世界各地で合弁事業を展開
*楽天/三木谷氏が米「リフト」取締役を退任、自社グループの経営に専念。投資損失額を約250億円計上へ
*キャッシュレス決済/1-6月の国内DL数は1位「PayPay」、2位「d払い」、3位「auペイ」で金融アプリが席巻
*オムロン/2017年に継続課金サービス開始、IoTでデータ収集、分析し改善策を提案
*大衆薬事業/「武田コンシューマヘルスケア」の売却で医療用と兼業が薄れる。研究開発費少ない一方、広告宣伝・販促費かさみ収益性低い
*外食支援策/プレミアム付き食事券など9月中に一部開始、感染拡大リスクに懸念。フランスでは賃料や保険料の延期など休業補償を継続
*パソナグループ/東京本社機能を兵庫県淡路島に移転。創業者・南部代表が兵庫出身。経営企画、人事など約1200人対象
*都市ランキング/東京23区で千代田区が3年連続首位。経済・ビジネス、交通・アクセスなど首位
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「株式会社ハウスドゥの経営者」だったら、どうするか?
*世界航空大手/「アメリカン航空」が10月1日に1万9000人削減。「ユナイテッド」は従業員1万6000人削減へ
*独ルフトハンザ/非中核事業の整理・再編など打ち出す。シュポア社長が”コロナ前の成長は人為的だった”
*ウォルマート/「ウォルマート+」を開始。全米4700店舗から生鮮食品、日用品など最短で即日配送
*中国EV市場/1-6月中国販売台数で米「テスラ」が首位。現地生産の「モデル3」が好調、中国政府の補助金減少で地元勢は苦戦
*中国アント・グループ/香港、上海取引所にIPO申請。調達額が約3兆2000億円見通し、「サウジアラムコ」抜き過去最大
*日中関係/抗日戦勝75周年で献花式典。習近平氏が”長期間にわたり平和、友好保つことが両国の利益に”
*台湾情勢/チェコ・ビストルチル上院議長が立法院演説で台湾支持を表明。蔡英文総統と会談
*オーストラリア情勢/政府が地方と外国の協定審査する法案を提出。対立深める中国が念頭か
*オーストラリア経済/4-6月期GDPが前期比7%減少。新型コロナで個人消費、輸出など減少、1991年以来の景気後退
*インド経済/4-6月期GDPが前年同期比23.9%減少。製造、建設、貿易、ホテルなど2桁減少
*トルコ経済/4-6月期GDPが前年同期比9.9%減少。6月に経済活動再開も観光業の回復遅れる
*中東情勢/UAE、イスラエル、米国がアブダビで会談。国交正常化合意は中東の安定、統合、繁栄への勇気ある一歩
*イラン情勢/イラン核合意当事国会合で合意維持を確認。IAEA査察受け入れも
*ロシア情勢/ドイツ政府がナワリヌイ氏に使われた毒物はノビチョクと断定。旧ソ連が軍事用に開発した神経剤
*ベラルーシ情勢/プーチン氏とルカシェンコ氏がモスクワで会談へ。抗議デモのロシア波及回避へ
*米国財政/2020会計年度の財政赤字が前年度比3倍の約350兆円。連邦政府債務はGDP比126%で 過去最悪
*2020年米国大統領選/トランプ氏が”バイデン氏は犯罪行為に弱腰”。バイデン氏が”トランプ氏が暴力を扇動”と治安・人種問題争点に
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1034
00: 21: 12 新型コロナワクチン
00: 22: 35 自民党総裁選
00: 31: 33 国内雇用情勢
00: 32: 02 有効求人倍率の推移
00: 32: 10 完全失業率の推移
00: 32: 22 雇用形態別就業者の対前年同月増減数
00: 33: 42 安倍政権
00: 37: 05 原子力政策
00: 40: 47 稼働中の原発
00: 40: 53 電源別発電電力量構成比の推移
00: 41: 32 中国原子力政策
00: 41: 40 各国保有の原発の出力と基数
00: 41: 58 各国の建設中・計画中の原発基数
00: 43: 06 世界中銀
00: 43: 34 日米欧の中央銀行の総資産残高
00: 44: 21 世界株式市場
00: 47: 22 REIT
00: 48: 48 国内商社大手
00: 49: 21 バークシャー・ハサウェイの主な投資先企業
00: 51: 39 楽天
00: 52: 35 リフトの業績推移
00: 54: 01 リフトの株価推移
00: 54: 14 キャッシュレス決済
00: 54: 56 オムロン
00: 56: 45 大衆薬事業
00: 57: 37 国内OTC医薬品市場シェア
00: 58: 14 世界の製薬会社別の研究開発費
00: 58: 40 世界の製薬会社別の処方薬の売上高
01: 02: 13 外食支援策
01: 04: 39 パソナグループ
01: 07: 53 都市ランキング
01: 09: 22 RTOCS
01: 09: 50 会社概要
01: 10: 15 ハウスドゥのビジネス領域
01: 10: 42 従来型の住宅関連サービス
01: 11: 06 ハウスドゥの住宅関連サービス
01: 11: 23 ハウスドゥの不動産FCビジネス
01: 11: 49 ハウスドゥのビジネス領域
01: 12: 00 ハウスドゥの事業セグメントと収益モデル
01: 12: 53 ハウスドゥ 事業別売上高
01: 13: 10 ハウスドゥ 事業別営業利益
01: 13: 21 FC向け提供サービスおよびFC事業収入内訳
01: 13: 42 ハウスドゥの加盟店舗数
01: 14: 04 ハウスドゥのFC事業業績
01: 14: 16 不動産売買仲介取扱件数ランキング
01: 14: 34 住宅リースバックの基本的な仕組み
01: 15: 16 住宅リースバックと不動産売却仲介の違い
01: 16: 15 住宅リースバック事業者の費用構造(イメージ)
01: 17: 16 ハウスドゥのハウス・リースバック事業の売上構成
01: 18: 00 ハウス・リースバック保有不動産の保有総額・保有件数
01: 18: 29 住宅リースバックへの参入動向
01: 19: 16 各事業の現状と課題
01: 20: 06 ハウスドゥの方向性
01: 20: 49 ハウスドゥ「フランチャイズ事業」の方向性(案)
01: 21: 28 国内リース取扱高推移・大手リース会社売上高
01: 24: 51 サンマ漁獲量
01: 26: 20 サンマの漁獲量の推移
01: 26: 36 台風10号
01: 32: 16 世界航空大手
01: 33: 38 地域別航空会社の売上高の増減比
01: 34: 15 独ルフトハンザ
01: 34: 30 ルフトハンザグループの主な経営指標
01: 35: 25 米ウォルマート
01: 36: 53 中国EV市場
01: 37: 18 中国におけるEV販売のシェア
01: 37: 27 モデル別のEV世界販売台数
01: 38: 39 中国アント・グループ
01: 39: 18 アリババグループの主な事業
01: 40: 11 アントフィナンシャルの主なサービス
01: 40: 33 日中関係
01: 46: 08 台湾情勢
01: 48: 14 オーストラリア情勢
01: 49: 13 オーストラリア経済
01: 49: 45 インド経済
01: 50: 14 インドの新型コロナウイルス感染者数
01: 50: 36 トルコ経済
01: 51: 37 トルコへの入国外国人の推移
01: 51: 50 中東情勢
01: 53: 36 イラン情勢
01: 54: 47 ロシア情勢
01: 55: 34 ロシアに関連した主な暗殺(同未遂)事件
01: 56: 42 ベラルーシ情勢
01: 57: 35 米財政
01: 57: 57 米国の財政収支の推移
01: 58: 12 2020年米大統領選
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)