ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
IoTがビジネスを変える! > IoTがビジネスを変える! 03

IoTを活用した様々な取組み事例


概要:
センシングなどによる情報収集から分析・シミュレーションを行い、多様な課題に最適解を提供するIoTは、主に製造工場や設備等の領域で、高価な装置につないで管理すると受け取られがちだ。実際は、森林や漁場、店舗、地域、市街地など多彩なフィールドにおいて、共通基盤上でアプリを重畳し実装されている。IoTをビジネスとして展開していくためのヒントを学ぶ当番組、第3回目は、10を超えるさまざまな活用事例を具体的に詳しく紹介していく。
愛知県碧南市で金属加工業を営む旭鉄工は、生産ラインの安価な見える化で稼働率向上と残業軽減に成功している。取引先から3割増産を要望され、大規模投資ができない同社は頭を抱えた。解決策は、秋葉原で単価50円で購入した光・磁気センサー。各所設置のパトライトにセンサーをセットすることで、ライン作動データを自動で正確に取得でき、故障予知が可能になって生産性が大幅に上昇した。大型資金投入が難しい中、できることから行っていくアプローチを自社で証明したソリューションは、同様の問題に悩む中小企業向けに外販されている。

観光地として名高い伊勢神宮の参道にある老舗食堂のゑびやは、カメラ画像と諸データを組み合わせた分析で予測経営を実現している。通信企業出身の若き跡継ぎは、お店の入り口にカメラを設置してお客さまの性別、年齢、入店時の表情などを収集。天気、時間帯、過去の売り上げ等200以上の項目と合わせクラウド解析することで、店舗の状態や1日の来店者数をほぼ確実に予測できる。勘や経験に頼らずとも、データドリブンで効率的な運営を可能にする手法は、他業種へもセールス展開されている。

長野県伊那市は、伊那市有線放送農業協同組合が年に3回主催するハッカソンから出たアイデアを実装し、社会課題の解決に取り組んでいる。くくりわな捕獲通信システムは、シカがわなにかかったことをLoRaWAN(広域省電力無線網)を使って速報する仕組みだ。迷惑なシカも肉が新鮮なうちならビジエとして利用できる。当初スマホ通知を前提にしていたが、猟友会メンバーに利用者がいないことでライト点灯が採用された。同市は商用化を検討している。IoTは、通信やデータ蓄積等のインフラを共通化することで低コストで導入でき、さまざまな現場、企業、環境で幅広い活用が期待できる。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 IoTを活用した様々な取組み事例
00: 00: 57 IoTがビジネスを変える! 第3回 IoTを活用した様々な取組み事例
00: 01: 48 IoTビジネス課題識別フレームワークを用いた検討の仕方(1)
00: 02: 09 IoTビジネス課題識別フレームワークを用いた検討の仕方(2)
00: 02: 18 IoTビジネス課題識別フレームワークを用いた検討の仕方(3)
00: 02: 20 IoTビジネス課題識別フレームワークを用いた検討の仕方(4)
00: 02: 23 IoTビジネス課題識別フレームワークを用いた検討の仕方(5)
00: 02: 30 IoTビジネス課題識別フレームワークを用いた検討の仕方(6)
00: 03: 45 工場のIoT:旭鉄工が実現した安価な見える化ソリューション
00: 08: 09 工場のIoT:モバイル活用した保守・メンテと動線管理(1)
00: 10: 19 工場のIoT:モバイル活用した保守・メンテと動線管理(2)
00: 12: 40 機器のIoT:サトーHDのプリンタ遠隔管理サービスSOS(Sato Online Service)
00: 14: 23 設備機器のIoT:ポンプをセンサーでつないで遠隔で故障検知・管理
00: 17: 19 お店のIoT:伊勢の老舗食堂「ゑびや」のデータドリブンな予測経営
00: 20: 11 林業のIoT:コマツが石川県と協働で進める「FOREST SCOPE」
00: 22: 58 漁業のIoT:センサーブイとAI画像解析によるまぐろの管理(1)
00: 24: 34 漁業のIoT:センサーブイとAI画像解析によるまぐろの管理(2)
00: 25: 34 健康状態のIoT:Fitbitによる健康状態の可視化と管理・改善
00: 29: 44 酪農のIoT:ファームノートによる牧場での牛群管理
00: 31: 31 農業のIoT:「みどりクラウド」によるビニールハウスのモニタリング
00: 34: 27 地方のIoT:伊那市ハッカソン第1回、第2回の優勝チームの内容(1)
00: 36: 56 地方のIoT:伊那市ハッカソン第1回、第2回の優勝チームの内容(2)
00: 44: 25 車のIoT:テレマティクスによる社用車の管理・監視/保険の最適化(1)
00: 45: 30 車のIoT:テレマティクスによる社用車の管理・監視/保険の最適化(2)
00: 47: 00 船のIoT:船舶テレマティクス
00: 49: 14 オフィスのIoT:見えない居室空間の環境や動線をデジタル化
00: 54: 27 街全体のIoT:バルセロナシティのスマートサービス
講師紹介: 八子 知礼(やこ とものり)
株式会社ウフルCIO 兼 IoTイノベーションセンター所長 エグゼクティブコンサルタント
松下電工(現パナソニック)、アーサーアンダーセン/ベリングポイント、デロイト トーマツ コンサルティング執行役員パートナー、シスココンサルティングサービスのシニアパートナーを経た後2016年4月より現職。通信/メディア/ハイテク業界中心のビジネスコンサルタントとして新規事業戦略立案、バリューチェーン再編等を多数経験。MCPC、ITスキル研究フォーラム、新世代M2Mコンソーシアムでの委員、理事などを歴任、現在はCUPA(クラウド利用促進機構)運営委員・アドバイザー、日本英語教育検定協会理事、mRuby普及促進協議会アドバイザーを務める。著書に「図解クラウド早わかり」(中経出版)、「モバイルクラウド」(中経出版)、「IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書」(SBクリエイティブ)がある。

『八子 知礼』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小泉 陽以

Copyright(c)