ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 992

<国際情勢>米・イラン双方に配慮 自衛隊派遣 中東で貢献姿勢
< 経 済 > 家電レンタルの住宅賃貸 リコーリースがサブスク型
<ビジネス>ボーイングの新型機737MAXめぐり虚偽報告か 株価急落


概要:
*向研会海外視察報告(パリ、ボルドー、サンセバスチャン)
*ホルムズ海峡問題/安倍首相が調査と研究目的に自衛隊派遣の検討を指示。米国有志連合には参加せず
*ウクライナ疑惑/ドミトロ・フィルタシュ氏が調査支援でジュリアーニ氏に接近。新興財閥の関与が浮上
*米国民主党/下院の弾劾調査が1カ月で政府高官ら10人が証言。テイラー駐ウクライナ臨時代理大使が”軍事支援とバイデン氏の調査は交換条件”と証言
*米国共和党/トランプ大統領が”共和党はもっとタフな戦いを”。共和党内からの批判に不満”邪悪な民主党は団結している”
*G7首脳会議/トランプ大統領が利益誘導などの批判に”自身のゴルフリゾート使用は無料のつもりだった”
*米朝関係/トランプ大統領が”北朝鮮・金正恩委員長はオバマ氏に敬意を抱いてないから電話に応じず”、”私の電話は取る”
*北朝鮮情勢/金正恩委員長が韓国資本の施設視察で”金剛山にふさわしい施設を作り直す”
*マティス前国防長官/トランプ氏の批判を冗談で切り返し。対シリア戦略で対立し昨年12月に更迭
*シリア情勢/ロシア・トルコ首脳会談でシリア国境地帯からのクルド人勢力撤退で合意。アメリカ軍もIS警戒で新たに部隊展開
*米中関係/ペンス副大統領が”中国は貿易と軍事で改善なく、より攻撃的に”。2018年10月の演説に続く強硬姿勢
*香港情勢/中国政府が林鄭行政長官の交代を検討。後任には香港金融管理局前総裁の陳徳霖氏らの名前
*タイ情勢/ワチラロンコン国王が高官6人を個人的利益のための権力乱用で解雇。高貴な配偶者の称号、地位剥奪も
*イスラエル情勢/リブリン大統領が「青と白」ガンツ氏に組閣要請。過半数確保へ交渉も難航の見通し
*カナダ情勢/与党・自由党が第一党に。トルドー首相続投も従来の単独過半数に届かず
*<Realtime On-line Case Study>もしも私が「オーケー株式会社の経営者」だったら、どうするか?【解決策立案編】
*英EU離脱問題/英下院が新たな離脱協定案を可決。EUが離脱期限延期を受け入れ、ジョンソン首相は12月総選挙提案も実現困難
*EU情勢/EU首脳会議で北マケドニアとアルバニアのEU加盟交渉開始を見送り。仏マクロン大統領など強く反対
*サブスクリプション/「リコーリース」「日本総合住生活」「ピーステックラボ」が集合住宅の入居者に家電のサブスクリプションサービス
*再生可能エネルギー/太陽光・風力発電業者に稼働停止求める出力制御を常態化。地域間送電網の整備、蓄電システム開発など急務
*ダイナミックプライシング/「ノジマ」が全184店に電子棚札を導入。「ビックカメラ」は商品評価の表示などリアルタイムのデータ分析を価格に反映
*NEXT1000/株式売買代金の上位は創薬とAI関連。1位は「オンコリスバイオファーマ」、2位は「サンバイオ」など
*九州地域航空/「天草エアライン」」「オリエンタルエアブリッジ」「日本エアコミューター」の3社共同でLLPを設立
*公職選挙法/菅原一秀・経産相が辞任。選挙区内で地元有権者にカニ、メロン、香典など配布。秘書が政治家の氏名示す寄付は禁止
*三菱航空機/「スペースジェット」の初号機が6度目の納入延期へ。2020年半ばの目標も機体開発遅れ
*ボーイング/「737MAX」の制御システムを2016年に欠陥認識か。テストパイロットが同僚にメッセージ
*ウィーカンパニー/「ソフトバンクグループ」のもとで経営再建。株式取得に約5000億円、総額で約1兆300億円支援へ
*アルツハイマー病/米「バイオジェン」「エーザイ」が2020年にアメリカで承認申請へ。「メルク」「ロシュ」などは相次ぎ治験中止
*ジョンソン・エンド・ジョンソン/ベビーパウダー製品の一部を自主回収。2018年にアメリカで生産・出荷した約3万3000本が対象
*グーグル/量子コンピューターの性能を実証。スパーコンピューターで約1万年かかる計算を3分20秒で終了
*フェイスブック/G20財務相・中銀総裁会議で深刻なリスク。新興国含めた初の本格議論で「リブラ」などデジタル通貨に懸念
*クラウドサービス/米国防総省がクラウド事業の契約先に「マイクロソフト」を選定。後10年で約1兆800億円の大型事業
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#992
00: 28: 52 ホルムズ海峡(1)
00: 30: 16 ホルムズ海峡問題(2)
00: 31: 20 ホルムズ海峡(3)
00: 31: 41 ウクライナ疑惑
00: 34: 00 米民主党
00: 35: 59 米民主党
00: 37: 32 G7首脳会議
00: 39: 09 米朝関係
00: 40: 18 北朝鮮情勢
00: 42: 40 金正恩氏(写真)
00: 44: 27 マティス前国防長官
00: 46: 02 シリア情勢
00: 48: 55 米中関係
00: 50: 53 ペンス副大統領の演説ポイント
00: 53: 02 香港情勢
00: 54: 14 タイ情勢
00: 56: 46 イスラエル情勢
00: 57: 30 近年のイスラエル首相
00: 58: 48 カナダ情勢
00: 59: 45 カナダ連邦下院議会選挙の結果
01: 01: 56 RTOCS
01: 02: 36 会社概要
01: 02: 52 オーケーの店舗マップ
01: 03: 02 国道16号線と人口集中地区
01: 03: 21 国内スーパーマーケット売上高TOP15
01: 03: 38 関東地区スーパーマーケット売上高TOP10
01: 04: 06 オーケー 商品別販売実績
01: 04: 25 オーケー 店舗数推移
01: 04: 32 オーケー 1店舗当り売上高および売場面積1㎡当り売上高推移
01: 04: 52 都内スーパーのナショナルブランド価格調査
01: 05: 56 オーケー 業績推移
01: 07: 02 オーケークラブ会員数推移とその効果
01: 07: 26 第3回「スーパー総選挙」投票結果
01: 07: 56 「スーパー総選挙」上位5社
01: 08: 01 関東主要食品スーパーの販管比率
01: 08: 33 オーケーの低価格実現に関する取り組み(1)
01: 09: 21 オーケーの低価格実現に関する取り組み(2)
01: 10: 27 関東主要食品スーパーの営業利益率
01: 10: 33 関東主要食品スーパーと商社の関係
01: 11: 18 オーケーの出店状況
01: 11: 30 一都三県の将来人口予測
01: 11: 44 一都三県の将来人口予測
01: 12: 40 オーケーの方向性(案)
01: 13: 07 関東主要食品スーパーの営業利益率
01: 13: 19 埼玉県・千葉県内におけるスーパー食品販売高・店舗数
01: 13: 47 神奈川県・東京都内におけるスーパー食品販売高・店舗数
01: 14: 03 オーケーの店舗展開
01: 14: 26 電鉄系スーパー主な指標
01: 14: 43 オーケー, 京王ストア, 小田急商事の店舗展開
01: 15: 05 まいばすけっと神田駅西店 外観
01: 15: 21 オーケーとまいばすけっとの都心での店舗展開
01: 15: 44 インストアの展開実績と展開案
01: 16: 19 主要都府県の食品スーパーマーケットの市場
01: 16: 37 大阪府内の食品スーパー売上高と関西スーパーマーケットの大株主構成
01: 16: 51 オーケーの方向性(案)
01: 16: 59 オーケー 将来売上試算
01: 26: 20 英EU離脱問題
01: 29: 18 EU情勢
01: 29: 55 バルカン半島の国々
01: 31: 49 EU加盟国とEUが認定した加盟候補国
01: 32: 49 EU加盟国とEUが認定した加盟候補国
01: 35: 20 再生可能エネルギー
01: 37: 24 ダイナミックプライシング
01: 38: 42 ダイナミックプライシングのメリット・デメリット
01: 39: 00 ダイナミックプライシングの主な事例
01: 40: 44 NEXT1000
01: 41: 30 4~9月の株式売買代金が多かった企業
01: 41: 53 九州地域航空
01: 42: 36 天草エアラインの問題・課題及び方向性(案)
01: 43: 07 九州に拠点を置くコミューター
01: 43: 47 公職選挙法
01: 45: 40 三菱航空機
01: 47: 44 米ボーイング
01: 49: 24 ボーイングの業績推移
01: 49: 34 ボーイングのセグメント別の業績
01: 51: 02 ボーイングの株価推移
01: 51: 40 米ウィーカンパニー
01: 53: 23 アルツハイマー病(1)
01: 54: 22 アルツハイマー病(2)
01: 54: 55 米ジョンソン・エンド・ジョンソン
01: 56: 48 米グーグル
01: 57: 50 米フェイスブック
01: 58: 58 米フェイスブック
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)