ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】組織人事ライブ > 組織人事ライブ 675

カゴメの人事改革
ゲスト:有沢正人氏(カゴメ株式会社 常務執行役員 CHO)


概要:
カゴメはもともとトマトを原材料として多様な加工食品を製造・販売している企業だったが、トマトだけではなく野菜全般を扱う会社に変わろうとしている。さらに、海外売り上げを飛躍的に伸ばすには従来の考え方や方法だけでは通用しない。事業だけではなく、人事改革も必要となる。本番組では、協和銀行(現りそな銀行)やHOYA、AIU保険で人事を統括してきた有沢正人氏が、カゴメ入社後に実行してきた人事制度改革の全貌を伺い、混沌とした世の中で何が求められているのかを探る。
カゴメには経営戦略と事業戦略はあったが、それを支える人事戦略がなかった。まず、旧来あった年功序列制度を廃止、職務の大きさによる評価制度をつくり、人に対する投資を適正配分するジョブ型人事制度を海外子会社から着手した。職務等級と賃金体系をオープンにして評価基準は国内外で統一、サクセッションプラン(後継者育成計画)を策定、10年先を見据えて段階的な計画を立案した。

改定のポイントは、「年功型から職務型等級制度への移行」「より業績や評価と連動した報酬制度への改革」「メリハリをつけた明確な処遇の実現」である。ポジションごとにやるべきことと責任に対する報酬を可視化することで、社員の納得感とモチベーションを向上させながら適所適材に人材を配置する。対象は総合職コースの管理職層および海外子会社だ。仕事の成果や価値を明確にして、健全な競争意識の下で抜てき人事を進めることで、組織と個人の成果最大化とグローバルに勝てる事業推進体制の構築を目指す。職務評価指標は「知識・経験」「問題解決」「達成責任」の3要素を8項目に分類、評価結果から算出した職務の大きさをジョブグレードとして格付けるが、年1回以上見直しを行い、報酬・指名諮問委員会で社外取締役による検証を図る。

一方、会社の「働き方改革」と個人の「暮らし方改革」を合わせた「生き方改革」を推進する。個人が自分の価値観に応じて柔軟で多様な働き方を選択でき、自分のキャリアを自分で決めることが可能になると会社と個人は公平で対等な関係となり、共に価値を生み出すパートナーとなる。その施策として、スケジューラーを活用した勤務内容や総労働時間の見える化・スーパーフレックス制度・転勤の回避や希望地への転勤ができる「地域カード」(計12年利用可能)・テレワーク・副業制度・専門職コースを導入した。2013年から始まったグローバル人事制度構築は、制度のインフラづくりを経て「人づくり」の段階に入った。全ての人事制度は企業戦略につながっている。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 組織人事ライブ#675 カゴメの人事改革
00: 01: 14 有沢正人氏 プロファイル
00: 02: 45 組織人事Live #675 カゴメの人事改革
00: 05: 13 まずは、自己紹介から
00: 06: 43 目次
00: 10: 21 「グローバル職務等級人事制度導入」に関する3課題
00: 13: 03 グローバルに職務等級人事制度を展開するために
00: 14: 34 “ジョブ型”人事制度プロジェクト・アプローチ
00: 18: 42 グローバル人事制度の全体像
00: 19: 35 グローバル職務等級制度導入のポイントと狙い
00: 21: 34 グローバル・ジョブ・グレードの対象範囲
00: 22: 53 職務評価指標
00: 23: 24 日本本社でのグレード全体像
00: 25: 55 役位別 固定報酬:変動報酬の構成比
00: 28: 36 資料
00: 31: 13 カゴメが考える“生き方”改革
00: 33: 34 「コロナ時代」にあるべき未来の“理想の働き方”
00: 33: 49 人事制度改革の取り組み 1/6
00: 38: 11 人事制度改革の取り組み 2/6
00: 39: 29 人事制度改革の取り組み 3/6
00: 40: 45 人事制度改革の取り組み 4/6
00: 41: 01 人事制度改革の取り組み 5/6
00: 43: 03 人事制度改革の取り組み 6/6
00: 44: 45 人事制度改革の先に・・・
00: 45: 45 背景
00: 46: 09 サクセッションプランのプロセス
00: 47: 49 人材会議/指名諮問委員会の運営
00: 49: 34 サクセッション検討のためのツール活用
00: 53: 17 【全体像】グローバル・タレント・マネジメントのしくみ
00: 59: 06 今日のまとめ
講師紹介: 高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。
人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。
主な著書に『自由と自己責任のマネジメント』、『自立・変革・創造のマネジメント』、『キャリアショック』、『組織改革』、『人材マネジメント論』など。

『高橋 俊介』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)