ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 956

<国際情勢>非核化・見返りで米朝攻防
< 経 済 > 日産の生産計画撤回 英で危機感強まる
<ビジネス>「債券王」グロス氏、成績不振で引退へ


概要:
*米韓関係/米国務省が在韓米軍駐留費の分担で韓国と合意。韓国側の分担を8億ドルから10億ドルへ引き上げ
*米朝首脳会談/トランプ大統領が2月27日と28日にベトナムで金正恩氏と会談。朝鮮半島の平和への歴史的取り組みを継続
*米朝関係/2度目の米朝首脳会談でトランプ大統領の終戦宣言も。日米、日朝関係の見直しを迫られる可能性
*INF全廃条約/日ロ平和条約交渉で極東へのミサイル配備を控えるよう要求。核の傘維持へ日米連携を強化
*米中関係/トランプ大統領が米中首脳会談の可能性を否定。3月1日に米中貿易交渉の期限
*米国議会/トランプ大統領が就任2回目の一般教書演説。”国民は2党による統治でなく一つの国家としての統治を望んでいる”
*ロシアゲート問題/モラー特別検察官が1月末までに37個人・団体を起訴。ロシア疑惑の捜査大詰め
*トランプ大統領/トランプ大統領の時間の大半は”オタク活動”。1日の60%はエグゼクティブ・タイム
*オーストラリア情勢/政府が黄向墨氏の永住権を取り消し。不動産開発で成功した中国人実業家で過去に豪政治家に多額の献金
*バルカン半島情勢/NATOがマケドニア加盟承認の議定書に署名。北マケドニア共和国への国名変更でギリシャとの対立を解消
*欧州情勢/「日産自動車」がイギリスでの生産計画を中止。独「BMW」は英国工場での生産を休止。「野村HD」はEU側への口座移設を加速
*英EU離脱問題/メイ首相がアイルランド国境問題で法的拘束力ある変更を求める。ユンケル欧州委員長は協定案再交渉を拒否
*仏伊関係/フランス政府が駐イタリア大使を召還。伊ディ・マイオ副首相の”黄色いベスト”参加者との面会に抗議で
*独エネルギー政策/メルケル首相が石炭火力発電を2038年までに全廃。再生可能エネルギーが発電量全体の40%を突破
*携帯基地局市場/「ファーウェイ」を排除、5Gへの投資でコストと技術面での懸念が拡大
*ベネズエラ情勢/マドゥロ氏の民主的選挙実施拒否でグアイド暫定大統領を承認。米国に続き国際的圧力が強まり
*ローマ法王/ローマ法王フランシスコがUAEのアブダビを訪問。皇太子らと会談、野外ミサに約18万人が参加
*タイ情勢/3月24日総選挙にタイ国家維持党がプミポン前国王の長女ウボンラット王女を首相候補に擁立
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「オリコンの小池 恒 社長」だったら、 7期連続で売上減少の中、どのよう な打開戦略を描くか?
*中国経済/景気対策に40兆円超。2018年、1000社減益、赤字も1割、貿易戦争や消費低迷が重荷
*サウジアラビア情勢/10年で48兆円投資の見込み。メガ鉄鋼プラント、太陽光発電など盛り込んだ新産業戦略を発表
*丸紅/サウジアラビアで海水淡水化事業を受注。現地企業など4社と共同でプラント建設、25年間の運営で 総事業費は約600億円
*マイクロソフト/2018年10-12月期売上高が前年同期比で12%増加。継続課金のクラウドにシフト
*ビル・グロース氏/債券王が資産運用から引退。1971年に「PIMCO」を共同創業、運用資産額は約32兆円
*世界鉄道車両大手/独「シーメンス」と仏「アルストム」が鉄道事業統合計画を撤回。欧州委員会の承認得られず
*中国アリババ集団/「アマゾン」見据えクラウドと小売への投資を拡大。中国でのネット通販以外に稼げる事業がない危機感
*印ストアキング/ネット難民を狙い急成長。ネットが利用できない消費者で地方の8億人に照準
*ナイキ/靴底のロゴが”アッラー”(神)のアラビア語に酷似とエアマックスの回収求め署名活動
*アマゾン・ドット・コム/ジェフ・ベゾスCEOが不倫報道めぐる「AMI」からの脅迫メールを公表。政治的な意図を示唆。NY第二本社計画の撤回を検討
*日産自動車/ゴーン元会長への退任後報酬約90億円の支払いを拒否。4月8日に臨時株主総会でゴーン被告とケリー被告を解任へ
*仏ルノー/ゴーン元会長兼CEOを通報。ベルサイユ宮殿支援の文化事業で見返りに宮殿で結婚披露宴。節税目的のスイス移住計画疑惑も
*自動運転/「日産」「ルノー」「三菱自」連合が米「ウェイモ」と自動運転で提携。「インテル」と「フォード」「VW」、「ソフトバンク」「トヨタ」「マツダ」などが世界で陣営作り
*自動車業界/”自動車産業はモデルチェンジ途上”と日本自動車工業会・豊田会長が2018年末に会見
*トヨタ自動車/新会社「KINTO」を立ち上げ定額サービスを開始。「レクサス」6車種を半年ごとに乗り換え月額料金は19万4400円
*ソフトバンクグループ/孫正義社長が69歳まで社長続ける考え。70代前にバトン渡す体制へ
*宅配大手/大手3社の再配達率が15%で下げ止まり、自宅で受け取るニーズ根強く”置き配”で挑む
*中国春節/旧正月で中国の大型連休開始。延べ約30億人が移動、過去最高700万人が海外旅行に
*国内大型連休/改元に伴う4月27日-5月6日の連休で10連休本当に休めるか。”うれしくない”は職業別主婦(夫)が57%
*空き家問題/東京都、豊島区、横浜市が条例で組合を設立し運営など支援。築40年超の物件が20年後に352万件の見通し
*三菱地所/英ロンドンに超高層ビルを建設へ。高さ204メートル、地上51階、地下3階のオフィスビル
*日ロ関係/安倍首相が領土問題解決後に平和条約締結の方針。”プーチン大統領と私の手で終止符”
*統計不正問題/根本・厚生労働相が野党試算に”おっしゃるとおり”。2018年1-11月の実質賃金伸び率 は平均0.5%マイナス
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#956
0.0: 11.0: 54 米韓関係
0.0: 13.0: 51 在日米軍駐留経費負担の推移
0.0: 14.0: 50 米朝首脳会談
0.0: 19.0: 8 米朝関係
0.0: 21.0: 47 朝鮮戦争
0.0: 22.0: 9 米国が参戦した主な戦争での米兵死者数
0.0: 22.0: 25 米国が参戦した主な戦争で要した戦費
0.0: 22.0: 35 米国大統領の条約締結における権限
0.0: 23.0: 30 日本周辺における主な兵力の状況
0.0: 26.0: 12 主要国の防衛費
0.0: 26.0: 54 INF全廃条約
0.0: 30.0: 17 米中関係
0.0: 31.0: 59 米議会
0.0: 34.0: 43 ロシアゲート問題
0.0: 36.0: 19 米トランプ大統領
0.0: 38.0: 35 オーストラリア情勢
0.0: 39.0: 31 豪州における国別の外国出身者数
0.0: 42.0: 58 バルカン半島情勢
0.0: 43.0: 57 欧州におけるNATO加盟国
0.0: 46.0: 40 欧州情勢
0.0: 48.0: 0 英国でのメーカー別自動車生産台数
0.0: 49.0: 20 英EU離脱問題
0.0: 51.0: 1 仏伊関係
0.0: 52.0: 10 独エネルギー政策
0.0: 52.0: 47 電源別のライフサイクルCO2排出量
0.0: 53.0: 12 ドイツの発電における電源別比率
0.0: 53.0: 49 電気料金の国際比較
0.0: 54.0: 29 携帯基地局市場
0.0: 56.0: 26 ベネズエラ情勢
0.0: 58.0: 4 ローマ法王
0.0: 59.0: 28 タイ情勢
1.0: 4.0: 47 RTOCS
1.0: 5.0: 21 会社概要
1.0: 5.0: 53 オリコン沿革および事業変遷
1.0: 6.0: 19 オリコン沿革および事業変遷
1.0: 6.0: 32 オリコンの事業別売上高構成
1.0: 6.0: 59 オリコンの事業別売上高推移
1.0: 7.0: 26 オリコンの事業別営業利益
1.0: 7.0: 50 オリコンの主要WEBメディア
1.0: 8.0: 28 オリコン顧客満足度調査
1.0: 8.0: 46 【参考】オリコン顧客満足度ランキング(生命保険)
1.0: 9.0: 27 国内媒体別広告費
1.0: 9.0: 36 モバイルコンテンツの国内市場規模
1.0: 9.0: 55 モバイルコンテンツの国内市場規模
1.0: 10.0: 8 オリコンのモバイルコンテンツ事業売上高
1.0: 10.0: 30 オリコンの音楽データベース事業の概要
1.0: 11.0: 4 国内音楽ソフト売上高推移
1.0: 11.0: 27 オリコンのクロスSWOT
1.0: 11.0: 47 オリコンの方向性(案)
1.0: 12.0: 49 購買行動における専門情報サイトの役割
1.0: 13.0: 20 購買行動における専門情報サイトの役割
1.0: 13.0: 36 主要専門情報サイトの売上高、営業利益、時価総額
1.0: 14.0: 9 主要専門情報サイトの月間訪問者数
1.0: 14.0: 40 主要専門情報サイトの平均滞在時間
1.0: 15.0: 6 主要専門情報サイトとの違い
1.0: 16.0: 6 オリコンの方向性:WEBメディア強化案
1.0: 17.0: 42 旧日本海軍戦艦
1.0: 18.0: 41 オーストラリア豪雨
1.0: 21.0: 55 中国経済
1.0: 23.0: 42 サウジアラビア情勢
1.0: 24.0: 17 サウジアラビアへの直接投資流入額の推移
1.0: 24.0: 42 サウジアラビアの輸出品目
1.0: 25.0: 39 丸紅
1.0: 26.0: 22 世界の水ビジネスの市場規模
1.0: 26.0: 40 世界の水ビジネスの市場規模
1.0: 27.0: 49 マイクロソフト
1.0: 28.0: 23 米IT「ビッグ5」の時価総額
1.0: 29.0: 54 ビル・グロース氏
1.0: 31.0: 41 世界鉄道車両大手
1.0: 32.0: 16 鉄道設備メーカーの売上高
1.0: 33.0: 44 中国アリババ集団
1.0: 34.0: 14 アリババ集団のセグメント別売上高
1.0: 35.0: 3 印ストアキング
1.0: 35.0: 47 各国のBtoC-EC市場規模
1.0: 35.0: 57 Storeking
1.0: 37.0: 34 米ナイキ
1.0: 38.0: 31 ナイキ「エアマックス270」の裏底
1.0: 39.0: 28 米アマゾン・ドット・コム
1.0: 43.0: 35 日産自動車
1.0: 46.0: 31 仏ルノー
1.0: 48.0: 14 自動運転
1.0: 48.0: 54 自動車業界
1.0: 49.0: 57 トヨタ自動車
1.0: 51.0: 30 ソフトバンクグループ
1.0: 52.0: 15 宅配大手
1.0: 53.0: 23 中国春節
1.0: 54.0: 56 国内大型連休
1.0: 56.0: 16 空き家問題
1.0: 56.0: 36 分譲マンションの戸数
1.0: 57.0: 31 三菱地所
1.0: 58.0: 28 日ロ関係
1.0: 59.0: 4 統計不正問題
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)