ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
世界経済を牽引するテクノロジー大国インド > 世界経済を牽引するテクノロジー大国インド 02

リープフロッグで成功するインド人起業家
ゲスト:Vivek Tiwari氏(メディカバザール 創業者CEO)
    Vivek Rajkumar氏(アイボノ 創業者CEO) 


概要:
<講義資料ダウンロード不可>

現在、中国、アフリカを含めた新興国では、AI等のテクノロジーにより、多種多様な産業が再定義されるDigital Transformationが起きている。例えばNPO、NGOの活動がビジネスとして成立したり、地方在住の多いインドにおいて、地方を効率化しつつ経済的果実を得る競争に企業が参入したりと、特にSocial Impactを意識した経済活動が加速している。本講義では、社会貢献型スタートアップの多いインドにおいて代表的な2社、medikabazaar、Vivek RajkumarのCEOを招き、インドビジネスの実情を生の声で聞く。

インドビジネスの環境には三つの特徴がある。都市分布から見ると、一級都市が10個、10万人以上の都市が800、村の数は80万あり、それぞれの環境や生活基盤が「Fragmented」(細分化)されていることが一つ目の特徴だ。二つ目は「Unorganized」、個人企業が無数に存在するため組織だっていない点。三つ目の「Digital Native」は、スマホ人口が4億人いるインドでは、サービスがデジタルで最適化されていること。以上の3点に加えて、平均年齢が20代と若く、新しいテクノロジーに素早く適応できる資質から、先進国が順を追って発展してきたことを、途中を飛ばして急速に進化を遂げる「Leap Frog」が起きており、ゲストの話も参考に、キャッチアップすべき点として注目される。

medikabazaar代表のVivek Tiwari氏は、前職で医療施設等の開業マネジメントを行っていた際、40%の病院関係が医療用品の調達システム不備で手術の延期や中止の経験があることを知った。エンジニア出身を生かし、テクノロジーの力で細分化された市場を解決しようと、2015年に起業、BtoBによる医療品のeコマース販売、インド全域での物流管理、「VIZI」という在庫管理システムのプラットフォームを構築。Social Impactの意味を持つスタートアップとして当局からも賞賛されている。

AIBONOは果物と野菜の生産販売をアグリテックで行うスタートアップだ。代表のVivek Rajkumar氏はインド工科大学出身、テクノロジー技術で中小零細農家を救おうと、農業プラットフォーム「BONO」を構築した。コンセプトは「Seed-To-Plate(種から食卓へ)」、種植えから販売まで一貫してサポートし、農薬と肥料量もリアルタイムデータのAI分析で的確にアドバイス、収量と収入を2倍に導いている。2社ともテクノロジーの力で問題解決を目指す戦略が注目されており、リブライトパートナーズも投資をしている。従来のアプリ中心だったスタートアップは、今後は変革を求める社会の象徴として、新興国を軸に課題解決型が中心となるだろう。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 リープフロッグで成功するインド人起業家
00: 01: 52 インドビジネス環境におけるキーワード
00: 07: 18 資料
00: 10: 50 Leapfrog
00: 11: 07 資料(2)
00: 14: 04 Digital Transformation
00: 16: 18 medikabazaar
00: 18: 03 About Us / 私たちについて(1)
00: 18: 35 About Us / 私たちについて(2)
00: 19: 06 Ket Strategic Initiatives / 主な戦略的取り組み
00: 19: 37 About Us / 私たちについて(3)
00: 20: 11 Technology Interface / テクノロジー・インターフェイス
00: 21: 01 Business Overview / 事業概要
00: 21: 26 Team Medikabazaar / チームについて
00: 22: 14 Awards & Accolades / 受賞歴
00: 24: 28 【再掲】インドビジネス環境におけるキーワード
00: 34: 22 AIBONO
00: 35: 45 インドの果物・野菜マーケットは巨大です
00: 36: 57 AIBONO
00: 37: 36 BONOのやり方
00: 39: 14 他者との差別化
00: 40: 11 【再掲】AIBONO
00: 44: 33 【再掲】インドビジネス環境におけるキーワード
講師紹介: 蛯原 健(えびはら たけし)
リブライトパートナーズ株式会社
代表取締役 兼 ファウンディングゼネラルパートナー

1994年 横浜国立大学 経済卒、日本合同ファイナンス(現JAFCO)に入社以来、20年以上にわたりベンチャーキャピタルおよびスタートアップ経営に携わる。
2008年 リブライトパートナーズ株式会社を日本で設立しスタートアップ投資育成に携わり、
2013年よりシンガポールに事業拠点を移し、東南アジアでのベンチャー投資を開始。
2014年にはインドに常設チームを設置し投資活動を始める。
特許庁「知財アクセラレーションプログラム」有識者委員会など多数の委員も務める。
日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)

著書に『テクノロジー思考』がある。

『蛯原 健』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:長谷部 真奈見

Copyright(c)