ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 942

< 政 治 > 中国、日本のODA貢献報じよ 政府がメディアに指示、友好演出
<国際情勢>米ロ、11月に首脳会談 INF全廃条約めぐり亀裂
< 経 済 > ブラジル、開始3カ月でゼロ 日系4世の在留申請 日本語習得ハードル


概要:
*訃報/西沢潤一氏(92歳)が死去。電子工学の世界的権威でミスター半導体。米国電気電子技術者協会からエジソンメダルを日本人で初受賞
*日中関係/安倍首相が7年ぶりに中国を公式訪問。習近平国家主席と時代の日中関係へ3原則を確認
*対中ODA/中国外交当局が”日本は中国発展の貢献者、まずは謝謝と言うべき”。安倍首相が対中ODA終了を表明
*カトリック教会/ジョセフ・ゼン枢機卿が中国との暫定合意で法王フランシスコを批判
*INF廃棄条約/ソ連の二の舞いを避けるためプーチン大統領が軍拡競争を否定。ロシア、イラン、北朝鮮など核軍拡競争が息吹き返すとの報道も
*サウジアラビア情勢/トルコ・エルドアン大統領が”凶悪な計画殺人だった”。トランプ政権が実行犯らの米国入国を禁止。「ソフトバンク」孫社長はサウジアラビアでの講演を取りやめ
*中米情勢/トランプ大統領が中米3カ国の移民北上を非難。グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルへの 経済援助を停止か削減へ
*米トランプ大統領/私用携帯を中国が盗聴。中国報道官は”フェイクニュースを増やすだけ”
*LIXILグループ/対米外国投資委員会が中国「グランドランド」社へのイタリア子会社売却を却下
*米韓関係/文政権の外交・安保は太陽政策を支えた盧武鉉人脈が支配。欧州歴訪で金正恩氏の伝令役、トランプ政権は不信感
*米国自動車市場/アメリカ・メキシコ・カナダ協定で域内生産車の条件で主要7部品の3カ国生産を義務付け
*米国爆発物事件/捜査当局がシーザー・セヨク容疑者を逮捕。オバマ氏、ヒラリー氏、民主党関係者などに爆発物郵送の疑い
*イタリア情勢/欧州委員会がEU財政規律への深刻な違反で2019年予算案を差し戻し。コンテ首相は”見直しは意味がない”
*タイ情勢/タイ・プラユット首相とマレーシア・マハティール首相が首脳会談。タイ最南部の独立派武装勢力との和平実現で合意
*台湾列車事故/北東部宜蘭県で特急プユマ号が脱線。運転士が”動力系統に問題でATP切った”と証言
*中国新興企業/ユニコーンが3年で70社誕生。。「美団点評」「ビリビリ」「小米」など。当局が存続左右するリスクも
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「サトウ食品工業の佐藤元社長」だったら、レトルトパックご飯の需要拡大が見込まれる中、どのような成長戦略を検討するか?
*豊洲市場/小池百合子は豊洲を使って138億をドブに捨てたとの報道。追加工事費が38億円、市場事業者への補償費が100億円超
*外国人労働者/法務省が入国管理法改正案を提示。出入国在留管理庁長官に受け入れ機関への指導・助言権限など
*総合取引所/「日本取引所グループ」と「東京商品取引所」の統合を検討。金融、商品扱い利便性向上、海外取引所との競争環境整う
*カルソニックカンセイ/伊自動車部品大手「マニエッティ・マレリ」を約8000億円で買収。売上高で世界10位前後に
*日立製作所/カーナビ子会社「クラリオン」の売却を検討。仏「フォルシア」に約800億円で売却見通し
*関西国際空港/全国空港初のコンセッション方式2016年4月に導入。リスク対応の取り決め不在で関西エアの機能不全目立つ
*シェアオフィス/米「ウィーワーク」が年内に横浜、大阪、福岡に進出。「日立」「味の素」など大手も活用
*富士通/2020年度にグループ全体で5000人を配置転換へ。人事、総務、経理など間接部門をITサービスに振り向け
*中国民営企業家/中国共産党が傑出した企業家100人を選出。「アリババ集団」馬雲氏、「ファーウェイ」任正非氏、「東軟集団」劉積仁氏など
*世界資産運用大手/「バンガード」「ブラックロック」「ステート・ストリート」の資産運用3巨人が世界の1割を握る。株式運用額計が990兆円
*国内化粧品大手/2018年1-8月の日本製化粧品の輸出額は3433億円。前年同期比48.6%増、通年で6年連続の過去最高見通し
*テスラ/モデルSの信頼性が27位に大幅ダウン。1位「レクサス」、2位「トヨタ」、3位「マツダ」
*ドイツ情勢/ドイツで潰えたグリーン電力の夢。送電網再整備に予想以上のコスト
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#942
00: 24: 05 訃報
00: 28: 08 日中関係
00: 30: 28 日中首脳会談の骨子
00: 31: 39 円借款供与額が上位の国
00: 32: 30 対中ODA
00: 37: 30 カトリック教会
00: 39: 27 INF廃棄条約
00: 43: 54 国別の核兵器保有数
00: 44: 25 米国・ロシア・中国の核戦力についての見方
00: 45: 16 参考:中国の接近阻止・領域拒否戦略
00: 46: 50 サウジアラビア情勢
00: 49: 50 参考:行方不明になっている海外在住の体制批判をしたサウジアラビア王子
00: 51: 13 サウジアラビアの人口と政府支出の推移
00: 52: 31 中米情勢
00: 53: 51 米国における不法移民数と出身国
00: 54: 29 米トランプ大統領
00: 56: 32 LIXILグループ
00: 57: 38 米国企業買収に対する規制体制
00: 58: 49 対米外国投資委員会(CFIUS)が差し止めた主なM&Aの事例
00: 59: 38 米韓関係
01: 02: 35 米自動車市場
01: 04: 50 米爆発物事件
01: 08: 09 イタリア情勢
01: 09: 39 イタリア10年債の利回り推移
01: 10: 36 タイ情勢
01: 11: 12 タイ南部4県の情勢
01: 12: 49 台湾列車事故
01: 15: 12 中国新興企業
01: 15: 52 国別のユニコーン企業数
01: 16: 14 ユニコーンの企業価値ランキング
01: 16: 24 Preferred Networks
01: 17: 12 RTOCS
01: 17: 57 会社概要
01: 18: 15 サトウ食品工業の事業別売上高構成
01: 18: 41 サトウ食品工業の事業別売上高推移
01: 18: 55 サトウ食品工業のコスト構造
01: 19: 15 サトウ食品工業の営業利益率
01: 19: 30 米加工食品の国内市場概観
01: 20: 01 【参考】加工米飯の概要と主な製品例
01: 20: 49 包装もちおよび加工米飯の国内生産量
01: 21: 09 加工米飯国内生産量の内訳
01: 21: 39 包装もちの国内シェア
01: 21: 48 包装米飯の国内シェア
01: 22: 03 国産米の流通構造
01: 22: 42 サトウ食品工業のサプライチェーン
01: 23: 17 サトウ食品工業の現状と課題
01: 24: 43 1.ビジネスモデル再構築(案)~プラットフォームビジネスへ~
01: 25: 16 米農家の収入支援プラットフォーム化(案)
01: 25: 54 サトウ食品工業の新ビジネスモデル(案)
01: 26: 14 2.商品力強化(案)~包装米飯の高付加価値化~
01: 27: 01 3.新たな食事スタイルの提案~脱・保存食~
01: 27: 41 空腹を満たすための保存食のイメージから贅沢感を満たす食事スタイルの提案へ
01: 28: 14 食品メーカーとのコラボレーション(案)
01: 36: 55 豊洲市場
01: 38: 35 外国人労働者
01: 40: 40 国籍別の外国人労働者数
01: 40: 46 レベル別の日本語能力試験
01: 41: 34 総合取引所
01: 42: 01 世界の取引所別デリバティブ出来高
01: 42: 39 カルソニックカンセイ
01: 43: 26 自動車部品メーカーの売上高ランキング
01: 43: 40 EVで不要・必要になる主な部品
01: 44: 07 EV化に伴う自動車産業の構造変化
01: 44: 54 日立製作所
01: 45: 34 クラリオンの業績推移
01: 46: 01 日立の主な事業・グループ会社再編
01: 46: 39 関西国際空港
01: 49: 25 シェアオフィス
01: 51: 52 富士通
01: 53: 19 中国民営企業家
01: 53: 59 中国の主な「傑出民営企業家」
01: 55: 18 世界資産運用大手
01: 55: 45 資産運用会社の運用資産額
01: 56: 35 国内化粧品大手
01: 56: 59 中国化粧品市場のメーカー別シェア
01: 57: 50 米テスラ
01: 58: 32 ドイツ情勢
01: 59: 14 ドイツの発電における電源別比率
01: 59: 23 主要国の天然ガス輸入量に占めるロシア比率
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)