ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 993

<国際情勢>チリ、APEC開催断念 反政府デモの影響で
<ビジネス>3Dプリンター 米大手が攻める
< 経 済 > CASEが促す系列解体 日立・ホンダ、車部品4社統合


概要:
*訃報/緒方貞子さん(92歳)が死去。日本人初の国連難民高等弁務官。ユネスコ平和賞、マグサイサイ賞など受賞
*首里城火災/正殿など7棟が焼失。太平洋戦争での焼失から33年間で約240億円かけて復元
*カリフォルニア州山火事/北部ソノマ郡やロサンゼルスなど避難命令対象者は約18万人に
*米国防総省/マティス前国防長官のスタッフが内幕本を出版へ。トランプ大統領が「マイクロソフト」とのクラウド事業契約に介入など
*ウクライナ疑惑/米下院非公開聴取でビンドマン陸軍中佐が証言。トランプ氏の弾劾調査を可決、証言聴取など公開へ
*米国金利政策/トランプ大統領が”FRBは分かってない”。日欧のマイナス金利取り上げ、一段の利下げ求める
*米中関係/副大統領の激烈批判に習近平政権はどう反論したか。4中全会控え猛反発も、最も恐れるのはペンス大統領誕生
*米中貿易/米連邦通信委員会が「ファーウェイ」「ZTE」排除を強化。新規調達禁止、既存製品の撤去・交換を国内通信会社に要請
*カンボジア情勢/中国企業のリゾート施設内に巨大滑走路。地元住民は"生活のためには仕方ない"
*中国情勢/第19期4中全会で「一国二制度」の重要性を強調。香港、マカオ「厳格管理」、台湾「統一」など
*イラク情勢/首都バグダッド、南部など反政府デモで150人超が死亡。汚職、失業、公共サービスなどの不満
*シリア情勢/IS指導者バグダディ容疑者死亡でシリア政権が掃討大詰め。イドリブ奪還の機会伺うも大量難民の懸念
*チリ情勢/ピニェラ大統領が11月開催のAPEC首脳会議を中止に。大規模デモで安全確保が困難
*アルゼンチン大統領選/フェルナンデス元首相が勝利。年金、補助金増額など大衆迎合政策が支持集める
*英EU離脱問題/英議会下院で12月12日総選挙の特例法案を可決。EUの離脱3カ月延期承認で野党・労働党の一部が賛成
*ドイツ情勢/ドイツ極右が躍進、過激化に懸念。チューリンゲン州議会選でAfDが第2党に
*インド情勢/モディ首相が水のインフラ整備など生活重視を強調。人口膨張は成長の妨げの認識も
もしも私が「ラクスル株式会社」の経営者だったら、提供する物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」をどうするか?
*東京オリンピック/東京都がマラソン、競歩の札幌開催を受け入れ。変更に伴う費用は負担せず
*全国高校野球選手権大会/国民民主党・玉木代表が夏の甲子園で”暑さのピークにやるしかないのか”と変更検討を
*3Dプリンター/「ストラタシス」のサービスを2019年は100社超が利用。納期に1週間、料金は1個数千から数万円
*ソニー/画像センサーの新工場を長崎に建設。CMOSセンサーで世界シェア5割、5G普及にらみ攻めの投資
*日立金属/2020年3月期は連結最終赤字が470億円見通し。自動車、ファクトリーオートメーション向けの部材需要が落ち込み
*自動車部品大手/「日立製作所」「ホンダ」の傘下4社統合で合意。「ケーヒン」「ショーワ」「日信工業」「日立オートモティブシステムズ」を合併
*三菱重工業/米「トランス・ステーツHD」がスペースジェットを最大で100機キャンセル。想定通り規制緩和されず
*伊藤忠商事/「ほけんの窓口グループ」を連結子会社化。発行済み株式57.7%を約165億円で取得。傘下「ファミリーマート」との連携も想定
*渋谷駅再開発/11月1日に東口地下広場がオープン。JR、東急、地下鉄の改札結び、2020年にはバス乗り場と直結
*横浜ハンマーヘッド/新港ふ頭に横浜港+商業エリア+ホテルの複合施設が開業。「ハンマーヘッドクレーン」が由来
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#993
00: 12: 16 訃報
00: 16: 25 首里城火災
00: 21: 23 米カリフォルニア州
00: 26: 32 米国防総省
00: 27: 51 ウクライナ疑惑
00: 33: 24 米金利政策
00: 37: 10 米中関係
00: 38: 53 ペンス副大統領の演説ポイント
00: 47: 11 米中貿易
00: 50: 42 カンボジア情勢
00: 55: 31 中国情勢
00: 59: 26 イラク情勢
01: 01: 09 イラクの民族・宗派別人口分布図
01: 04: 41 シリア情勢
01: 06: 41 チリ情勢
01: 08: 11 チリ概況
01: 08: 34 チリの主な経済指標
01: 09: 07 OECD主要国のジニ係数
01: 09: 51 アルゼンチン大統領選
01: 11: 18 近年のアルゼンチン大統領
01: 12: 01 アルゼンチンの対外債務残高の推移
01: 12: 09 対米ドルでのアルゼンチンペソ相場の推移
01: 12: 31 英EU離脱問題
01: 15: 39 英国のEU離脱について世論調査
01: 16: 18 ドイツ情勢
01: 17: 28 ドイツの16州
01: 17: 51 ドイツ各州の住民一人当たりのGDP
01: 18: 57 インド情勢
01: 19: 51 インドのインフラへの予想投資額と必要額
01: 21: 48 RTOCS
01: 22: 20 会社概要
01: 23: 26 運送・物流業界を取り巻く課題
01: 24: 03 運送・物流業界の業界動向
01: 24: 11 ラクスルの主な事業
01: 24: 45 ハコベルの提供サービス
01: 25: 05 ラクスル業績推移
01: 25: 14 ラクスルセグメント別売上高構成比
01: 25: 22 ラクスル「ハコベル」業績推移
01: 25: 42 次世代物流システム・サービス市場規模推計
01: 26: 05 近年の物流業界への新規参入
01: 26: 27 物流プロセス事業のベンチャー企業例
01: 27: 00 3C分析
01: 27: 49 主な論点・検討項目
01: 28: 08 ラクスル(印刷事業)のサービスの流れ
01: 28: 38 事業セグメント利益、全社営業利益の推移
01: 28: 57 運送・物流企業の物流業務範囲
01: 29: 14 トラックシェアリング市場
01: 29: 39 主な物流マッチングサービス事業者
01: 30: 15 主な論点・検討項目
01: 31: 12 なぜ運送事業から撤退し、本業(印刷事業)に注力するべきか
01: 31: 53 名刺印刷価格比較
01: 32: 16 「ハコベル」の方向性(案)
01: 32: 26 ハコベル事業売却スキーム案
01: 32: 33 運送事業「ハコベル」を「マッチングシステム提供」事業に転換
01: 36: 34 タイガー・ウッズ選手
01: 47: 23 東京オリンピック
01: 52: 22 全国高校野球選手権大会
01: 53: 13 3Dプリンター
01: 53: 31 日本の金型生産額の推移
01: 54: 05 ソニー
01: 54: 53 日立金属
01: 55: 09 日立金属のセグメント別業績
01: 55: 38 日立金属のマーケット分野別事業構造
01: 55: 51 自動車部品大手
01: 56: 39 EV化に伴う自動車産業の構造変化
01: 57: 04 EVで不要・必要になる主な部品
01: 57: 20 三菱重工業
01: 57: 37 伊藤忠商事
01: 58: 25 渋谷駅再開発
01: 58: 41 駅周辺中心地区の将来イメージ図
01: 59: 12 横浜ハンマーヘッド
01: 59: 24 横浜ハンマーヘッド
01: 59: 27 横浜ハンマーヘッド
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)