ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1029

<国際情勢>ワクチン治験 最終段階 モデルナやファイザー、3万人対象
<ビジネス>ANA、営業赤字最大 4~6月1600億円、コロナで乗客急減
< 政 治 > 東京 千代田区長のマンション問題 区長が議会解散の意向を表明


概要:
*訃報/李登輝氏(97歳)が死去。台湾総統を12年間務め民主化、経済発展に尽力
*豪雨災害/最上川が大石田町、大蔵村、大江町など5カ所で氾濫。梅雨前線、低気圧の影響で山形県内に記録的大雨
*日韓関係/慰安婦問題の少女像に謝罪する安倍首相の像設置で菅官房長官が”国際儀礼上許されない”
*少年法改正/自民党が少年法適法年齢を20歳未満で公明党と合意。18~19歳は検察官送致の範囲広げ、実質厳罰化
*マンション問題/東京都千代田区議会が石川区長を刑事告発。所有する部屋が事業協力者住戸、区長が百条委員会で偽証の疑い
*国内新型コロナ対策/政府が感染拡大に4段階(ゼロ散発、漸増、急増、爆発)で対応
*国内感染者数/首都圏以外での拡大が鮮明に。7月12日の24.7% から26日は60.1%に拡大
*東京都/小池知事が飲食店とカラオケ店に時短要請。営業時間は午後10時まで、協力金20万円
*出入国制限/永住者の再入国制限で米欧が日本を問題視。4月3日以降の出国者は原則再入国できず
*アベノマスク/布マスク8000万枚の追加配布は見送り。介護施設などのニーズ踏まえ改めて判断
*新型コロナワクチン/米「モデルナ」が臨床試験で最終段階。米「ファイザー」は世界で計3万人規模の治験
*世界感染者数/世界の約7割で感染が再拡大。軽症者、若者も陽性判明から2~3週間は症状が出る傾向
*米国感染者数/カリフォルニア州の感染者数が全米で最多に。マスク義務化など他州より2カ月遅れ
*イギリス情勢/スペインからの入国者に2週間の隔離措置。スペインの感染者急増で旅行解禁から一転
*オムロン/アメリカでオンライン医療に参入。患者の血圧計測データを電子カルテに自動入力する診療支援システム「バイタルサイト」を提供
*中国EMS/中国「ラックスシェア」が台湾「ウィストロン」の中国工場の一部を買収。iPhone生産に参入見通しで受注競争が激化
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「パーク・コーポレーションの経営者」だったら、どうするか?
*マレーシア汚職事件/米「ゴールドマンサックス」が1MDB汚職で流出のほぼ全額、約4100億円支払い
*ロシア情勢/ハバロフスク地方でフルガル知事の拘束、解任で抗議デモ。プーチン政権と距離置く非与党知事で15年前の事件で逮捕
*アメリカ軍/ドイツ駐留軍を約1万2000人削減、司令部はベルギー移転へ。再配置で対ロシアの抑止力を強化
*2020年米大統領選/トランプ大統領が大統領選延期に言及。”国民が適切かつ安全に投票できるまで選挙を延期しようか?”
*米国民主党/バイデン候補の女性副大統領選びが大詰め 。選考対象に4人の黒人女性
*香港情勢/選挙管理委員会が立法会選挙に民主派立候補を認めず。コロナ対応で来年9月に延期
*アジアインフラ投資銀行/金立群総裁は2期目続投も投融資額は想定の半分以下。中国の外交、人材獲得などが課題
*国内航空大手/「ANA」の2020年4-6月期は約1600億円の赤字。「JAL」は約1200億円の赤字
*日産自動車/2021年3月期は最終赤字が6700億円見通し。日仏3社連合の営業赤字は5400億円
*シマノ/時価総額が7月末時点で2兆円、「JR西日本」や「日産」を上回る。人々の行動変化とグローバルがカギに
*JR3社/2020年4-6月期は「JR東日本」「JR東海」「JR西日本」で計3047億円の赤字
*小田急電鉄/2021年3月期は連結営業赤字が284億円見通し。移動自粛で鉄道、ホテル事業が落ち込み
*ワコールHD/国内外店舗の臨時休業が相次ぎ2021年3月期は連結赤字が37億円見通し
*国内外食産業/国内主要100社調査で閉店計画が1000店舗超に。「コロワイド」が196店、「大戸屋」が10店、「吉野家」が150店など
*米マクドナルド/日本法人株を一部売却へ。日本事業の強固な実績と現地経営陣への信頼に基づき、保有比率を約35%程度に
*ラオックス/全店舗の半数、12店舗を順次閉店へ。中国、韓国からの入国制限続き訪日客の回復見込めず
*ヨドバシカメラ/藤沢和則副社長が社長に昇格。創業者・藤沢昭和社長は代表権ある会長に。社長交代は1960年の創業以来初
*不動産投資/米「ブラックストーン」が「大和ハウス工業」から国内物流施設4カ所を約550億円で取得
*米国経済/2020年4-6月期GDPは年率換算で前期比32.9%減少。マイナス幅はリーマン・ショック時を上回る
*欧州経済/2020年4-6月期GDPは年率換算で前期比40.3%減少。1-3月期に続き過去最悪
*ドイツ経済/2020年4-6月期GDPは前期比10.1%減少。統計開始の1970年以降で最大
*国内経済/2020年4-6月期GDPは年率換算で前期比26.3%減少。戦後最悪の下落に
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1029
00: 12: 03 訃報
00: 31: 10 豪雨災害
00: 35: 56 日韓関係
00: 37: 10 少年法改正
00: 37: 59 諸外国の少年法
00: 39: 40 マンション問題
00: 40: 36 事業協力者住戸
00: 42: 36 国内新型コロナ対策
00: 43: 30 国内感染者数
00: 45: 39 日本の新型コロナウイルス感染者数
00: 45: 46 国内の新型コロナウイルス感染者の治療状況
00: 46: 04 都道府県ごとの新型コロナウイルス感染者数
00: 46: 21 東京都
00: 49: 01 出入国制限
00: 49: 51 アベノマスク
00: 50: 47 新型コロナワクチン
00: 54: 12 世界感染者数
00: 55: 46 米感染者数
00: 57: 14 米国の州別の新型コロナウイルス感染者の状況
00: 57: 29 イギリス情勢
00: 58: 49 オムロン
01: 01: 39 中国EMS
01: 02: 04 iPhoneに関係する主なメーカー
01: 03: 23 RTOCS
01: 03: 54 会社概要
01: 04: 34 パーク・コーポレーションの事業概要
01: 04: 51 花き市場の全体像
01: 05: 24 花き生産額推移
01: 06: 02 花き小売市場規模
01: 06: 15 花きの家計支出額
01: 06: 30 パーク・コーポレーションの売上高・店舗数
01: 06: 45 パーク・コーポレーションの成長要因①~顧客ターゲット~
01: 07: 13 パーク・コーポレーションの成長要因②~商品・価格戦略
01: 07: 35 パーク・コーポレーションの成長要因③~出店戦略~
01: 08: 18 パーク・コーポレーションの成長要因④~組織・人事戦略~
01: 08: 53 花き小売二社のコスト構造比較
01: 09: 35 花き小売店売上高ランキング
01: 09: 55 花き業界TOP10社の市場集中度
01: 10: 24 花き小売大手の売上高
01: 10: 41 【参考】花き小売大手の戦略
01: 11: 05 パーク・コーポレーションの強み
01: 11: 16 パーク・コーポレーションの戦略方針(案)
01: 11: 30 パーク・コーポレーションの方向性(案)
01: 12: 26 ドミナント展開強化(案)
01: 12: 40 自宅シーンの細分化(案)
01: 13: 06 ギフトシーンの細分化(案)
01: 20: 59 マレーシア汚職事件
01: 22: 51 ロシア情勢
01: 26: 41 アメリカ軍
01: 27: 27 国別の駐留米軍兵士の数
01: 28: 25 欧州におけるNATO加盟国
01: 29: 44 2020年米大統領選
01: 32: 24 米民主党
01: 39: 30 香港情勢
01: 40: 27 中国データ統制
01: 40: 58 データ安全法の概要
01: 41: 41 アジアインフラ投資銀行
01: 44: 20 国内航空大手
01: 45: 24 全日空と日本航空の国内線旅客数
01: 45: 55 日産自動車
01: 47: 08 日産自動車の業績推移
01: 48: 10 シマノ
01: 49: 08 JR3社
01: 49: 27 JR3社の業績
01: 49: 50 JR東日本のセグメント別業績
01: 50: 00 キヤノン
01: 50: 18 キヤノンのセグメント別業績
01: 50: 32 日立製作所
01: 51: 06 小田急電鉄
01: 51: 11 小田急電鉄の連結業績推移
01: 51: 21 小田急電鉄のセグメント別業績推移
01: 51: 53 ワコールHD
01: 52: 24 国内外食産業
01: 52: 45 米マクドナルド
01: 53: 09 日本マクドナルドの業績推移
01: 53: 32 日本マクドナルドの売上高前年同期比の推移
01: 53: 42 マクドナルドのセグメント別業績
01: 54: 58 ラオックス
01: 55: 26 ラオックスの連結業績の推移
01: 55: 32 ラオックスのセグメント別業績
01: 55: 45 ヨドバシカメラ
01: 57: 11 家電量販店の業績
01: 58: 06 不動産投資
01: 58: 33 米経済
01: 58: 41 欧州経済
01: 58: 50 ドイツ経済
01: 58: 57 国内経済
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)