ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 989

<国際情勢>香港警官発砲 18歳重体
< 経 済 > GPIF、外債投資拡大へ マイナス金利で国債運用難
<ビジネス>トヨタ、採用の5割中途に


概要:
*レバレッジド・ローン/世界に拡散したCLO(ローン担保証券)の貸し倒れリスクが増加。2018年10月からの資金流出が約4兆1000億円
*公的年金/GPIFが公的年金運用の年次計画を変更。為替ヘッジ付き外国債券を国内債券と同様の扱いに
*人生100年時代/厚生労働省が確定拠出年金の加入年齢引き上げへ。個人型が65歳、企業型は70歳
*ウィーカンパニー/アダム・ニューマンCEOが辞任。「ソフトバンクグループ」が辞任要請も会長職と過半数の議決権は保持
*ソフトバンクグループ/孫正義が狙う「LINE」買収との報道も。米「ウィー・カンパニー」が上場延期で ソフトバンクビジョンファンドが出資のユニコーン企業に疑念
*ベンチャー投資/未公開企業の資金調達額が上場時の調達額を上回る。「ウーバー」「リフト」「スラック」など上場後に時価総額が減少
*関西電力/福井県高浜町の森山栄治・元助役から豊松元副社長らが1億円超受け取り。地元の建設会社「吉田開発」に優先発注の実態も
*香港情勢/警官が高校生に実弾発砲。香港政府が緊急状況規則条例を発動。林鄭氏が”どうしても必要な措置”
*米中貿易/米トランプ大統領が中国・習近平国家主席との電話会談で香港問題を取引材料に
*米中資本市場/米中摩擦が資本市場に飛び火。対中強硬派議員らが米公的年金に中国株外しを要請
*中国EV市場/「BYD」が新型EV車のお披露目も米国での発売計画なし。「NIO」は中国政府のEV補助金減額で販売不振
*中国企業/民営企業に政府人材。浙江省海寧市では民営企業に180人派遣で工業生産が1割増加。「アリババ」や「浙江吉利」にも
*北朝鮮情勢/10月2日に北朝鮮発射のミサイルが日本のEEZ内に落下。5日の米朝実務者協議では交渉決裂
*ウクライナ情勢/ウクライナ、ロシア、OSCEがウクライナ東部紛争めぐり協議。親ロ派占領地域に特別自治権付与で基本合意
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「nmsホールディングス株式会社の経営者」だったら、どうするか?【問題発見編】
*ウクライナ疑惑/米国議会下院がジュリアーニ氏に通信記録など提出求める。ウクライナ・ルツェンコ前検事総長が”不正の証拠はなかった”
*トランプ大統領/民主党・ハリス上院議員がトランプ氏のツイッターアカウント停止を呼びかけ。民主党議員への攻撃的ツイートに懸念
*米国IT人材/トランプ政権がH1Bビザ審査の厳格化でインド系IT大手の申請が減少。GAFAは報酬の引き上げで人材獲得急ぐ
*米国小売り業界/3年で1万店減少。「アマゾン・エフェクト」の猛威で2018年の閉鎖店舗面積も過去最大
*台湾情勢/南方澳大橋が崩落し6人が死亡、オイル輸送車や漁船巻き込み炎上。21年間、橋のメインワイヤーを検査せず
*ウーバーテクノロジーズ/サブスクリプションを本格開始。ライドシェアが最大15%割引、ウーバーイーツの配達料無料など、「ウーバーパス」は月額約2700円
*国内自動車大手/「トヨタ自動車」が採用の5割を中途採用に。「ホンダ」は2019年度採用で全体の4割、約660人を中途採用
*日本企業/企業の新分野投資を後押し。M&Aの税制優遇など検討、日本企業の現預金240兆円を活用へ
*東京海上HD/米富裕層向け保険大手「ピュアグループ」を約3300億円で買収。国内外で災害などのリスク高まる
*大日本住友製薬/「ロイバント・サイエンシズ」の研究開発子会社を3200億円で買収。2023年に統合失調症薬ラツーダが特許切れ
*省エネ型住宅/ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)普及へ経済産業省が補助制度を拡大。「野村」「近鉄」など12社が参入、省エネや防災で資産価値向上へ
*シェアリングサービス/「SOMPO HD」が「アキッパ」の10億円増資を引き受け。次世代移動サービスMaaSに備える
*投資リテラシー/日本企業の改革に懸念で外国人投資家が5兆円の売り越し。「信越化学」金川氏や「日本電産」永守氏など株式投資で経営力高める
*財政政策/ゼロ金利政策導入から20年もデフレ脱却できず。国・地方の借金は2019年度に約1100兆円見通し
*イタリア経済/財政赤字のGDP比目標は2020年に2.2%で従来見通しの2.1%から悪化。コンテ新内閣が付加価値税引き上げ回避でEUとの対立懸念
*米欧貿易/アメリカ政府がEUへの報復関税を発動へ。「エアバス」「ボーイング」への補助金めぐる訴訟合戦で年最大約8000億円の報復関税をWTOが承認
*韓国自動車産業/韓国の車生産が400万台割れも。2018年の生産台数でインド、メキシコに抜かれ世界7位に
*韓国経済/CPI上昇率が前年同月比で0.4%下落。米中貿易戦争と半導体市況の低迷で輸出が10カ月連続で前年比減少
*マイクロプラスチック/カナダ・マギル大研究チームの実験でティーバッグ1袋から100億個。WHOが健康被害は現時点でなし
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#989
00: 27: 13 レバレッジド・ローン
00: 27: 48 ローン担保証券
00: 29: 07 公的年金
00: 29: 59 公的年金のポートフォリオ
00: 30: 58 人生100年時代
00: 31: 27 老後の生活に感じる不安
00: 31: 35 先進諸国の年金給付水準(所得代替率)の比較
00: 32: 24 確定拠出年金の加入者数
00: 32: 58 米ウィーカンパニー
00: 34: 27 ソフトバンクグループ
00: 35: 34 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの主な投資先
00: 36: 45 ベンチャー投資
00: 39: 33 関西電力
00: 46: 58 香港情勢
00: 49: 03 米中貿易
00: 50: 47 米中資本市場
00: 52: 15 中国EV市場
00: 53: 21 主要国・地域の電気自動車(EV)販売台数
00: 54: 15 中国企業
00: 55: 16 杭州市の政府幹部を受け入れる主な企業
00: 57: 16 北朝鮮情勢
00: 58: 51 国連安保理による対北朝鮮決議
00: 59: 30 北朝鮮が保有するとみられている大量破壊兵器
01: 01: 00 参考:抑止力
01: 01: 31 ウクライナ情勢
01: 02: 49 最近のウクライナにおける主な出来事
01: 03: 19 親ロ派勢力に占拠されているウクライナ東部
01: 06: 21 RTOCS
01: 07: 32 会社概要
01: 08: 02 製造派遣・請負業者の売上高ランキング
01: 08: 24 国内派遣業者の売上高ランキング
01: 08: 59 国内人材派遣業界の市場規模
01: 09: 17 国内派遣労働者数の推移
01: 09: 37 製造業に従事する派遣労働者数の推移
01: 09: 54 nmsホールディングスの事業別売上高構成
01: 10: 39 nmsホールディングスの事業別売上高推移
01: 11: 25 nmsホールディングスの地域別売上高
01: 11: 46 製造派遣・請負大手の売上高推移
01: 12: 20 アウトソーシング社の事業戦略
01: 12: 59 ワールドHD社の事業戦略
01: 13: 34 UTグループ社の事業戦略
01: 13: 43 想像派遣・請負各社の戦略まとめ
01: 14: 14 製造派遣・請負各社の戦略マップ
01: 14: 49 製造派遣・請負大手の売上高推移
01: 15: 14 【参考】世界EMS売上高ランキング
01: 15: 47 nmsホールディングスの現状と課題
01: 16: 44 【次週の課題】nmsHDの方向性を検証しましょう
01: 20: 00 ドイツ情勢
01: 20: 35 トラバント
01: 22: 58 ウクライナ疑惑
01: 24: 32 大統領を「弾劾すべき」かの世論調査
01: 25: 37 米トランプ大統領
01: 28: 24 米IT人材
01: 29: 18 米国の主な就労ビザの発行件数
01: 30: 52 米小売り業界
01: 31: 32 米国の小売業売上高ランキング
01: 32: 07 台湾情勢
01: 34: 20 米ウーバーテクノロジーズ
01: 36: 08 国内自動車大手
01: 38: 20 日本企業
01: 39: 50 企業の現預金保有額の推移
01: 40: 49 東京海上HHD
01: 41: 14 東京海上ホールディングスの業績推移
01: 41: 24 ピュアグループ
01: 43: 28 大日本住友製薬
01: 45: 07 省エネ型住宅
01: 47: 16 シェアリングサービス
01: 49: 20 投資リテラシー
01: 50: 16 財政政策
01: 52: 43 債務残高の国際比較
01: 52: 49 一般会計歳出の主要経費の推移
01: 53: 11 イタリア経済
01: 53: 49 財政収支の国際比較
01: 54: 49 米欧貿易
01: 55: 52 韓国自動車産業
01: 57: 10 主な新興国の自動車生産台数
01: 57: 34 韓国経済
01: 59: 00 マイクロプラスチック
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)