ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
人生を豊かにする教養 ~中国の古典を読む~ > 人生を豊かにする教養 ~中国の古典を読む~ 04

資治通鑑・庶民生活


概要:
一般的に歴史書というと、戦争の記述や政治の記事ばかり書かれているイメージだが、『資治通鑑』には、詳しい庶民生活の様子や動物に関わる不思議な話、面白い話、天体観測等、幅広い内容が記述されている。特に中国では天体観測が重要な意味を持っており、天空の現象は人間社会の予兆と捉えられ、記述を残せば将来が予測できるということで、本書にも記録は多い。日本で言えば弥生時代のころ、驚くべき技術や国のスケールを感じられる『資治通鑑』は、他の史録とはひと味違うということが理解いただけるだろう。
『資治通鑑』の中から庶民の生活を見ると、5世紀ころの服装は、男は帽子をかぶり、竹製の名刺を所有する。食生活は、貧民はブタの腸を生で食し、箱状のベッドで寝ていたという。エピソードとして、財産分与の心温まる話や、「酒に別腸」という、満腹でも酒は入る、今で言う別腹のようなコミカルな話、反対に貞女や仇討といった物悲しい実話も載っている。中国は既に南方、西域との交易があり、東南アジアから火を吹く奇術師が芸を見せにきたり、アラブ、カンボジアルートで凸レンズが入ってきたりと、物品の流通もあった。

興味深いのは、ほとんど記録されていない東南アジアの歴史を知るためには、中国の歴史書を読めばいいということだ。筆まめな人がグローバルな出来事を事細かく記録している。中には怪奇現象として、龍を見た、雌が雄になった、ニワトリの足が4本になった等の奇怪な内容もあり、政府が公認した歴史書とは思えないほどだ。お金に関する生々しい話もある。後漢の時代、悪人たちが古くなった銅銭に目を付け、大量に偽造通貨を製造。政府が取り締まり悪人を死刑に処したが、それでも偽造は続いたとのことだ。貨幣偽造の技術もさることながら、精巧なからくり人形の技術も、目を見張るものがある。ただ、派手でぜいたくなガジェットを好む皇帝と好まない皇帝がいたという事実もあった。

『資治通鑑』は日本との考え方の違いにも気付かされる。例えば仇討ちに対して、決行者を死刑にしており、仇討ちのエンドレスを切るための措置において、日本と真逆の思考が感じられる。全ては実際に読んでみないと理解できないことであり、真の中国を語るに本書は必読の書物だろう。時代的にも人間的にもスケールの大きさを味わい、自然災害や社会生活等、大きなところから中国をあらためて見てほしい。文献として『資治通鑑に学ぶリーダー論』は、本書の一番の使命であるリーダー論を解説したもの、『世にも恐ろしい中国人の戦略思考』は、その裏側にある策略を解説したものとして参考にされたい。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 資治通鑑・庶民生活
00: 01: 06 目次
00: 01: 41 知っておきたい庶民生活(1/2) ベッド、名刺、豚の腸
00: 06: 59 知っておきたい庶民生活(2/2) アラブ・東南アジア人の渡来、帽子の着用
00: 11: 07 ほっこりとする話 財産分け、酒に別腸
00: 16: 20 時代の犠牲になった哀しい話 貞女、仇討
00: 21: 54 動物に関わる不思議な話・面白い話 猫と鼠の友愛、象を馴らす
00: 26: 58 天体観測 隕石、日食、彗星
00: 30: 24 怪奇現象 雌が雄に、龍が出現
00: 33: 55 お金にまつわる話 悪銭鋳造、死刑でも止まず
00: 39: 53 からくり人形 列子のダンサー、水力駆動の人形
00: 42: 46 からくり人形・温室 煬帝のウェイトレス
00: 46: 06 大仏、巨艦 とにかくデカい!
00: 50: 30 日本と類似のエピソード 安宅の関、三本の矢
00: 53: 26 資治通鑑を読む意義 総括
00: 58: 08 私の資治通鑑関連書5冊 概要
講師紹介: 麻生川 静男(あそがわ しずお)
リベラルアーツ研究家

1980年京都大学大学院工学研究科卒業後、住友重機械工業株式会社に入社。
システムエンジニアーを経て、データマイニング事業を遂行。ミュンヘン工科大学、カーネギメロン大学工学研究科に留学。徳島大学大学院工学研究科にて博士(工学)取得。複数のITベンチャーの顧問歴任後、2008年京都大学産官学連携本部のIMS寄付研究部門・准教授。2010年「リベラルアーツ教育によるグローバルリーダー育成フォーラム」を設立し、運営する。

『麻生川 静男』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:倉見 慶子

Copyright(c)