ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】組織人事ライブ > 組織人事ライブ 663

フリーランスとこれからの働き方(後編)
~企業と社員にとってのフリーランスと副業兼業~
ゲスト:平田麻莉氏(一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事)


概要:
新型コロナ感染拡大防止のため、在宅ワーク(テレワーク)を活用している企業は急増している。フリーランス協会が調査した結果、働き方に対する満足度は、テレワークを活用している人の方が活用していない人より圧倒的に高いことが分かった。本番組では、フリーランス的な働き方をする社員が増えたり、兼業や副業という働き方が普及したりすることに対して、企業はどのように受け止めて活用したらいいのか、企業や、企業で働く社員による視点から今後の働き方を展望する。
テレワークになると休園や休校により子どもも在宅で、閉鎖的空間の中で家族が常に過ごすことがストレスになる問題も挙げられたが、リタイア後の生活が顕在化したと捉え、ホテルや施設の個室を利用して仕事をするなど工夫しながら乗り切ることが重要だ。

コロナ禍で7割以上の人が働き方に対する意識の変化があったと答え、今後も時間や空間の制約からの解放、兼業・副業・複業の一般化、企業の内外を自由に移動する働き方の増加を予測する声は高く、何のために働くかを考え直す契機になったとも言える。

企業が副業を解禁するのは会社により目的や関与度は異なるが、優秀な人材の採用と定着、専門性やスキル向上のための錬磨、リーダーシップ体験や経営者視点の会得など人材育成、社外での経験や人脈を新規事業に活用、起業家精神を醸成するなどオープンイノベーション促進、セカンドキャリアを支援する前向きな退職支援等の理由がある。よくある懸念に対しては、副業先での雇用契約禁止や労働時間制限により過重労働を防止、日頃からコンプライアンス対策を徹底、評価制度で管理して本業へ支障が出ないように指導、自社が選ばれる努力をすることでの人材流出抑制等、定めるべきルールをしっかり定め、大人の自己責任を促している。

フリーランス人材は、経営戦略・企画から突発的な細かい業務のサポートまで企業が持つ課題の解決が可能だ。即戦力として社内で得難い技術や人材を素早く獲得、資金と時間を節約、変動費として必要なときに必要な人材による柔軟な対応、社員の業務量や負担の軽減などメリットは多い。作業内容や納品物が明確なタスク型で外注的に委託することが多いが、社員と同等の帰属意識や責任を持ち、同じ目線で働くプロジェクト型やミッション型も増加している。金銭の多寡だけが物差しではなく、喜ばれることでの心理的報酬や人脈が広がる経験報酬など共感によるマッチングを志向する人が増えており、無限定性の強い正社員が内向きに頑張ることで勝つというビジネスモデルは終わりつつある。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 フリーランスとこれからの働き方~後編・企業と社員にとってのフリーランスと副業兼業~
00: 01: 13 フリーランスとこれからの働き方~後編・企業と社員にとってのフリーランスと副業兼業~
00: 02: 28 フリーランス協会とは
00: 03: 17 主なプロジェクト活動
00: 03: 38 フリーランスのインフラ「ベネフィットプラン」
00: 05: 02 コロナで変化する会社員の意識
00: 05: 05 【会社員】テレワーク利用状況
00: 05: 51 【会社員】テレワーク利用状況×会社規模/人事権
00: 06: 56 【会社員】テレワーク利用状況×今の働き方に対する満足度(全般)/(就業環境)
00: 11: 54 【会社員】テレワーク利用状況×働く時間・収入の変化
00: 14: 16 【会社員】意識の変化
00: 14: 45 【会社員】アフターコロナ社会の働き方予測
00: 18: 23 副業・兼業トレンド
00: 18: 42 個人が複業に挑戦する理由
00: 24: 26 企業が副業を解禁する理由
00: 27: 50 副業解禁企業12社に対するヒアリング調査
00: 29: 17 副業解禁~よくある懸念に対する12社の主な対応
00: 36: 45 副業時の労働時間通算に関する誤解
00: 37: 31 2方向の複業
00: 38: 19 フリーランス人材(副業・兼業)の活用可能性の拡がり
00: 38: 33 人材シェアの時代
00: 38: 56 雇用と業務委託の違い
00: 43: 04 フリーランス人材が解決できる課題
00: 44: 56 6つの活用メリット
00: 48: 27 「外注」から「チームの一員」まで
00: 50: 50 フリーランスの報酬や動機は、金銭だけではない
00: 52: 24 仕事の内訳
00: 53: 12 遵守が求められるルール
00: 55: 30 マッチングにおける現状課題
00: 55: 49 フリーランスDB
00: 56: 53 フリーランスの求人支援サービス
00: 57: 13 フリーランス活用の無料相談・サポート窓口
00: 58: 27 活用ガイダンス
00: 58: 44 Follow me!
00: 59: 02 今日のまとめ
講師紹介: 高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。
人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。
主な著書に『自由と自己責任のマネジメント』、『自立・変革・創造のマネジメント』、『キャリアショック』、『組織改革』、『人材マネジメント論』など。

『高橋 俊介』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)