ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 1028

< 政 治 >中国、海で強硬策鮮明 尖閣周辺の公船進入100日連続
< 経 済 >回復まで「2年以上」過半 コロナ長期化に危機感
<ビジネス>住友商事 ニッケル事業で550億円損失計上へ 新型コロナ影響


概要:
*中国情勢/中国の公船が尖閣諸島周辺に100日連続で進入。米国ポンペオ国務長官が”南シナ海での中国の主張は完全に違法”
*安倍政権/日経世論調査で習近平氏の国賓来日を”中止すべき”62%、”実現すべき”28%。衆院解散・総選挙は”急ぐ必要はない”57%
*米中関係/アメリカ政府がテキサス州ヒューストンの中国総領事館を閉鎖。中国政府は四川省成都市の米総領事館の閉鎖を通知
*英中関係/中国外務省が香港返還前に生まれた市民が持つ英国海外市民旅券(BNO)を有効な旅券として認めず
*中国5G通信網/5G対応スマホ出荷台数は1-6月で8623万台、5G基地局は41万カ所に
*マイボトル/国会審議への持ち込み議論で混迷。2019年12月の参院議運委で与野党が議論開始
*国内感染者数/7月23日に1日の新規感染者数が966人で最多。西村経済再生相が感染発生の店舗名公表を検討
*緊急事態宣言/日経・テレビ東京の世論調査で”慎重に判断すべき”が62%、GoTo開始時期で”早すぎ”が80%
*観光支援事業/Go To トラベルが7月22日から開始。旅行代金の割引など政府・与党の方針が二転三転
*システムエンジニア/「富士通」がSEの客先常駐を見直しへ。監視業務や開発などのテレワークへ移行進める
*新型コロナ患者/後遺症が相次ぐ。イタリアでは倦怠感や呼吸困難など、フランス、中国では肺活量低下など退院患者の調査で各国が論文
*世界感染者数/7月24日の新規感染者数が28万4196人で1日あたり最多。アメリカ、ブラジル、インドで高止まり累計感染者数は1564万人に
*イギリス情勢/ジョンソン首相が”感染拡大当初は十分理解していなかった”。マスク義務化でルールに混乱も
*米国感染者数/トランプ大統領が”じきにコントロールされる”。全米感染者数が累計で約370万人、死者は約14万人に
*米国雇用情勢/7月18日までの1週間で失業保険の新規申請件数が141万6000件。前週比増加は16週間ぶり
*新型コロナワクチン/英「アストラゼネカ」が初期臨床試験で強い免疫反応。オックスフォード大学と開発のワクチンが9月にも医療機関などに供給へ
*欧州情勢/EU首脳会議で総額約92兆円の復興基金案で合意。うち約48兆円が返済不要の補助金でイタリアやスペインなど南欧支援へ
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「株式会社ユーザベースの経営者」だったら、どうするか?
*大型クルーズ船/クルーズ再開にメドが立たず。「日本郵船」が飛鳥2を数十億円でリニューアルもお披露目出来ず
*中国経済/4-6月のGDPが前年同期比で3.2%増加。生産、投資回復で2四半期ぶりのプラス転換
*中国鉄鋼大手/「宝武鋼鉄集団」を中心に企業再編、電磁鋼板の生産設備など増強。「日本製鉄」「JFE」も増強を検討
*ユニコーン/米中でコロナテックが躍進。4-6月にユニコーン企業が22社誕生。アメリカ13社、中国3社など
*台湾TSMC/2020年4-6月期は純利益が約4400円で過去最高。5Gのスマホ、先端サーバー向け半導体が増加
*米国半導体大手/アナログ・デバイセズ(ADI)が「マキシム・インテグレーテッド」を約2兆2000億円で買収
*国内企業/コロナ以前に回復まで2年が38%で最多。2年~5年、または戻らないが計55.8%
*国内景気/内閣府が景気後退入りを認定。2012年12月からの景気回復局面が18年10月に71カ月で終了
*世界ワイン市場/ワインの流通が関税で変調。アメリカが欧州産ワインに追加関税25%。中国が米国産ワインの輸入に関税54%
*住友商事/ニッケル生産事業で約550億円の損失計上へ。3月下旬から操業停止、世界の自動車需要減少など響く
*セブン-イレブン・ジャパン/全国統一店舗を転換。新型コロナで酒類、冷凍食品増などニーズの多様化に対応
*国際標準規格/ITU(有線通信規格)の技術文書提出数で中国が全体の33%に。中国標準2035策定でISOなどでも存在感
*2020年米大統領選/トランプ大統領が”数百万票の郵便投票用紙を外国政府が偽造”と郵便投票に不満
*米国入国規制/政府が全てオンライン授業なら留学生の入国認めず。すでに入国の学生は留学継続が可能
*トルコ情勢/世界遺産・アヤソフィアでイスラム教の集団礼拝。キリスト教大聖堂、イスラム教モスク、博物館として使用
*自然災害/温暖化、洪水被災は20億人。中国、インドなど世界で洪水が常態化、自然災害の7割が水害
*中国アント・グループ/「支付宝」(アリペイ)、「芝麻信用」など運用するアリババグループの中核金融会社でIPO計画を発表
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#1028
00: 32: 45 中国情勢
00: 33: 33 尖閣周辺における中国の主な問題行為
00: 33: 43 尖閣諸島周辺海域での中国公船等の侵入状況
00: 33: 52 日本と中国の防衛費の推移
00: 34: 08 西側各国の防衛費
00: 35: 02 安倍政権
00: 36: 53 米中関係
00: 38: 25 英中関係
00: 40: 55 5G通信網
00: 41: 43 ファーウェイを巡る各国の動き
00: 42: 51 マイボトル
00: 46: 29 国内感染者数
00: 49: 39 日本の新型コロナウイルス感染者数
00: 49: 48 国内の新型コロナウイルス感染者の治療状況
00: 51: 09 緊急事態宣言
00: 53: 34 観光支援事業
00: 56: 41 国内旅行
00: 58: 42 システムエンジニア
01: 03: 30 新型コロナ患者
01: 07: 33 世界感染者数
01: 08: 23 世界の新型コロナウイルスの感染者数
01: 08: 31 主な国別の新型コロナウイルスによる死亡状況
01: 08: 45 イギリス情勢
01: 09: 50 米感染者数
01: 10: 19 米国の新型コロナウイルス感染者数
01: 10: 31 米国の州別の新型コロナウイルス感染者の状況
01: 11: 03 米雇用情勢
01: 11: 20 米国の失業保険申請の件数
01: 11: 26 米国の失業率の推移
01: 11: 38 新型コロナワクチン
01: 13: 21 欧州情勢
01: 15: 29 RTOCS
01: 16: 00 会社概要
01: 16: 55 ユーザベースは、3つの主力事業を持つ
01: 17: 31 各種企業・業界の情報を検索/閲覧/分析/作成が可能
01: 18: 06 営業先リストの作成及び営業先訪問前の企業情報の確認
01: 19: 00 各種経済記事の閲覧および他の会員との交渉が可能
01: 19: 25 海外の経済記事の閲覧と他の会員との交流が可能
01: 19: 54 経済情報DB/経済メディアのバリューチェーン
01: 20: 32 ユーザベース売上高推移
01: 21: 03 2023年経営目標及びQUARTZ買収目的
01: 21: 44 売上高国内外比率及びSPEEDAのID数推移
01: 21: 52 ユーザベース営業損益推移及びユーザベース事業別営業損益
01: 22: 25 SPEEDA及びNewsPicksの事業顧客単価・営利率
01: 22: 50 ユーザベース 有利子負債残高・D/Eレシオの推移
01: 23: 15 主要な企業情報サービス事業者
01: 23: 36 現在のマーケティング戦略とその成果
01: 23: 54 キュレーションメディア月間ユーザー数
01: 24: 01 主要Webキュレーションメディア
01: 24: 34 有料会員数の比較とNews Picks有料個人会員数推移
01: 24: 55 SmartNewsとNewsPicksの比較
01: 25: 52 顕在化した問題と根本的な課題
01: 26: 18 根本的な課題と必要な戦略
01: 26: 33 顧客種類ごとに解決策を使い分ける
01: 27: 11 想定される問題と解決策
01: 27: 34 想定される問題と解決策
01: 28: 02 従来のアプローチと今後のアプローチ
01: 28: 30 現在と今後
01: 29: 18 経営・財務アドバイザーの市場規模と米国市場の競争状況
01: 29: 46 米国市場において、バリューチェーン全体の競争力を強化
01: 29: 57 現状と課題
01: 30: 40 具体案(例示)
01: 31: 23 他社が欲しがる企業価値と売却先候補(例)
01: 34: 42 大型クルーズ船
01: 35: 11 世界のクルーズ船乗客数の推移
01: 35: 23 クルーズ船運航会社の乗船客シェア
01: 36: 06 中国経済
01: 36: 27 中国のGDP成長率の推移
01: 36: 30 中国の項目別のGDP成長率
01: 37: 25 中国鉄鋼大手
01: 37: 58 世界の粗鋼生産量
01: 38: 07 国内の普通鋼と特殊鋼の主な用途別の受注高
01: 38: 29 ユニコーン
01: 39: 02 台湾TSMC
01: 40: 12 TSMCの業績推移
01: 40: 30 米半導体大手
01: 40: 58 ADIとマキシムの主な事業領域
01: 41: 28 国内企業
01: 42: 31 国内景気
01: 43: 12 世界ワイン市場
01: 44: 03 世界の主なワイン輸出国
01: 44: 28 日本のワイン輸入相手国のシェア
01: 45: 43 住友商事
01: 46: 17 住友商事のセグメント別純損益
01: 46: 27 住友商事が計上した資源関係での近年の主な減損
01: 47: 40 セブン-イレブン・ジャパン
01: 48: 49 主なコンビニエンスストアの国内店舗数の推移
01: 48: 56 セブンイレブン・ジャパンの平均日販の推移
01: 49: 14 国際標準規格
01: 50: 37 2020年米大統領選
01: 53: 54 米入国規制
01: 54: 30 米国の学生(F-1)ビザの発行件数
01: 54: 43 米国における留学生の意義
01: 55: 31 トルコ情勢
01: 55: 55 アヤソフィア
01: 58: 06 自然災害
01: 59: 04 中国アント・グループ
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)