ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 987

<国際情勢>サウジ施設 ドローン攻撃で原油高騰
< 経 済 > 金融緩和ドミノ 膨らむ中銀資産
<ビジネス>タブレットレジ、増税控え拡大中


概要:
*訃報/ジン・アビディン・ベンアリ氏(83歳)が死去。チュニジア元大統領、2011年のジャスミン革命で失脚、アラブの春の先駆け
*サウジアラビア情勢/「サウジアラムコ」施設をドローン攻撃。イエメン反政府武装組織フーシ派が犯行声明
*米イラン関係/イラン・ハメネイ師が”アメリカとは対話しない”。トランプ大統領がサウジ攻撃でイランに報復示唆も”戦闘は望んでいない”
*シリア情勢/ロシア、イラン、トルコが首脳会談、シリアの憲法委員会立ち上げで合意。シリア新憲法起草で選挙実施に道
*トルコ情勢/8月の不法出国難民数が8430人で前年同月比5倍。シリア北東部の安全地帯設置が進まず、 EUからの難民対策費用も滞り
*イスラエル総選挙/中道野党連合「青と白」が第一党に。ガンツ元参謀総長がネタニヤフ首相の連立提案を拒否
*米国オピオイド問題/米「パーデュー・ファーマ」が連邦破産法11条の適用申請。オキシコンチンの違法推進で訴訟が2000件以上
*トランプ政権/ボルトン大統領補佐官の後任にロバート・オブライエン氏。国務省、国連代表部などで国際紛争調停交渉の仲裁人務める
*米国政策金利/FRBが政策金利を0.25%引き下げ。年1.75~2.00%で1年ぶりの1%台
*英EU離脱問題/ジョンソン首相が10月31日までに離脱の考え。ユンケル欧州委員長が”目指すものが達成されるならバックストップ条項必要なし”
*台湾情勢/「鴻海精密工業」郭台銘前会長が台湾総統選への出馬を見送り。民進党・蔡英文総統と韓氏の対決へ
*韓国情勢/ソウル検察が自由韓国党・羅氏の捜査を開始。自身の息子受け入れるようソウル大学教授に圧力の疑い
*福島第一原発事故/日韓がIAEAで応酬。韓国が”汚染水問題は未解決で世界中で恐怖と不安が増大”。日本は”事実に基づかず受け入れられない”
*小泉進次郎環境相/除染廃棄物の最終処分場問題で”福島県民との約束守るため全力尽くす”。ネットで自分の意見すら持ってるか怪しいとの批判
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「アシックスの廣田康人社長」だったら、20年ぶりの最終赤字となったが、どのような立て直しを図るか?
*世界中央銀行/金融緩和ドミノで膨らむ中銀資産。日銀の7月末の総資産は5兆2340億ドル、ECBが2018年末終了の量的緩和を再開
*日米貿易/トランプ政権が対日関税協定署名を議会に通知。2020年大統領選前に農畜産品の対日輸出拡大狙い
*長崎県対馬/日本人こそ知るべき魅力。8月の韓国人観光客数が前年比8割減少。海釣り、トレッキング、白嶽神社、金田城跡など豊富な魅力
*三菱商事/元社員のデリバティブ取引で約345億円の損失が発生。該当社員を解雇、刑事告訴
*POSレジ市場/増税前でタブレットレジが拡大。「リクルートライフスタイル」のAirレジが飲食、小売りなど約42万店で導入
*中国情勢/1年間のスマホ決済額が約2700兆円。「余杭第一人民医院」が予約、診察、支払いを自動化
*資金調達/東南アジア新興企業に資金。1-6月のスタートアップ資金調達額が上位50社で約6900億円
*バングラデシュ配車大手/「パタオ」エリウスCEOが最大で約54億円を調達。二輪車タクシーを導入、 登録運転手が20万人、1日の配車が約10万件
*世界企業/社債発行が世界で急拡大。「アップル」や「ディズニー」など大型起債、9月の発行額は1日あたり約1兆2100億円
*世界ネット企業/2018年の世界ネット企業売上高は上位5社でシェア73%。無形資産の経済では勝者が総取りし寡占進む
*エクアドル情勢/約2000万人分の個人情報が流出。エクアドルのIT企業「ノバエストラット」のセキュリティーに問題か
*ボーイング/FAA認証手続きに米国議会などから批判、ソフト修正の審査に遅れ。ロシアのリース会社が賠償求め提訴
*ウィーワーク/「ウィーカンパニー」が上場延期。企業価値470億ドルが150億ドルまで目減りの見通し
*米国雇用情勢/カリフォルニア州・ニューサム知事が労働者保護の州法案に署名。ギグワーカーを従業員として扱うよう企業に義務付け
*米国排ガス規制/トランプ政権が自動車の排ガス規制を緩和。全米統一の新基準を導入、カリフォルニア州の独自規制権限を撤回
*オーストラリア情勢/2018年の中国からの入国者数が143万人。留学生、個人旅行が増加
*中国乳業大手/「蒙牛乳業」が豪「ベラミーズ」買収を発表。約1100億円で全株取得へ
*人工肉市場/中国の人工肉企業が台頭。「プラネットグリーン」は1300円のハンバーガーを半月で1万食販売
*世界鉄鋼市場/1-7月粗鋼生産量は5億7700万トンで過去最高ペース。新高炉の一斉稼働で中国発の鉄冷えへの警戒感が高まる
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#987
00: 20: 16 訃報
00: 22: 48 サウジアラビア情勢
00: 26: 51 攻撃を受けたサウジの石油施設の立地
00: 30: 13 原油価格・WTI先物の推移
00: 30: 37 日本の原油輸入先
00: 30: 51 サウジアラビアとイラン
00: 33: 25 米イラン関係
00: 35: 32 シリア情勢
00: 37: 31 シリアにおける各勢力の影響圏
00: 38: 44 トルコ情勢
00: 38: 47 周辺国に避難したシリア難民の数
00: 40: 41 イスラエル総選挙
00: 41: 22 イスラエル総選挙の結果
00: 44: 00 米オピオイド問題
00: 44: 48 米国のオピオイド過剰摂取による死亡者数の推移
00: 44: 59 米国の州別の薬物過剰摂取による死亡者数
00: 45: 22 米国の違法薬物に対する中国への認識の一例
00: 46: 52 米トランプ政権
00: 48: 59 米政策金利
00: 50: 49 日米欧の政策金利の推移
00: 52: 44 英EU離脱問題
00: 57: 11 台湾情勢
00: 59: 14 韓国情勢
01: 02: 43 福島第一原発事故
01: 03: 40 世界の原発等からのトリチウム年間排出量
01: 06: 28 小泉環境相
01: 09: 23 RTOCS
01: 10: 06 会社概要
01: 10: 33 アシックスの売上高推移
01: 10: 48 アシックスの連結業績推移
01: 11: 16 アシックスの地域別業績
01: 11: 35 マラソンシューズにおけるNIKEのイノベーション
01: 12: 45 世界マラソンメジャー大会における上位選手のシューズブランド
01: 13: 40 世界スポーツアパレル企業売上高
01: 13: 59 世界スポーツアパレル企業時価総額
01: 14: 12 ASICS,Nike,adidasの売上高長期推移
01: 17: 06 ASICS,Nikeの広告宣伝支出推移
01: 17: 16 主要スポーツメーカー商品別売上構成
01: 17: 39 日米スポーツシューズ使用目的別比率
01: 18: 14 アパレルブランド価値TOP10
01: 18: 40 スポーツアパレル・フットウェア国別市場規模
01: 19: 02 中国市場におけるブランド別売上シェアTOP10
01: 19: 30 アシックスの保有ブランド
01: 20: 07 アシックスの現状と問題
01: 20: 34 アシックスの課題と方向性(案)
01: 21: 07 頂上作戦マーケティング
01: 21: 36 スポーツジム併設の直営店展開(案)
01: 21: 54 ユニクロとの資本提携・協業(案)
01: 22: 32 アウトドアブランドの強化(案)
01: 28: 08 世界中央銀行
01: 30: 28 日米貿易
01: 32: 00 長崎県対馬
01: 35: 50 三菱商事
01: 37: 12 POSレジ市場
01: 39: 15 中国情勢
01: 40: 30 各国のキャッシュレス決済比率の状況
01: 43: 33 資金調達
01: 44: 26 バングラデシュ配車大手
01: 45: 10 世界企業
01: 46: 17 世界ネット企業
01: 47: 58 エクアドル情勢
01: 49: 32 米ボーイング
01: 50: 14 ボーイングの業績推移
01: 50: 22 ボーイングのセグメント別の業績
01: 50: 41 ボーイングの株価推移
01: 51: 28 米ウィーワーク
01: 52: 08 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの主な投資先
01: 53: 16 米雇用情勢
01: 55: 12 米排ガス規制
01: 55: 36 オーストラリア情勢
01: 56: 09 豪州の輸出品・サービス
01: 56: 23 国別の豪州への訪問者数
01: 56: 39 中国乳業大手
01: 57: 50 人工肉市場
01: 59: 02 世界鉄鋼市場
01: 59: 13 世界の粗鋼生産量
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)