ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
話し合いの成果を高めるファシリテーション > 話し合いの成果を高めるファシリテーション 01

いい会議とファシリテーションの関係


概要:
働き方の多様化を受け、ビジネスにおける労働効率が重要課題に挙がっている昨今、とりわけ会議や打ち合わせ、ミーティング、医療現場のカンファレンスなど、何かを決めるために複数名で集まって話し合う場に対して浮かぶイメージは、とにかく長い、結構疲れる、結局結論が出ない等々、あまり芳しくないのではなかろうか。効果的な会議の運営法を学ぶ全4回の当シリーズ、講師には、わが国でいち早くファシリテーションの考えを説いてきた森雅浩氏を迎える。
東京出身の森氏は、早稲田大学を卒業後、10年間の会社員生活を経て海洋環境系団体に身を投じ、国際会議等をプロデュース。活動を通した縁により、人と自然をつなぐプログラムを提供するBe-Nature Schoolの立ち上げに関わり、1998年の社名変更と同時に代表取締役に就任。現在はワークショップの企画やファシリテーション、研修講師等で活躍。共著に『ファシリテーション~実践から学ぶスキルとこころ』などがある。

近年、情報伝達の方法やリーダーシップの意義は大きく変化している。かつてはトップダウンやボトムアップが推奨されたピラミッド型だったが、社会の複雑化に伴いあらゆるものが双方向で影響し合うクモの巣状のウェブ型へ推移し、単純解が見つかりにくくなってきた。それぞれが問い合って最適解を探っていくには、場を支配するワンマンではなく、参加型の場づくりを推進するファシリテーターの役割が重要になってくる。

ファシリテーターは、進行推進役、そそのかし役、はたまた助産婦とも言われるらしい。自分が主役ではなく、議長のように議決権も持たず、誰かが勇気を持って何かをすることを容易にする、支援する立場だ。話し合いの中で意識的に相互作用を促すことで、参加者の当事者意識が高まり、議題を自分事として受け止め、共創や協働に結び付いていく。 よい会議とは、決定事項が日常業務に反映され遂行される創造的なものだ。クリエーティブな成果を生む話し合いには流れがある。まず目的や情報、課題等を知る「共有」。次にアイデアを広げ、可能性を模索する「拡散」。厄介だが納得感を引き出すためには肝となる「混沌」を経て、整理や絞り込みの「収束」。最後が結果を文章などで確認する「共有」だ。ファシリテーションの考え方と基本スキルを理解し、得た知識を使ってよしやってみようと一歩踏み出すことこそ、当講座の求める成果と言える。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 いい会議とファシリテーションの関係
00: 00: 47 講師プロフィール
00: 05: 42 シリーズ一覧
00: 07: 07 この講座の求める成果
00: 07: 26 セッション1 いい会議とファシリテーションの関係
00: 08: 15 それぞれの役割
00: 08: 53 視聴の心得
00: 09: 32 会議といえば?(1)
00: 10: 01 会議といえば?(2)
00: 10: 04 会議といえば?(3)
00: 10: 06 会議といえば?(4)
00: 10: 08 会議といえば?(5)
00: 10: 14 会議といえば?(6)
00: 10: 17 会議といえば?(7)
00: 10: 21 会議といえば?(8)
00: 10: 23 会議といえば?(9)
00: 10: 29 会議といえば?(10)
00: 10: 42 会議とは(辞書の説明)
00: 11: 32 会議とは?(1)
00: 11: 35 会議とは?(2)
00: 11: 36 会議とは?(3)
00: 11: 39 会議とは?(4)
00: 11: 44 会議とは?(5)
00: 12: 10 会議とは?(6)
00: 13: 01 よい会議とは?(1)
00: 13: 08 よい会議とは?(2)
00: 13: 11 よい会議とは?(3)
00: 13: 14 よい会議とは?(4)
00: 13: 17 よい会議とは?(5)
00: 13: 21 よい会議とは?(6)
00: 13: 30 よい会議とは?(7)
00: 13: 57 よい会議とは?(8)
00: 14: 01 よい会議とは?(9)
00: 14: 42 なぜ話し合いが必要でファシリテーションが有効なのか?(1)
00: 14: 48 なぜ話し合いが必要でファシリテーションが有効なのか?(2)
00: 15: 06 「ピラミッド型社会」から「ウェブ型社会」へ(1)
00: 15: 45 「ピラミッド型社会」から「ウェブ型社会」へ(2)
00: 15: 46 「ピラミッド型社会」から「ウェブ型社会」へ(3)
00: 15: 58 「ウェブ型(ネットワーク型)」社会の広がり
00: 17: 31 情報伝達やリーダーシップの変化
00: 18: 23 問題が複雑に関係しあい、単純な正解がない(1)
00: 18: 47 問題が複雑に関係しあい、単純な正解がない(2)
00: 18: 59 問題が複雑に関係しあい、単純な正解がない(3)
00: 21: 08 Facilitate(1)
00: 22: 04 Facilitate(2)
00: 23: 50 Facilitator/ファシリテーター(1)
00: 23: 57 Facilitator/ファシリテーター(2)
00: 24: 53 Facilitator/ファシリテーター(3)
00: 25: 05 Facilitator/ファシリテーター(4)
00: 26: 08 ファシリテーションのある場の三大特長
00: 30: 39 相互作用
00: 32: 43 ファシリテーションは会議をどう変えるか(1)
00: 33: 05 ファシリテーションは会議をどう変えるか(2)
00: 33: 06 ファシリテーションは会議をどう変えるか(3)
00: 33: 10 ファシリテーションは会議をどう変えるか(4)
00: 33: 11 ファシリテーションは会議をどう変えるか(5)
00: 35: 28 創造的な話し合いの流れを理解しよう(1)
00: 35: 50 創造的な話し合いの流れを理解しよう(2)
00: 35: 56 創造的な話し合いの流れを理解しよう(3)
00: 36: 58 創造的な話し合いの流れを理解しよう(4)
00: 37: 02 創造的な話し合いの流れを理解しよう(5)
00: 38: 08 創造的な話し合いの流れを理解しよう(6)
00: 38: 13 創造的な話し合いの流れを理解しよう(7)
00: 38: 42 創造的な話し合いの流れを理解しよう(8)
00: 38: 44 創造的な話し合いの流れを理解しよう(9)
00: 40: 35 創造的な話し合いの流れを理解しよう(10)
00: 40: 40 創造的な話し合いの流れを理解しよう(11)
講師紹介: 森 雅浩(もり まさひろ)


『森 雅浩』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)