ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 953

< 政 治 > 日ロ外相平和条約で初協議 ロシア、領土で揺さぶり
<国際情勢>米原油生産45年ぶり首位 エネルギー地政学一変
<ビジネス>デジタル革命 越境転職促す


概要:
*太陽光発電/2019年度の買い取り価格は1キロワット時当たり14円。2012年度の制度開始時は40円
*原子力政策/「日立製作所」が英国から、「三菱重工業」がトルコから撤退で海外案件がゼロに。憂慮される原発の技術や人材が散逸
*奨学金制度/文部科学省が保証制度の見直しに着手。人的保証の廃止、全ての学生から保証料徴収を検討
*転職市場/デジタル革命が越境転職を促す。異業種への転職が増加。年功序列の企業は採用が不利に
*国内金融業界/金融×ITで銀行が巻き返し。AI融資は「アマゾン」「リクルート」「楽天」などが先行
*モラトリアム法/中小企業金融円滑化法の施行から10年。不良債権処理損額が2018年4-9期は1728億円
*アイヌ民族/アイヌ新法案を通常国会に提出へ。先住民族であることを日本の法律上で初めて明記
*日ロ関係/河野外相がモスクワでラブロフ外相と会談。平和条約について集中的に議論を
*ロシア情勢/ロシアがベラルーシに石油価格引き上げで圧力。新ポストの創出、領土拡大で人気回復の思惑も
*憲法改正/安倍首相が2020年の新憲法施行で”気持ちは全く変わらない”。公明、日本維新などの主張に隔たり
*東京五輪・パラリンピック/フランス裁判所がJOC・竹田恒和会長の捜査を開始。「ブラック・タイディングス」社へのコンサル料で約2億3000万円が賄賂との見方
*米国エネルギー政策/2018年の原油生産が日量平均1090万バレル。シェールオイルのコスト低減で 45年ぶり首位に
*サウジアラビア原油埋蔵量/2017年末の推定原油埋蔵量は2685億バレルで従来の推定量を上方改定
*シリア情勢/トランプ大統領が”クルド攻撃ならトルコ経済が破滅”。シリア北部で自爆テロ、米兵ら19人が死亡
*米朝関係/米朝再会談を2月末開催へ。首脳会談で完全な非核化の合意も具体的な交渉進まず
*米中関係/中国が対米黒字ゼロを提案。農産品、エネルギーなど6年で約110兆円買い増し
*中国ファーウェイ/スパイ容疑で逮捕の社員を解雇。ポーランド法人販売担当の王偉晶容疑者
*連邦政府予算/トランプ大統領が政府の短期再開案を拒否。米中貿易交渉、米国債デフォルトの懸念も
*米PG&E/連邦破産法11条適用申請へ。カリフォルニアの相次ぐ山火事の訴訟で約3兆円負債の可能性
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「株式会社はせがわの江崎徹社長」だったら、家族構成の縮小や終活 ブームなど死や葬儀に関する環境や意識が変化するなか、どのような事業戦略を描くか?
*香港情勢/中国国歌”義勇軍行進曲”に対する侮辱行為を禁止など国家条例案を公表
*英EU離脱問題/英下院でメイ首相の離脱協定案が否決。EUが合意なき離脱の回避へ延期容認論
*マケドニア情勢/議会が国名変更の改憲案を承認。北マケドニア共和国に変更でギリシャとの対立解消へ
*米シアーズHD/ランパート前CEOによる約5700億円の買収案を受け入れ。全米425店舗の営業を継続、4万5000人の雇用は維持へ
*中韓情勢/中国に一言も言えない韓国・青瓦台。北朝鮮核問題への協力が必要で正面から問題提起できず
*微小粒子状物質/地下鉄駅構内でPM2.5を計測。ブレーキや車輪とレールの摩擦で鉄などの微小粒子が発生
*ゴールドマン・サックス/デービッド・ソロモンCEOが「1MDB」めぐる資金流用疑惑で元幹部ライスナー被告の関与を謝罪
*ビル・グロース氏/投資家がグロース氏のファンドから資金を引き揚げ。2月の約2400億円から12月には約1000億円に
*台湾TSMC/2019年1-3月期の営業利益が前年同期比で2割減少見通し。iPhoneの販売不振などの影響
*インドネシア・トコペディア/インドネシア通販サイト最大手がAIで需要予測。配送コストを削減
*国内自動車大手/韓国公正取引委員会が「韓国トヨタ」に表示広告法違反。「韓国日産」と「日産自動車」も 表示広告法違反容疑で告発
*日産・ゴーン元会長/元会長の姉と実態ないコンサル契約。仏政府がゴーンCEOの解任求める。「日産」「ルノー」を経営統合へ
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#953
0.0: 20.0: 44 太陽光発電
0.0: 21.0: 14 再生可能エネルギー発電設備の導入状況
0.0: 21.0: 44 再生可能エネルギーの買取状況
0.0: 22.0: 25 原子力政策
0.0: 25.0: 23 稼働中の原発
0.0: 25.0: 43 建設中・建設準備中の原発
0.0: 27.0: 33 奨学金制度
0.0: 29.0: 51 奨学金の総貸与残高の推移
0.0: 29.0: 58 奨学金の返還者数の推移
0.0: 30.0: 12 転職市場
0.0: 31.0: 46 国内金融業界
0.0: 32.0: 37 モラトリアム法
0.0: 35.0: 13 アイヌ民族
0.0: 37.0: 5 日ロ関係
0.0: 44.0: 15 ロシア情勢
0.0: 45.0: 43 ベラルーシ基本情報
0.0: 48.0: 40 ロシアと旧ソ連諸国の関係
0.0: 49.0: 25 憲法改正
0.0: 51.0: 35 東京五輪・パラリンピック
0.0: 53.0: 28 米エネルギー政策
0.0: 54.0: 35 米国の原油生産量
0.0: 54.0: 41 米国の原油・原油製品輸入量の推移
0.0: 55.0: 15 サウジ原油埋蔵量
0.0: 56.0: 20 原油生産量・埋蔵量の国別ランキング
0.0: 56.0: 47 サウジアラビアの輸出品目
0.0: 57.0: 0 サウジアラビアの人口と政府支出の推移
0.0: 57.0: 22 シリア情勢
0.0: 59.0: 14 米朝関係
1.0: 1.0: 44 欧米主要メディアの米朝首脳会談への評価
1.0: 2.0: 0 北朝鮮が保有するとみられている大量破壊兵器
1.0: 5.0: 55 米中関係
1.0: 7.0: 28 中国ファーウェイ
1.0: 9.0: 56 連邦政府予算
1.0: 14.0: 2 米PG&E
1.0: 15.0: 45 PG&E (Pacific Gas and Electric Company)
1.0: 16.0: 28 RTOCS
1.0: 17.0: 10 会社概要
1.0: 17.0: 33 はせがわの店舗展開状況
1.0: 18.0: 32 はせがわの事業別売上構成
1.0: 18.0: 42 はせがわの事業別売上高
1.0: 18.0: 54 はせがわの営業利益・純利益
1.0: 19.0: 23 国内死亡者数の将来推計
1.0: 19.0: 33 宗教用具小売業の年間販売額
1.0: 19.0: 47 仏壇・仏具市場縮小の要因
1.0: 20.0: 13 仏壇離れに対する「はせがわ」の取り組み①
1.0: 20.0: 33 仏壇離れに対する「はせがわ」の取り組み②
1.0: 21.0: 0 エンディングマーケットの全体像
1.0: 21.0: 34 エンディングマーケットの全体像
1.0: 21.0: 47 エンディングマーケットの全体像
1.0: 21.0: 57 はせがわの事業拡大戦略(案)
1.0: 22.0: 23 新しいエンディングビジネスの事例
1.0: 23.0: 53 【参考】バーチャル自由壇
1.0: 23.0: 58 はせがわの方向性(案)
1.0: 25.0: 34 生前記録・自分史の作成
1.0: 25.0: 45 サイバー葬儀
1.0: 26.0: 18 サイバー墓参り
1.0: 26.0: 52 生命保険「はせがわパック」
1.0: 37.0: 0 香港情勢
1.0: 38.0: 0 中国と英国が締結した香港についての共同声明
1.0: 39.0: 28 香港市民へのアイデンティティ認識調査
1.0: 40.0: 45 英EU離脱問題
1.0: 45.0: 13 マケドニア情勢
1.0: 45.0: 43 マケドニア概況
1.0: 46.0: 9 ギリシャのマケドニア(テッサロニキ)地方
1.0: 47.0: 25 EU加盟国とEUが認定した加盟候補国
1.0: 47.0: 57 米シアーズHD
1.0: 48.0: 36 シアーズの業績推移
1.0: 48.0: 40 米国の小売業売上高ランキング
1.0: 49.0: 6 中韓情勢
1.0: 50.0: 23 微小粒子状物質
1.0: 51.0: 8 米ゴールドマン・サックス
1.0: 52.0: 15 ビル・グロース氏
1.0: 53.0: 46 台湾TSMC
1.0: 53.0: 57 TSMCの業績推移
1.0: 54.0: 39 インドネシア・トコペディア
1.0: 54.0: 56 国別のユニコーン企業数
1.0: 55.0: 15 インドネシアのユニコーン企業
1.0: 55.0: 57 国内自動車大手
1.0: 56.0: 57 日産・ゴーン元会長
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)