ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】マーケティングライブ > マーケティングライブ 250

デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応
ゲスト:須藤憲司氏(株式会社Kaizen Platform 代表取締役)


概要:
今日、あらゆる分野でデジタルが欠かせないものとなっているが、そんな中、デジタルを運営できる人材は不足気味となっている。特にデジタル技術は進化が早く、今日使えた技術が来年も使えるとは限らない。そういう意味で、社内で人材を確保しておくには慎重にならざるを得ず、外部人材の活用を考えていかなければならない。デジタルトランスフォーメーションの時代に企業はどのように対応すべきかを株式会社Kaizen Platform 代表取締役の須藤憲司氏に聞く。
Kaizen Platformは、現代表取締役の須藤憲治氏が2013年サンフランシスコで創業した会社である。2017年には日本法人を設立した。現在、従業員100名超、取引企業は400社を超え、ネットワーク登録者は1万人以上である。 同社はDX領域でのソフトウェアを通じたBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を行う会社である。主に集客改善のための動画制作プラットフォームと、サイトをパーソナライズするためのマーケティングクラウドを提供している。 1万人以上のネットワーク登録者の中から、プロジェクトに応じて10人から20人のチームを組み、必要な作業を行うスタイルで、高速PDCAを回すことを常としている。またビッグデータを活用して、パーソナライズに必要な体制を提供している。 現在、日本語、英語、ポルトガル語に加えて、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語などにも対応し、世界に市場を広げている。

DXが進むと、人々のネット上における行動は、検索からリコメンデーションを経て、キュレーションに進んでいくと予測されている。顧客体験は、ますますリッチ化していくと同時に、パーソナライズ化していくと考えられる。劇的に変化する体験を経た人々は、もうもとには戻らないだろう。

これから動画の投稿や視聴がますます活発化し、2021年にはモバイルデータトラフィックの78%を動画が占めるようになっていくと予測されている。ビジネスにおいては、クリエイティブが重要となる。モバイル環境で求められるコンテンツは、新鮮さである。じっくりと作りこむよりも低コスト短納期で作成することが必要である。

Kaizen Platformでは、従来のバナー広告やチラシ素材から簡単に素早く低コストで動画コンテンツを作成することが可能であるし、ビッグデータに基づくサイトのパーソナライズ化も実現可能である。クライアント企業に求めるのは、自社のブランド価値が何であるか軸足を決めることである。それさえ明確であれば、データをもとに様々な改善が可能となる。 DXにおいては自社の価値をしっかりと決めた上で、技術面はアウトソースすることが得策である。もし自社で人材を確保するなら、様々な技術に対応できるバラエティに富んだ人材が必要となるだろう。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応
00: 02: 25 株式会社Kaizen Platform 代表取締役 須藤憲司
00: 03: 21 会社概要
00: 05: 02 あらゆる業界のデジタルマーケティング戦略の策定から実行までを支援
00: 07: 47 Kaizen Platformとは
00: 08: 40 Kaizen Platformのサービス
00: 10: 27 才能を集めたチームをシェアするという発想
00: 15: 13 Kaizen Platformならではの強み
00: 16: 01 実績①:各社のデジタル戦略を支援し、すでにデータから新しい収益機会と仕事が生まれている
00: 16: 54 実績②:地方/女性/シニアに雇用が生まれた
00: 18: 18 実績③:すぐに海外対応が可能になった
00: 19: 02 Key Question
00: 19: 18 未来の技術革新を知るのに重要なベンチマークは中国(1)
00: 19: 22 未来の技術革新を知るのに重要なベンチマークは中国(2)
00: 19: 24 未来の技術革新を知るのに重要なベンチマークは中国(3)
00: 23: 57 AIによるキュレーション
00: 26: 29 中国で起きたような事は日本で、あるいはあなたの業界で起きないのか?
00: 27: 33 デジタルトランスフォーメーション(DX化)の本質
00: 29: 14 動画が日常へ
00: 30: 09 新しいJust In Time
00: 31: 28 2秒以内にビジネスが決まる世界(1)
00: 31: 38 2秒以内にビジネスが決まる世界(2)
00: 32: 19 2秒以内にビジネスが決まる世界(3)
00: 33: 20 飽きさせないプラットフォームのアルゴリズム
00: 34: 37 変化が著しい世界での生存戦略
00: 35: 44 これからの動画戦略
00: 36: 13 Kaizen Ad事業:ありとあらゆるコンテンツを動画化・リッチ化
00: 37: 31 これからの動画戦略
00: 38: 56 動画がなぜ伸びているか?
00: 48: 39 ソリューション事業:ありとあらゆるサイトをリッチ化×パーソナライズ化
00: 49: 36 KAIZEN cloud engine × Kaizen AdによるVideo Experienceの実現
00: 53: 37 デジタルトランスフォーメーション(DX化)の本質は体験をリッチ化×パーソナライズ化
00: 54: 59 コモディティ化のスピードを見据えて、DXプラットフォームを提供
講師紹介: 本間 充(ホンマ ミツル)
アビームコンサルティング株式会社 ディレクター

『本間 充』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:谷口 菜月

Copyright(c)