ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
社会変革型リーダーの構想力 > 社会変革型リーダーの構想力 39

社会変革型リーダーの構想力 対談
ゲスト:柴山和久氏(ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO)


概要:
経済や社会構造の変化に対して従来の終身雇用を前提とした社会システムへの違和感を持ち、働く世代が豊かさを実感できる社会をつくりたいという思いから、ウェルスナビ株式会社は創業された。ウェルスナビのサービスは透明性が高くフェアで、安心して利用できる社会インフラとしての個人金融サービスをコンセプトとしている。今回は、ウェルスナビ代表取締役CEOの柴山和久氏をお迎えし、その取り組みと原点の構想力に関して伺う。
柴山氏は、日英の財務省で計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画し、その後マッキンゼー(東京、NY)ではウォール街に本拠地を置く機関投資家向けに10億円規模のリスク管理・資産運用をサポートした。2015年4月にウェルスナビを創業し、Forbes JAPAN「起業家ランキング2019」でTop 20に選出された。著書に「元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法」がある。

ウェルスナビのサービスは、従来の資産運用をすべて自動化されており、スマホから6つの質問から簡単な操作で運用プランを提案され、目標へナビゲーションしてくれる。当日20時までの入金を当日発注ができ、翌朝には売買を完了しポートフォリオへ反映され、資産評価額をドルと円で表示される。 ウェルスナビを利用している方の94%が働く世代で、毎月の自動積立機能を利用し長期投資をされている。忙しく働く世代が、老後に向けて資産運用にとりくめるように「長期・積立・分散」の世界のスタンダードな投資をロボットアドバイザーによって自動化し、一人一人に最適化された資産運用を実現している。

ウェルスナビが誕生した背景には、終身雇用がなくなり、退職金や企業年金に頼れなくなってきて、働く世代が働きながら資産運用していくニーズがでてきたことが大きいという。ウェルスナビは、実現したい事業やサービスを考え起業という旗を掲げたときに、仲間が集まり、VCからの投資が得られ、ライセンス承認が異例のスピードでおりるという幸運が重なったという。

ウェルスナビの今後の構想としては、日本には日本の社会課題がありその課題を解くことが重要で、課題の延長線上に世界で未だ解決できていない課題や普遍的な課題があれば、世界に発展できるかもしれないが、それ自体目的ではないという。最後に、柴山氏にとって構想力とは「社会の構造的な変化に対する解決策を考える力」と語った。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 社会変革型リーダーの構想力 対談
00: 01: 10 社会変革型リーダーとは?
00: 02: 07 ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO 柴山和久
00: 21: 53 従来の資産運用を全て自動化
00: 22: 00 スマホから簡単な操作で運用プランを提案
00: 23: 13 当日入金を当日発注。翌朝には売買を完了
00: 24: 52 「ものづくり」する金融機関
00: 25: 45 年代 投資経験
00: 26: 28 資産運用が初めての方 女性のお客様
00: 27: 21 平均運用額 自動積立
00: 27: 40 平均積立額 リスク許容度
00: 28: 48 1年以上続けている方 利用予定年数
00: 30: 57 「長期・積立・分散」は世界のスタンダード
00: 59: 30 ズバリ、あなたにとっての構想力とは?
講師紹介: 朝比奈 一郎(あさひな いちろう)


『朝比奈 一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)