ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
中国のデジタルエコノミー > 中国のデジタルエコノミー 07

中国のニューリテール


概要:
2016年末、ECの巨人アリババを率いるジャック・マーが、「Eコマースは早々になくなる」と発言し世界を驚かせた。電子商取引がどこの国よりも進んだ中国は、その成長に陰りが見えた昨今新たな道を模索し始めている。当シリーズのまとめとなる今回は、アリペイを傘下に持つアリババグループと、ウィーチャットペイを擁するテンセント、オンライン決済サービスで革命を起こした両雄が次に仕掛けるニューリテール戦略(オンラインとオフラインの融合による新しい小売り)を紹介していく。
現在、ニューリテールの世界はアリババグループが先行し、テンセントが追い掛けるかたちで、強烈な資金流入が起こっている。アリババは、コンビニやスーパーに徹底して投資する他、自己資本で新規事業も始めている。テンセントは、自ら小売りは行わず、クラウドや金融など多様な通信回線データの共用を軸に戦略的投資を進めている。2社はビジネスモデルも大きく違う。アリババにとってリテールは利益のほぼ全てを占める。今年4月、杭州にショッピングセンターの「アリババタウン」をオープンした。全館自動レジ体制で、日本の無印や北欧のライフスタイルをイメージさせるプライベートブランドを立ち上げている。片やテンセントは、リテールのカテゴリーを持たず、収益の半分をゲームで稼ぎ、他にYouTubeのようなコンテンツ事業をさまざまに展開している。

新しいビジネスとして無人コンビニが挙げられる。店頭おでんやお弁当の温めなど、コンビニは人の手が掛かっているからこそ価値がある故、先の成長は見込みづらいが、対面なしや顔認証決済等のテクノロジーはニューリテールにとって必須項目となるはずだ。商機があるのはスーパーなどの買い物代替サービスだろう。ユーザーは生鮮食品等をアプリを通じて購入、オンラインで決裁、商品をバイク便で指定時間に受け取れるシステムだ。ここでも両社の事業形態は異なる。アリババ系は、高級志向の実店舗を構え、入店体験を重視した高単価納得の固定ファンを狙う。テンセント系は、巨大倉庫の中をロボットがピッキングすることでコスト効率を高め、低単価高頻度の質実剛健派にアピールしている。

中国のデジタルエコノミーは刻々と変化している。大量資金やデジタルの先進性等で他国をリードする同国だが、時間をかけてエコシステムを構築した日本型モデルも参考となるはずだ。今後われわれはどう関われば面白いのか、ポジティブな目で捉えていきたい。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 中国のニューリテール
00: 01: 35 目次(1)
00: 02: 38 Background of new retail:新零售-アリババ
00: 03: 40 背景として、既に世界最高レベルのEC比率に到達し、成長に陰りが見えたEC環境がある
00: 06: 54 Background of new retail:アルゴリズムを生産ライン、データを生産物と捉えるアリババ
00: 11: 13 「ニューリテール」が効果をもたらし始め、2017年のEC比率は成長速度を維持した
00: 14: 01 「ニューリテール」が解決し始めている課題領域
00: 20: 50 目次(2)
00: 21: 15 都市型小売の世界ではAlibabaグループが先行し、 Tencentグループが追いかける形で強烈な・・・
00: 22: 51 ニューリテールのあらゆる領域で、アリババは主導権を握る買収、自己資本での新規事業を始めている
00: 25: 57 アリババタウンに行って感じたこと
00: 28: 43 テンセントは、自らはサポーターに徹すると言いながらすでに200億元の投資を公言。・・・
00: 30: 20 背景には両社にとってのリテール事業の重要性の違いがあり、実際にはアリババ対反アリババ・・・
00: 33: 09 目次(3)
00: 33: 29 分類すると、スーパーモデル見直し系、プラットフォーム系、コンビニ代替系、に分けられる
00: 37: 22 コンビニ代替系は、店舗ゆえに、ネットワーク効果が働きにくい上、現状の無人化は・・・
00: 38: 58 実際に無人コンビニのピークは過ぎ、投資も昨年秋以降パタリと止まっている
00: 41: 37 生鮮プラットフォーム系は数多くのプレイヤーが存在するが、結局1社か、・・・
00: 42: 27 本当のイノベーションに取り組んでいるのは、スーパー型消費を代替するVertical Integrator
00: 44: 03 盒? vs 毎日??…ビジネスモデル
00: 45: 11 盒? vs 毎日??…コスト構造
00: 47: 06 盒? vs 毎日??…展開スピードと商圏
00: 48: 08 盒? vs 毎日??…単価と頻度
00: 51: 26 盒? vs 毎日??…結論
00: 53: 31 目次(4)
00: 58: 19 今回のまとめ
講師紹介: 金田 修(かねだ おさむ)
遊仁堂(ヨウレンドウ)CEO

『金田 修』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:渡名喜 織恵

Copyright(c)