ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
企業と心理学 > 企業と心理学 06

対人関係とパーソナリティ


概要:
小説家ダニエル・デフォーが描く、無人島に漂着したロビンソン・クルーソーは気にしないかもしれないが、日々他者との関わりの中で生きるわれわれにとって、時に誰もが頭を悩ませるのが人との付き合い方だろう。現在の自分から、よりよい人間に変わるためには、プライベートはもとより、職場における上司や部下、同僚、仕事相手との良好な関係性の構築は基本となるものだ。シリーズ第6回目は、パーソナリティーの捉え方や、対人関係を安定させていくうえでの対処法を紹介していく。
人とのつながりにおいてなぜ、しばしば問題が起こるのだろうか。例えば女性、若者、大学教授など、私たちは単純分類で他者の人格を固定化し、ラベルを貼ってしまいがちだ。ラベリングのまま接し続けると、困ったことに相手はラベル通りの言動を取り始めるため、思い込みはさらに硬直する。第一印象や心証を損なうギャップ、生かじりの知識等も本質を見誤らせる原因となる。安易な属性判断を避け、人の意見をうのみにせず、思考を柔軟にする意識を習慣付けることで付き合いづらさは軽減するだろう。

他人から歩み寄りの余地なしと避けられ、嫌われる典型は、突然感情的になる、人の意見を聞かない、常に自分が優位に立ちたいなど、自己中心的なパーソナリティーだろう。立場や状況を相手に理解してもらうコミュニケーション能力、役割負担をお願いするマネジメント能力、対立を解決するトラブルシューティング能力などを高める必要がある。講師の川上氏は、忙しさにかまけてメールをいつも「急ぎ」「OK」「駄目」など一言で済ませていたところ、不機嫌そうに見えて返事を出すのが怖いと相手からクレームを受けた。「了解。ありがとう。」など、せめて2単語にしてくれれば、安心してやりとりができると言われ、誤解を与えていたことに気付いたらしい。客観的事実、自分の気持ちの表明、提案、結果の示唆、この四つを順番に言えば、案外スムーズに思いは伝わる。人との結び付きを円滑にする鍵は、自分の気持ちを臆せず相手に伝えることだ。

自分の立ち位置を決めないまま非日常の場面に挑むと、人はたいてい緊張しパニックに陥る。自分の役割、できることとできないこと、相手の分担を事前に整理しておけば、適切な距離感がつかめるはずだ。対人関係を改善するためには、自分から先に接し方を変え、誠意を持ったポジティブ対応で、感情を明確に伝えていくことに尽きる。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 対人関係とパーソナリティ
00: 00: 42 企業と心理学 #6「対人関係とパーソナリティ」
00: 01: 34 なぜ対人関係の問題が起こるのか(1)
00: 01: 48 なぜ対人関係の問題が起こるのか(2)
00: 03: 06 なぜ対人関係の問題が起こるのか(3)
00: 04: 58 なぜ対人関係の問題が起こるのか(4)
00: 06: 49 属性による判断(1)
00: 06: 52 属性による判断(2)
00: 07: 13 属性による判断(3)
00: 09: 46 属性による判断(4)
00: 11: 43 属性で人を見ない習慣づけ(1)
00: 14: 17 属性で人を見ない習慣づけ(2)
00: 17: 24 属性で人を見ない習慣づけ(3)
00: 19: 46 どんなリーダーになる人か?(1)
00: 20: 32 どんなリーダーになる人か?(2)
00: 21: 27 初頭効果・終末効果(1)
00: 21: 36 【再掲】どんなリーダーになる人か?(1)
00: 22: 15 【再掲】どんなリーダーになる人か?(2)
00: 22: 57 初頭効果・終末効果(2)
00: 23: 17 どんなリーダーになる人か?(3)
00: 25: 10 心理学理論は有効か?(1)
00: 25: 14 心理学理論は有効か?(2)
00: 28: 52 相手をコントロールできない状態(1)
00: 28: 56 相手をコントロールできない状態(2)
00: 29: 19 相手をコントロールできない状態(3)
00: 31: 33 ソーシャルスキル(1)
00: 31: 54 ソーシャルスキル(2)
00: 32: 28 ソーシャルスキル(3)
00: 33: 15 ソーシャルスキル(4)
00: 36: 04 伝え方 ~DESC法~(1)
00: 36: 10 伝え方 ~DESC法~(2)
00: 36: 16 伝え方 ~DESC法~(3)
00: 36: 34 伝え方 ~DESC法~(4)
00: 36: 39 伝え方 ~DESC法~(5)
00: 37: 49 伝え方 ~DESC法~(6)
00: 37: 54 伝え方 ~DESC法~(7)
00: 38: 35 伝え方 ~DESC法~(8)
00: 38: 38 伝え方 ~DESC法~(9)
00: 43: 47 相手の強み・ポジティブ面を引き出す(1)
00: 43: 58 相手の強み・ポジティブ面を引き出す(2)
00: 44: 19 相手の強み・ポジティブ面を引き出す(3)
00: 48: 20 なぜ人前に出ると緊張するのか(1)
00: 49: 50 なぜ人前に出ると緊張するのか(2)
00: 50: 58 なぜ人前に出ると緊張するのか(3)
00: 51: 52 なぜ人前に出ると緊張するのか(4)
00: 52: 57 相手との関係のパターン(1)
00: 54: 14 相手との関係のパターン(2)
00: 54: 30 相手との関係のパターン(3)
00: 55: 08 相手との関係のパターン(4)
00: 57: 01 まとめ ~他者との関係をより良くするために~(1)
00: 57: 08 まとめ ~他者との関係をより良くするために~(2)
00: 57: 22 まとめ ~他者との関係をより良くするために~(3)
00: 58: 05 まとめ ~他者との関係をより良くするために~(4)
00: 58: 15 まとめ ~他者との関係をより良くするために~(5)
講師紹介: 川上 真史(かわかみ しんじ)
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 グローバル経営学科 専任教授 同 大学院 経営学研究科 教授 Bond大学大学院 非常勤准教授 株式会社タイムズコア代表 明治大学大学院兼任講師 株式会社ヒュ-マネージ 顧問
京都大学教育学部教育心理学科卒業。産業能率大学総合研究所、ヘイ・コンサルティンググループ、タワーズワトソン ディレクター、株式会社ヒューマネージ 顧問など経て、現職。
数多くの大手企業の人材マネジメント戦略、人事制度改革のコンサルティングに従事。
近著に『コンピテンシー面接マニュアル』、『できる人、採れてますか?―いまの面接で、「できる人」は見抜けない』(共著・弘文堂)、『仕事中だけ「うつ」になる人たち―ストレス社会で生き残る働き方とは』(共著・日本経済新聞社)、『会社を変える社員はどこにいるか―ビジネスを生み出す人材を育てる方法』、『自分を変える鍵はどこにあるか』、『のめり込む力』(ダイヤモンド社)、『最強のキャリア戦略』(共著・ゴマブックス)など。

『川上 真史』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:谷口 菜月

Copyright(c)